FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



登りに登って2800m・後編
前編からのつづき。

『The PEAKS』と言うイベントに触発されて、『たなか家』までの道のりにある主要な登りを登って行こうと出発。
ヒルクライムTTはしないけれど、それなりの強度で走ってLT値(乳酸性作業閾値・詳しい事は目の前にある機械で調べてくれ)向上を目指すトレーニングはやっておきたい。
自身のLT値は良く分かっていないけれど、心拍で言う所の150~160bpm辺りで走っていれば向上するだろう?

前半の山場、裏大正池を登り、かつての山岳賞峠を過ぎると『たなか家』までは10km近く下りが続く。
『たなか家』辿り着く頃にはすっかりと心拍は落ち着いていたが、体には少し疲労の色が見える。
ここではしっかりと補給をしておきたい。

2015042804.jpg
いつもなら「冷ぶっかけ」を注文する所だが、カロリーが高そうなカレーうどん大盛り(二玉)をチョイス。
但し、かしわ天は外せない。

かつお出汁の効いたカレーは凄く和風で、うどんに良く合う。
腰のあるうどんにどうかと思ったが、意外に相性が良かった。

うどんを食べ終えると、ほとんど空になったボトルに水を補給させてもらって、道を折り返して行く。
少しだけ休憩が長かったのか、はたまたお腹が一杯になった影響なのか、走り始めはなかなか思うようにペースは上がらなかった。
でも焦りは無い。
今回はあくまで設定したコースの完走。
頑張り過ぎてしまうと、逃げ道が用意されているだけに、誘惑に負けてしまいそう。

コースの1/3ほどを過ぎた辺りから汗が滲み始め、体が動き始める。
ギアを上げてペースアップを図るが、必要以上に上げ過ぎない様に注意はする。

心拍計に時折視線を落とし、ペースを保ちながら自分の体の調子を測る。
走り初めこそ気持ちも後ろ向きだったが、ペースが良いと登りも苦にならない。
まあ、ここは緩い登りなので、この後に控えている登りを考えると、楽観していられないのだが。

最後の1km弱の急坂を登り始めると、心拍は上昇したが、何が何でも160bpm以下に抑える事は無い。
普段のヒルクライムTT並みに上昇しても短時間と分かっている。
余裕を持って再び山岳賞峠を越え、少し下っていつもの見晴らしポイントへ。
裏大正池を登っている間は立ち止まらなかったから。

2015042805.jpg
おそらく大正池を登って、和束側に下る人はこの場所で立ち止まる事が多いだろう。

茶畑の中の急坂を下って、小さな町並みに出ると、アップダウンを繰り返して府道62号へと出る。
このアップダウンが既にきつい。
このまま信楽に抜ける事も可能だが、それは敗北を意味する。
府道62号に出ると左に折れて、犬打峠を目指す。

気持ちが少々後ろ向きになったけれど、登り始めてみるといつもより斜度が緩く感じる。
しばらくは緩斜面を進み、道が大きく左に曲がり、そして幅員を狭めると犬打峠の本気が感じられる。

登頂までに3~4度あるコンクリート舗装は、ここの劇坂度を良くあらわしている。
終盤に現れるコンクリート舗装が有名だが、個人的には二連荘でやって来るコンクリート舗装の所が斜度的には最凶だろう。
そんなコンクリート舗装の箇所を、ギアを1枚余らせながらダンシングで越えて行くと、なんとなく気が楽になる。

ダンシングとシッティングを交互に繰り返しながら、終盤のコンクリート舗装へ。
見た目的には醜悪だが、登ってみるとそれほど斜度も感じない。
そこからピークは程なくしてやって来る。

2015042806.jpg
犬打峠のピーク。
向こうには茶畑が見えるが、下りの区間にあるのはここだけだったりする。

宇治田原方面に下り、府道のバイパスに入る。
このバイパスも何気に登っていて、疲れている体にはきつい。
が、この後すぐに休憩が待っていると思うと、頑張れる登りだ。

大峰山の登り口近くにあるコンビニに立ち寄り最後の休憩。
あずきバーとブラックサンダーを補給するのはここ最近のお気に入り。
体を冷やし過ぎないように、食べ終わるとすぐに走り出す事にする。

大峰山を迂回して帰る道もあったが、ここまで来てそれは心が弱い。
もっと強くあらねば!
と言う事で登り始めたが、登り始めは後悔の連続だった。

大正池でも感じたが、登り始めてしばらくして、心拍が上がってくるとそう言った気持ちは忘れられる。
ひたすら登っている事に喜びを感じられる。
喜びと言うよりも、自分の弱さに勝てたと言う感じか?

心拍が必要以上に上がらないようにペースをコントロールするが、気持ちが勝ち始めるとあまり関係なくなってくる。
代わりに登り切ったと言う安心感が怖い。
実際にそれがあった。

大峰山を宇治田原側から登ると、ピークを越えてからしばらくはアップダウンが続く。
ピークを越えたからと言って、下り切るまで休める訳ではなかったが、気持ちがそうなった。
そして小さなアップで脚と心が削られるのが良く分かった。
「もう大仕事はしたし、このまま下り基調の道を進むか」

猿丸神社から、府道から県道を進めば登りがほとんど無い下り基調の道で帰れる。
但し、予定していたルートは来た道をそのまま引き返す。
このルートならば、小さいながらも峠が残されている。

猿丸神社を過ぎて、京滋バイパスの南郷ICへと向かうルートに入ると「えらいぞ、俺!」と独り言の様につぶやいた。
アップダウンを繰り返し、気持ちが折れない内に桜峠へと向かう。
これが最後の頑張りだ。
路傍の表示では、12%の勾配だが、それほどきつくも感じない。
これまでこなしてきた登りのお陰だろう、登り始めてしまえばさっきまでの折れかけていた気持ちとは裏腹に、息を弾ませながら登って行ける。
坂道ジャンキーの沼に片足を突っ込んでしまっただろう。
いや、もうすっかり両足とも踏み込んで、今はゆっくりと沼に沈んで行くのを楽しんでいるのかも知れない。

『The PEAKS』の獲得標高は5000mを越える。
今回のコースはルートラボ調べて2800mに少し及ばない。
今回の経過タイムは6時間12分。
本番は最大で13時間なのでほぼ倍だが、同じ様に倍近く登らないと行けないし、ギリギリと言う感じか?
それを考えると凶悪なイベントには変わりないな。
補給時間を削りつつ、マイペースを保てば完走は出来るかも知れないな?

今日(4/28)のコース

STRAVAでは4000m越えだが、過剰に表示される傾向があるので無視して良いだろう。
実際にこれくらいの時間でこれだけ登れると、楽勝なのだが…

総括につづく

坂バカにチャレンジ出来そうだね!と思う方は応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>ケロッグさん
いえいえ、普通は大峰山と言うと、奈良の大峰山ですから。
しかし、日本には同名の山が多く存在しますので、注意書きが必要かもしれませんね(笑い。
【2015/04/30 21:33】 URL | ドギー #- [ 編集]


>ドギーさん
あー!とんだ勘違いでした。申し訳ないです。
ケロッグ
【2015/04/30 21:13】 URL | ケロッグ #- [ 編集]

>ケロッグさん
>八経ヶ岳
これって日帰りですか?
初めてお会いした時も感じましたが、かなり距離を走られるタイプなんですね。

少し勘違いされている?ので、補足させていただきますが、私の言っている大峰山は百名山の大峰山ではなく、宇治田原にある同名の山です。
読み方は違う可能性がありますが(笑い。
【2015/04/30 19:58】 URL | ドギー #- [ 編集]


>ドギーさん
別のピークですが、京都からのルートです。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=17f93097fec7568d1632de92d4ba2c59
八経ヶ岳登山もしますので、万が一需要がありましたら行きましょう^^ 
ケロッグ
【2015/04/30 07:24】 URL | ケロッグ #- [ 編集]

>ケロッグさん
大峰山は適度な斜度で、ヒルクライムの練習にはうってつけの場所だと思います。
私の最近のお気に入りでもありますし。
ピークが分かり辛いのが難点ですが、一度走ると慣れると思いますんで、是非!
日時が合えば一緒に登りますよ!?
【2015/04/29 22:58】 URL | ドギー #- [ 編集]


ドギーさん
お疲れ様です。大峰山いいですね♪
私もGWに行ってみようかと思います。ATになるかもしれませんが(笑)
ケロッグ
【2015/04/29 22:50】 URL | ケロッグ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2681-46e3a058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking