FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



シマノ鈴鹿ロードレース大会参戦記
準備までを記事にしていたので、本番の記事を書かない訳にはいきませんよね?
タイトルも正確に表記しまして、その2時間エンデューロ・ソロに参戦してきたレポートを。

2015082401.jpg
代走だったけれど、ゼッケンは思い出の品として貰えました(笑)

BiwakoCyclingのメンバーが2時間エンデューロ・ソロに数名参加予定で、その内のメンバー一人が走れなくなった?ので、その代走として誘われて参加を決めました。

ゲートオープンからピットの場所取りもあるので、ゲートオープンにあわせて早朝…と言うか深夜出発。
私は通常の駐車場だったので、場所取りに参戦は出来ないけれど、重い荷物を持ち込む予定だったので、その荷物だけでも預けようと場所取り組みに合わせる事にした。

集合場所は鈴鹿サーキット近くのコンビニに3:30。
深夜の時間帯なので順調に進める2時間弱の距離。
とは分かっていても、少し…と言うかかなり早めの出発。
まあ、集合時間を30分早く勘違いしていたのもあるが。

予定以上に順調に進んで、鈴鹿市内に入ったのは2:00前。
そこから鈴鹿サーキットの近くの深夜営業もしているスーパーに辿り着いたのが2:00過ぎ。
朝食と補給食の買出しをしながら時間を潰し、まだ少し時間があったので仮眠をしてから集合場所のコンビニへ。

コンビニに辿り着いてもメンバーの姿がないので、まだ少し早かったかな?とメールを確認すると上記の様に30分早く勘違いしていた。
まだ誰も辿り着いていない事に納得していると、電話が掛かってきて、もう辿り着いているメンバーがいるとの事。
住所を確認すると、同じチェーン店のコンビニが数100mほど離れた場所にあったので、そちらに移動。

集合して荷物を預け、ゲートオープンにあわせて移動開始。
前に続いてサーキットへ向かうが、通常の駐車場の入り口を過ぎてさらに付いて行ったけれど、私は通常の駐車場に停めなければならない事を思い出し、折り返して通常の駐車場へ向かう。
駐車場の入り口でシマノ鈴鹿ロードレース大会の参加者が停めて良いのか確認すると、間違いないと言う事で料金を払って入場。

駐車場には既に沢山の参加者が居て、その一部に車を停めると、少し辺りの様子を伺って仮眠する事にした。
と言うのも、サーキットまでの移動に自転車で自走する訳だが、辺りはまだ暗く、ライトを準備していない私は身動きが取れない。
明るくなってから移動しようと思った訳だが、なかなか辿り着かない私を心配して電話が掛かってきて、事情を説明。

明るくなってきてから自転車を降ろし、準備を済ませてサーキットへ移動。
そして場所取りを終えて連絡のあったピット番号を確認しながら、その場所を見つけると、皆試走の準備を進めていた。
ゆっくりする間もなく、慌てて着替えをして試走に向かう。
試走出来る時間がギリギリでかなり焦った。

試走は2周出来たけれど、この時点で汗だくになってしまった。
試走はコース確認の意味合いが強く、ウォーミングアップとしては無い。
と言うのも、2時間エンデューロまでは10時間以上時間がある。

待ち時間の間は、色々なメーカーが出しているブースを見て周って過ごすが、それも高が知れている。
時折、その他のレースを見たり、昼ごはんを食べに行ったりと、緊張感無く過ごすが、いよいよレースの時間が近付いてくると気が引き締まってくる。

ゼッケンの準備を済ませ、事前に多めの水分と食事の補給を済ませる。
と言うのも、レース中はボトル1本で済ませようと思っている。
ゼリー飲料も準備したが、とても自転車に乗りながら補給出来そうに無かったので、並んでいる最中に食べてしまった。

メンバーもゆっくりと準備していたので、あわてる事は無かった。
レースの並び順にもこだわってなかったので、コースに出て並んでみると最後尾近かった。
今回はメンバーで固まって出発するので、最初の内はチームで列車を組んで周回しようと思っていた。

それにしても物凄い人数。
エンデューロはソロとチームの混走なので、コース上には1000人を軽く越える。
ソロで528名、チームで803組、その他レディースとJCF登録のチームがそれぞれ34組と46組。
DNSを除いているので、1400人強が同時にコースにいる訳だ。

その1400人強の後方から1/4くらいの場所。
前には約1000人?
はっきり言って先頭集団とは絶望的な距離なので、チームで走った方が楽しいと感じ、バラバラになって先頭集団にラップされた時に、その速度を体験しようと思っていた。

人数が多いのでローリングスタートにするとのアナウンスがあり、程なくスタート。
大集団に飲まれながら、そのスピードに合わせて、落車に巻き込まれないように注意を払ってチームを引っ張る。
引っ張るとは言え、大集団のペースにあわせながら…になるけれど。

コースも中盤を過ぎると、追い越しが出来るようになり程々にペースアップ。
中盤以降は下り基調なので、意識しないでもペースが上がるけれど…
そして落車の可能性が高い最終コーナー。
ここはピットへの入り口に近い為にコースを区切っていて幅が狭い上、その後登りが控えているのでスピードを落としたくない心理が働いてオーバースピードで突入しがち。
そしてオーバースピードに気付いてブレーキングされるので、前走者との距離も一気に詰まったりするので逃げ場が少ない。

最初の周回でここが一番危なかった。
集団全体がブレーキングをして、「ブレーキ!」と言う叫び声。
私も後ろに「ブレーキ!」と声をかけつつハンドサインを送ったけれど、メンバーの一人がコース外に飛び出しそうになって落車するんじゃないかと肝を冷やした。

そして長い登りの続くホームストレートへ。
後ろを気にしつつ抑え目で登ったけれど、後ろの方では千切れ始めたみたい。
しかし、後ろを振り向くと2人は付いて来ていたのでそのままペースを保つ事に。

ここからはかなり追い越しやすくなってきたので、無理の無い程度にペースアップ。
集団にこそ身を置いていたけれど、追い越せるところは追い越して行ったので、ドラフティングの恩恵を受ける事は少なかった。

そうして周回を重ね時折後ろを振り返り、メンバーの1人は追走していたのでペースを保っていたけれど、少し疲れも見えてきたので、程々のペースで走っている人を見つけたら後ろに付かせてもらう。
そうして心肺に余裕が出てくるとドラフティングから抜け、さらに速い人を見つける為に加速して行く。

振り返ると誰も付いてきていなかった。
ホームストレートでしばらく後ろを振り返って状況を確認したけれど、どうやら他人のドラフティングに入っている間に千切れてしまったみたい。
これからは自分の実力試し。
時間も1時間以上残されていた。

マイペースで走り続けていると、案外ドラフティングを利用する機会が無い。
と言うか、何処かで列車が形成されている物じゃないかと思っていたけれど、噂ほど列車は見られなかった。
少々疲れが見えてきたので、楽をしたい…
追い越して行く速い人を見つけると、速度差を見てから後ろに付くかどうか判断した。

これだけの時間走っても後ろから追い越される事があると言う事は、順位が落ち着いて来た筈だろうし、すっかり先頭にはラップされている物だと思っていた。
しかし現状は少し違って、よく観察すると足首にチップをつけている人が目立つ。
そうか、この人たちはチームで走っているんだ。
だから体力に余裕があって?追い越して行く訳だ。
そんな人の後ろで引っ張ってもらっても、最終コーナーからは交代の為に内側に入って行って、ホームストレートでは一人旅って事が多かった。

時間が残り少なくなってきた頃、後ろからバイクのホーンが小刻みに聞こえるようになった。
最初は何事かと思ったけれど、出走前にメンバーの方に「先頭が来ればバイクがホーン鳴らして近付いてくるから」と言う言葉を思い出して、まだラップされていなかったんだと気が付いた。

そしてそのホーンが聞こえて1周を走ってしまった。
なかなか近付いてこないけれど、ようやくバイクだけに追い越されてさらに半周。
あのバイクの後ろに付ければ楽が出来そう…とバイクを追いかけたけれど、その辺は流石に心得られていて、余分な体力を使っただけになった。

2台目のバイクに追い越されて、先頭集団が間近に迫っていると感じて、コースの左側を走りながら様子を伺った。
20名ほどの長い先頭集団が追い越しを済ませると、ふと我に返って、そうだ、先頭集団の速さを体感せねば!と集団の最後方に取り付いた。

取り付く為に脚を使ったけれど、取り付いてから付いて行くのはそんなに苦ではなかった。
そんな状態で1周。
なんだ、普通に付いて行けるじゃないかと思って、少し色気が出てしまった。
もう少し前に出てみようと集団の脇を上がろうとした時に、ドラフティング効果を失ってしばらく走った所為で脚がなくなってしまった。

一旦後方に下がって脚を溜めようと思ったけれど、下がる際に減速しすぎて後方に取り付くのに脚を使わなければならなかった。
使わなければならないけれど、使い込んで下がってきたのでその脚はなかった。
まだ私は先頭に付いていくだけで精一杯の実力で、先頭交代に加われるほどではなかった。

初参加のエンデューロ。
戦略も何も持ってなく、闇雲に走ってみて戦略が如何に大事か思い知った。
結果を出す為には先頭付近での出発は不可欠。
とても中盤以降から追い付ける実力はない。
参加してみて楽しさも分かったし、何とか走れる事も分かった。
次回は先頭集団で粘れる事を目標にしたい。

今日(8/22)のコース

後半に向けてペースを落とさず走れたのが良かった。
最終周はカウントダウンのコールが聞こえて気を緩めてしまったけれど。
結果は2時間エンデューロ・ソロ部門で35位/528人中。
先頭との差が2LAPになっていて不思議に思ったけれど、時間切れ間近に先頭がゴールラインを過ぎて、時間切れ後に私がゴールラインを通過してしまったので1LAP追加された。
最後まで集団に喰らい付いていれば1LAP差だったのに…と思うとかなり悔しい。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>おかちゃん
今回はチームで固まって並びに行ったので、先頭集団に加わろうと言う気は全くありませんでした。
先ず持って、先頭集団で走りきれる実力も伴っていないと思っていましたし。
あの位置から加われる実力があるならば、それは優勝間違い無しでしょうし(笑)
落車も恐かったので、コーナーの入り口では不必要な加減速や進路変更はしないで自分の位置をキープする事に集中していましたし、そこで追い越しなんて考えられませんでした。
もっとレース慣れしていれば順位の上げ方や脚の使い方などポイントはあったでしょうが、今回は無事に走れたということだけでも満足でした。
次回以降、少し色気を出して先頭付近に並べたら頑張ってみますよ!
【2015/08/24 20:10】 URL | ドギー #- [ 編集]

ありゃ~残念。
以前にもコメントしましたが、ドギーさんなら間違いなく先頭集団に付いていけます!
ラストのスプリントや駆け引きはレースベテランの勘もあるでしょうけど…
特にシマノスズカの2時間エンデューロは一番参加しやすい内容だけあって人数も多いので(笑)

いやぁ~私の個人的な希望では初めから先頭集団に付いていってほしかったな~(笑)
でも次なる目標にもなられたみたいですのでよかったですね(*^^*)
サーキットは路面が綺麗な分ペースも一般道よりも上がりますしね!
【2015/08/24 19:08】 URL | おかちゃん #ju1ubDps [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2760-8df5f3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking