FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



アレグロのコラムカット
アレグロのリフレッシュ作業からハンドルバーの位置を下げ、そのポジションにも慣れてきた。
となると、リフレッシュ作業を終えた時から考えていたコラムカット、それをどのタイミングで行うか考えていた。
そのタイミングと言うべき機会がやって来た。

機会と言うのは、バーテープを巻き直す、と言う、非常に曖昧なタイミングだった。
こんな曖昧なタイミングでもなければ、いつ行動を起こすかはっきりしないので、これが機会だと思った。

2018102301.jpg
バーテープの裏面には粘着テープが無いタイプだったので、使い込んでいる内にズレてしまう。
いや、粘着テープが無くとも基本的にはズレない物だが、エアロバータイプなので、翼断面形状の部分でズレてしまうのだろう。
その部分には基本的にバーテープは巻かないし。
そのズレも我慢してきたが、そろそろ巻き直そうかと言う程に症状が進んでしまった。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
レイダック・ツーリング車計画その1
プロローグからの続き


本格始動まではまだまだ月日があるけれど、手元にあるパーツの確認と、それが使用可能かを調べる事にしました。
表題も『手元にあるパーツの確認』とかすれば良いけれど、続くのか不明な事も多いし、取り敢えず『その某』で行こうと思います。
果たしてツーリング車に仕立て上げる情熱は続くのか!?

前回の記事でも少し触れましたが、20年近く前にMTBで小旅行的な事を実践しているんですよね。
この出来事から、バイク…所謂オートバイ…でのキャンプツーリングに嵌って行く姿が垣間見えたりするんですよね。
その小旅行的な小さな冒険時に、MTBに装備していたパーツを取り外したまま、物置に放り込んであったのを思い出し、使える物か確認してみました。

2018101501.jpg
20年近く経った今も、ほとんど形を変えずMINOURAから発売されているリアキャリア。
あの頃からそんなに変化していないと言う事は、ずっと定番商品だったのでしょうね。
あの頃の自分の慧眼に、少し感心。

[READ MORE...]
レイダック・ツーリング車計画プロローグ
ロードバイクを始めるきっかけになったのは、自転車で旅をしたいと言うものだった。
それは本当にきっかけで、ロードバイクにのめり込んで行く内に、旅と言うキーワードは薄れて行った。
そして、E740を手に入れ、レイダックをトレーニングから引退させると、旅と言うキーワードが色濃く頭を過ぎり、こいつの、これからの展望を朧気ながら描いてみた。

ツーリング車計画、と言うと何やら大そうな響きに聞こえてくるが、計画なんて未だ無い。
ツーリング車と言うと真っ先に思い浮かべるのがランドナー、そしてスポルティーフ。
ランドナーはコンポーネントからMTBがベースになる事が多いし、フロントギア2枚ならば目指すのはスポルティーフか?
明確な線引きは無いけれど、レイダックをベースにするならば、そう言う方向で間違っていないだろう。

いや、ツーリング車とはもっと自由な発想で構わないのではないだろうか?
ツーリング車と言う枠ではなく、旅の相棒、そう、そんな感じだ。
それこそ自転車なんて何でも良い、その自転車に旅の道具をどのように積載するか、それで構わないと思う。

2018101201.jpg
見る目が違うと朽ち果てている様にも見えてしまうが、最後に一花咲かせるならば、それは旅の相棒としてではないだろうか?

[READ MORE...]
心得ひとつ
プロローグからの続き

秋分の日の振り替え休日。
彼岸という事もあり、昨日のライドは彼岸花が其処彼処に咲いてあった。
少なからず速い方々の刺激的な影響を受けたライドだったので、疲労が抜けずにいたけれど、天気予報が良い方向に変っている。
今日も走らない訳には行かないだろう?

とは言え、回復走気味で走りたかった。
一人になればそうするつもりだったけれど、ちょっとした予感があった。
その予感に流されるまま、E740で出かける準備を進めた。
E740となると、回復走にはならないだろうな。
この辺りも昨日の影響を色濃く残していたんだろう。

一応、朝錬の集合場所に向かってみた。
集合場所を見下ろせる橋の上から、集合場所の様子を眺めてみると、案の定と言うか、予想通りと言うか、誰もいない雰囲気が伝わってきた。
少し落胆して下って行くと、対向して来るロードバイクが。
「あ!田中君!」
ちょっとした予感が当たってしまった。

[READ MORE...]
心得ひとつ・プロローグ
この事柄を記事にしようとは思っていなかった。
記事にしようと思ったのは、単にこの週末の天気が悪く、時間を持て余した事に他ならない。
いや、何かの示唆に富んでいる様に思えたので、記事にしたかった…のかもな。

先週末、朝錬の集合場所に向かうも、そこには誰も居なかった。
いや、正確に言えば誰も居ない、と言う事は無かった。
朝錬のメンバーではなく、連休に絡めて地元に戻ってくる田中君が居た。
そんな折に朝練にも参加していく事があったので、この日もそんなノリかと思ったが、話すとどうやら違う様だった。

この日の『ビワイチ』ライドのメンバーを迎えに来ていたと言うべきか。
田中君と走る面子だから、只者ではない。
田中君と言うのは、アマチュアのクライマーとして、その名を全国に轟かしている、と言っても過言ではないだろう。
その練習仲間とビワイチをすると言うが、普通のビワイチになるはずも無いのが容易に想像がつく。
ただ、田中君は以前にした怪我の影響で断念せざるを得ない様子で、かなり残念がっていた。

[READ MORE...]
費用対効果の高いパーツ
自転車の…それもロードバイクで費用対効果の高いパーツとして上げられるのが、タイヤ、そしてインナーチューブ。
費用対効果はさておき、交換したのを実感出来るパーツならばタイヤとインナーチューブは外せない。
私自身、アレグロの完成車として付いてきたタイヤとインナーチューブを交換した時、その効果を実感出来た。

ただ『費用対効果が高い』と言われれば、疑問を挟まざるを得ない。
タイヤは消耗品だ。
それも、自転車の消耗品の中で、一番早く消耗する部品と言って差支えがない。
早ければ半年、いや、運が悪ければ1日。
そんな交換サイクルで交換して行くと費用は嵩むばかり。
どうしてもその費用を抑えたくなって来る。

高価な物は良い、安価な物は悪い。
自転車のパーツ全般としてその傾向があるのは否めないが、必ずしもそうは言えないと思う。
高価な物の中にもイマイチな物もあるし、安価な物の中にも優れた物はある。

交換サイクルが早めの物は、その費用が嵩むのを抑えたく、安価な物の中の優れた物…を探し当てたい気持ちになる。
それを見つけた時の喜びは、言い表せないと思う。
私が『ダイヤモンドは原石で』を標榜するのもその所為か?
しかしながら、『安物買いの銭失い』を地で行ってしまう行為でもある。

前置きが長くなってしまった。
そうだ、タイヤとインナーチューブを購入した。
それも、シューズを購入した時のポイントが消滅してしまわない様にと。

2018090901.jpg
クーポンと消滅してしまうポイントを利用して、合計で4,300円(100円単位で丸める為、十の位で四捨五入)。
高価なタイヤの1本分以下で済んだのは、非常に大きい成果と行って良い…だろう?

[READ MORE...]
シューズ新調
本当は別の事を記事にしたかったんだけど、時系列的にこの記事を書かないと駄目な様な気がして。
ここの所、ネタもなかったし、何かネタを…と思っていた所、降って湧いた…と言うか、すっかりと失念していた事だったので。
この記事を書かないと、次の記事に繋げられないと言う事もありますんで、記事にします。

E740の組み立てに当たり、パーツ購入をヤフーショッピングに頼ったと言う事もあり、そこでのポイント獲得がそれなりにありました。
クーポンやポイントでかなり安く仕上げられたと思いますが、最後に購入したR7000系のディレーラに思わぬポイントが付きました。
通常は1%、プレミアム会員だと+4%で、合計5%ほどの獲得がほとんどだったのですが、何故かその時だけ、ストアが振舞ってくれたのか理由は良く分かりませんが、15%ほどポイントが付きました。
この内の5%ほどは期間の限られているポイントだったので、放って置くと消滅してしまいます。
いや、消えない10%っていうのが望外のポイントだったのでそれは非常に有り難く、Yahoo!以外にも使えるものなので別にYahoo!を利用しなくても良いのですが、またこんな事があるんじゃないかと期待してしまう訳で。

ロードバイクを始めて、今まで使い込んできたシューズがかなり草臥れて来ました。
それこそ自転車仲間に指摘されるほどに。
新調しようと言う気持ちはかなり前からあったのですが、使えるんだし、何かのきっかけが無いと新調しようとする気持ちが湧かなかったのですが、消えてしまうポイントを、指を銜えたまま見送るのも癪な感じがしたし、この夏はねぶた祭りに行くのも見送った。

2018090801.jpg
小指の付け根辺りの、表皮が切り替わる当たりで破れてしまっている。
「破れてんで」と指摘されつつも、特に不具合を感じないまま使ってきたけれど、新調を機にグレードアップしたい気持ちも。

そのねぶた資金も余っているには余っているし、クーポンが発行されるのを機に、新調する事にしました。
購入したのは随分と前から検討していたシューズ。

2018090802.jpg
シマノのロードパフォーマンスシリーズの最高峰、『SH-RP901』。
割引クーポンとポイントを利用すると、手出し金額で22,000円でした。

現行のシマノのシューズではロードコンペティションシリーズを差し置いて最軽量。
E740も軽量を謳っているし、シューズもそうしたい気持ちがあった。

軽くてソール剛性も高く、ロングライドも楽と言う謳い文句は、心を揺さぶられる。
このシューズだけでも実力がわずかにステップアップする気がしたし、モチベーション維持には良かったでしょう?

この夏は旅が出来なかった。
連続して襲ってきた台風。
出掛け様とした気持ちの出鼻を挫かれ、これは何かの暗示かと思えた。
暗示に従うように自分の気持ちを抑えたけれど、暗示を無視していたら…きっと…今頃…
E740初期インプレ
E740のインプレを記事にする前に、私自身のロードバイク経験と言えば、アレグロとレイダックの2台だけと言っても過言ではない。
イベントなどで試乗をした経験も無い。
自転車仲間のロードバイクを2~300m程走らせた事があるくらいで、そんな極短時間の経験で何かが掴める筈も無い。
インプレを記事にするに当たり、比較はどうしてもアレグロとなる。

アレグロはOPUSではエンデュランスロードと位置付けされている。
E740はGuerciottiでは軽さを強調したオールラウンドモデルと位置付けされている。
エンデュランスロードとオールラウンドとは言えレースを強く意識したジオメトリのロードバイク、この比較になるかも知れない。

E740に使用したホイールとタイヤ、サドルにハンドルバー、ブレーキキャリパーはアレグロで使用していた物。
だけれど、STIと前後ディレーラはグレード的には同じかも知れないけれど、世代が進んで良くなっている事は間違いない。
しかもクランクにBB、チェーンは完全にグレードが上の物を使用して、純粋なフレームの差異としては測れないかも知れない。
それらの差がフレームの差と勘違いしているケースも考えられる、と、そう思って記事を読み進めて欲しい。

[READ MORE...]
フレームから推察するE740
先の週末、不本意ながらE740の試乗を済ませてしまった。
本当ならもう少しアレグロに乗り込んでから違いを感じ取りたかったけれど、自転車仲間の期待に担ぎ出されてしまい、その期待に応えねばと言う事で、乗ってしまった。
アレグロに乗り込んでいない…と言う事は無かったけれど、その前にレイダックに乗り込んでしまっていて、感覚が薄れていたので。

レイダックとは違い過ぎるし、アレグロとの比較をしかたっかけれど、それでもE740の特徴は感じ取れた。
その前に…初期インプレを記事にする前に、フレームから推察するE740の特性を見てみたい。
軽さがクローズアップされるE740だけど、そのフレームから見る作り手の意図を汲み取る為、アレグロと比較してみた。

2018080601.jpg
フレームにはパワーゾーンと呼ばれるヘッドチューブからダウンチューブ、BB周り、チェーンステーで構成される部分と、コンフォートゾーンと呼ばれるトップチューブからシートステー、シートチューブ、フロントフォークで構成される部分に分ける事が出来る…らしい。

2018080602.jpg
今回はそんなフレームから見る推察が、実際に跨った時の印象とズレがあるのか見てみようと思って記事にするが、果たして私にその能力があるか、かなり不安があるし、話し半分以下で聞いて貰いたい。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・まとめ
前後ディレーラ&チェーン取付からの続き

E740のフレームを手に入れてから組立完了まで、概算であるが費用を公開してきた。
移植したパーツや、予備として購入しておいた物もあるが、E740を…いや、ロードバイクをフレームセットから組み立てるのに、どれ位の費用が掛かるのか、参考になるんじゃないのかとまとめる事にした。
しかし、今ではE740を、この費用で組むのが非常に困難な状況になっている。

2018073001.jpg
少し光の条件が良い所で撮影…と思ったけれど、カーポートの骨組みが織り成す影の所為で、条件としては良くなっていない。
ペダルを取り付ければ、もう走り出せる。
写真を通して見るより、実物は数段格好良いんだけれどなぁ…

ちなみに…今までリアルにE740の事を訊ねられると「イーナナヨンマル」と答えていたけれど、少し野暮ったく感じるので「イーセブンフォーティー」と答えるようにしようと思っている。
正式にはどう呼ぶのか分からないけれど、英数字の車名だし、ウィンタースポーツの回転技みたいで格好良いやん?ん?

[READ MORE...]




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking