FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・出発
何から書き出していいのだろうか?
この所、ツーリングレポートを書き始めるにあたり、欠伸が出そうになるつまらない文章を書いて、それがどのくらい読まれているのか、と言う自問自答を繰り返す。
ただ単に私の行動を記すだけでは、途中からページを閉じたくなってしまう。
客観的立場に立って、自分のレポートを読むとそう言うことが多い。
いつも備忘録的な役割を持たせたレポートだったが、今回のツーリングはいつもと様子が違う。
そう言う心の変化を伝えていけたらなと、このレポートを書き進める訳だが、やはりいつものレポートのような物になってしまうだろう。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

2013082201.jpg
出発前の様子。

「いつも荷物が少ないね」
そう言うことを言われる事が多い私だが、今回もその台詞を何度と無く言われるだろう。
実際には内容的には少なくも無いのだが、その大きさが小さいだけで十分な装備だと思っている。
トップケースに仕舞える物は仕舞い、テントとマット、それに細々した物はその上に取り付けてあるラックに縛りつけ、カバーで覆う。
タンクバッグには雨天の装備と歯磨き粉やシャンプー、タオルと言ったアメニティーにGoProを忍ばせてある。
貴重品はデジカメと共にウエストバッグに入れて、タンデムシート下には応急処置に必要な物など。
荷物は上へと積み上げてしまうが、それはTL1000Rの構造上仕方の無い物だ。

やや鈍重になったTL1000Rをのそのそと庭先へと進め、今回の旅が始まる。
出発する日時を1日ほど遅らせはしたが、その影響はとても少ない。
と言うか、1日遅らせた事でメリットが多くなった。

長旅を始める直前と言うのは、気持ちのどこかで中止になって欲しいと思う自分が居る。
何故だかトラブルに遭いそうな気がして、そのトラブルを避けるのは旅を中止すれば避けられると思うからだ。
しかし、遭遇するかどうか分からないトラブルよりも、確実に味わえる色々な出会いに思いを馳せると、やはり最初の一歩目は心が弾む。

敦賀港から北上するフェリーは苫小牧へと直行する便と、新潟、秋田を経由する便があるが、経由便の本数は週1便となり個人的には不便になってしまった。
今回の最初の目的地は青森。
出来れば経由便に乗って秋田港へと向かいたかったが、北陸道で新潟まで行き、新潟から秋田までフェリーを利用することにする。

出発直前の天気予報は上々だった。
琵琶湖大橋を渡り、湖西道路からR161を北上するルートをとる。
大部分がバイパス化されて快適に走れるようになった。

いよいよ道が滋賀と福井の県境を越える峠に差し掛かった所で、雨粒が落ちてくる。
予報通りならこんな筈ではなかったのだが、県境に近付くにつれ濃くなる雨雲に嫌な予感がして居た。
大事になる前に雨養生を行い、県境を越えて行く。
雨の降っていた区間は本当に県境付近だけで、日差しが戻るとその熱気で濡れたアスファルトはあっという間に乾き、そして容赦なく合羽の中身を汗だくにしてくれる。
県境を越えてしばらく走り、初めに見つけたコンビニで雨養生を解く。

朝の早い、涼しい時間の内に距離を稼ごうと思ったが、涼しい時間というものは僅かだった。
日焼け止めを塗り、そろそろ高速へと逃げようとTL1000Rに給油を済ませると、鯖江ICから北陸道へと上がった。
そしてすぐさま有る鯖江北PAに立ち寄る事にする。
ここの越前そばが美味しいからだ。

2013082202.jpg
田舎越前そば。

新潟から秋田へと向かうフェリーの時刻は夜遅くに出発して、早朝に到着するとても便利なダイヤなので、一晩寝ている間に二百数十km稼げる移動式のホテル用な物だ。
そこに辿り着くには十分に時間が有ったので、太陽の高い昼間の時間帯は涼しい所に逃げる作戦で北上して行く。
1回の走行時間と距離も少なめにして、SA毎に休憩して行く。
この日の北陸道は長岡で花火大会が有ったので、そこに近付くにつれ浴衣姿の女性を多く見かけるようになった。

「なんだか渋滞しそうだな」

時間が有ったので西山ICから一般道へと降り、R116で新潟を目指す。
去年の夏に、深夜では有ったが快適な走行が出来た記憶が有ったので、このルートを選んでみたが、その時間帯でなければ快適とは言いがたい物だった。
日もすっかりと沈んでしまって、夕飯の支度へと買い出す車が増えてきたのだろう、TL1000Rのエンジンから伝わる熱気が嫌気を誘う。

実はこの時もまだトラブルが心配で自宅へと引き返そうかと考えていたが、懸念していたトラブルの一つのバッテリーへの充電も問題なく行われていそうだし、その選択肢は消えつつあった。
まあ、フェリーに乗ってしまえば無くなる選択肢では有ったが。

新潟市内に入り、フェリーターミナルまで目と鼻の先になった所で、一つ思い出した。
この界隈ではイタリアンなる一風変わった食べ物が食べられると言う事だったが、先ず第一にその店が何処にあるのかも分からない。
フェリーに乗る直前には、明日の早朝から走るために給油もしておきたいし、先ずはスタンド探しからだ。
そのスタンドはフェリーターミナルの直前で見つけ、給油を済ませてからイタリアンを勧めてくれた知人に連絡をとる。

「二年ぶりかな?三年ぶりかな?」

久しぶりだし忘れられている可能性も有るな…
返事には期待して居ない。

取り敢えず乗船手続きの為、一旦フェリーターミナルを目指し、乗船手続きの後、フェリー内での軽めの食事を買出しにコンビニへと向かう。

意外にも?返事は早く、そのお店の情報を貰ったが、新潟の地理に疎く、その場所がイマイチ分からない。
そこで何か目印になる物は無いかと再びメールで問い合わせたが、次の返事はかなり遅かった。

時間も時間だし、コンビニの弁当で腹を満たす。
そしてフェリーターミナルへと戻ると、3台ほどのバイクが乗船待ちの待機所に止まってあった。
どれもが苫小牧行きと書かれたB5サイズのざら半紙をミラー辺りにくくりつけてある。

「まあ、北海道を目指すのが妥当だわな」

秋田行きの私とは話が噛み合わないなと、距離を取っておくと、ドンドンとバイクが集まってきた。
そのどれもが苫小牧行き…

2013082203.jpg
新潟発の秋田経由苫小牧東港行き。

全部で20台くらいのバイクが集まった。
そしてバイクの乗船が開始されると、先ずは苫小牧行きのバイクから乗船が始まる事になった。
その瞬間、私と原付1台を除く全てのバイクがエンジンを始動し、ランプへと向かった。
何だか取り残された気分だな。

様子を眺めていると、何故か列から離れるバイクが散見できる。
1台…また1台と。
ピンと来た。
私もエンジンを始動し、列から離れたバイクが新たに作った列の後ろへと並んだ。
意外な事にも、半数ほどのバイクが秋田行きだった。

これくらいの距離ならバイクで走っても…
とは行かないように、夜の走行はとても疲れるし、ゆっくり休めたほうが翌日の走りにも影響がある。
そうだろ?
この短い航路は利用価値を見出せる人には人気が有った。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>禄太郎さん
ありがとうございます。
個性が有ると言う事は私にとって最大の賛辞でもあります。
星の数ほどあるこう言ったブログやホームページは、似通っていると埋没する危険性が高いですからね。
とは言え、現実は埋没しているようなブログに成り下がっています。

フェリー航路は私が北海道ツーリングを知るようになってきてからその数は激減してきています。
昔は晴海~釧路航路なんて有ったと聞きますから、利便性は下がってきています。
今ある航路を残して行くのは、利用する人が支えていかなければならないでしょうね。
なかなか支えている方に回れていませんが、少しばかりは協力しているつもりです。
【2013/08/26 18:40】 URL | ドギー #- [ 編集]


お互いツーリングレポートの本数が増えてくると、どうしてもマンネリ化
というか、ワンパターン化というか、そういう傾向を感じて、自分自身が
自分自信作の文章に飽きてくる、そんな感じになりますね。
ここまで来たら「継続は力なり」と開き直りましょうよ。

それ以前の問題として、ドギーさんのレポートは私から言わせると
ドギーさん色がしっかり出ています。ツーレポサイトでよく見ている所
はそう多くはありませんが、やっぱりブックマーク登録しているサイトは
ちゃんとそれぞれに個性が確立されているところばかりです。

敦賀-新潟-秋田-苫小牧というフェリー航路のことは今回初めて
知りました。使う機会があるかどうかわかりませんが、東北をツーリング
できるという可能性がぐっと高まって、ちょっとうれしくなりました。
【2013/08/26 08:17】 URL | 禄太郎 #9dqKjkkk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2447-da2b22d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking