只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



最後の名残り…パニアケース
再びこのカテゴリーで新しく記事を書くとは想像していませんでした。
R1100Sを下取りに出して3年が経とうとしていますが、その名残りがまだ私の手元にありました。
下取りに出した時にプラス査定しないと言う事だったので、取り外しておいたパニアケース。
いつまでも手元に置いておくより、使ってくれる方の手元へと渡るのが正しいと感じて、ようやく重い腰を上げました。

GWが近付いて、需要が増える?今がチャンスとばかりに、ヤフオクに出品。
久しぶりの出品なのでちゃんと取り引き出来るか心配でした。
その前に落札されるかと言う問題ですね。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
相棒とのお別れ
4月の終わりにTL1000Rを迎え入れたわけですが、それと同時にR1100Sを処分することになりました。
永年愛用してきたバイクとのお別れは辛いものがあります。
本当なら、この私がR1100Sの最期を看取るつもりでしたが、まだまだR1100Sは走りたがっています。
バイク熱が下降線を辿りつつある私には何かの起爆剤が必要でした。
それがTL1000Rに乗り換えると言うこと。
これをきっかけにバイク熱が再燃すれば良いかなと…
そして、R1100Sとのお別れを前に、綺麗にしてやる事にしました。
その様子を動画に収めていまして、編集するのにきっかけが必要でしたが、梅雨入りして晴耕雨読の時間が出来たので編集してみました。
思い出の写真の大半は失ってしまったか、取り出せない状態なので取り出せる写真と動画で回顧録的な動画も併せました。

[READ MORE...]
洗車と写真撮影
下取りに出す事が決まったR1100S。
お別れの前に洗車と写真撮影をする事にした。

2012042801.jpg
良いツーリング日和だったので、このまま遠くへ走りに行こうと一瞬考えた。
[READ MORE...]
下取りに出します(後編)
前編・後編と分けたのは書きたい事が多かったから。

ここ1~2年、積極的にバイクに乗りたいと言う気持ちが涌かなくなっていた。
行きたい所が近場にはなくなり、遠出するにも時間が取りづらくなってきた。
走行距離も数年前と比べると格段に落ち、このままではR1100Sが可哀想になってきていた。
BMWは距離を走ってなんぼ。
パニアケースへの憧れから購入に至ったけれど、そのパニアケースを持ち出してツーリングする回数が減ってしまった。
それと同時に、2年に一度くらい大き目のトラブルに見舞われるようになり、維持していくのに弱気になった。
バイク熱を再び盛り上げるのには、環境の変化しかない。

その環境が今年になって変わった。
思い出を失ってしまった。
それも立て続けに続いて、自暴自棄になりそうだった。
こうなったらしがらみを全部取り除いてやろうと、そう言う気持ちも涌くようになった。
思い出を失ったひとつは些細なことだけれど、以前まで使用していたパソコンが壊れ、大切なデータが取り出せなくなった。
ブログはオンラインで更新できるけれど、HPの方は少し考えないと駄目だな。
あんまり更新していないけれど。

兎に角、環境が変わったことに対応していかなければならないと思い、思い切ることにした。
冷めかけたバイク熱を再び取り戻すのにも、カンフル剤は必要。
今回購入することになったバイクは、数年前から欲しかったバイクだ。
いや、R1100Sを購入してすぐと言っても良い。
R1100Sはとても気に入っていた。
当時のパニアケースを純正で準備できるバイクの中で、ピカ一のデザインだと思っていた。
しかしそのバイクは、デザイン面での好みがR1100S以上だった。
当時の私の使い方からは少し外れていたので、「いいなぁ」と言う眼差しだけだった。

そして前編の記事。
迷いに迷ったけれど、そう言うタイミングで現れてくれたバイクに何かの縁を感じ、R1100Sにはもっと良いオーナーの元へ嫁入りしてもらうことを願い、下取りに出すことにした。
下取りに出します(前編)
昨年の秋に充電トラブルに見舞われたR1100S。
その原因がスパークプラグにあるだなんて想像もできませんでした。
と言うのも車検が来月に迫り、充電トラブルの修理もしなければならないし、磨り減っているフロントタイヤも交換しなければならないという事で、これを機会に乗り換えることを考え出しました。

つい先日、任意保険の更新のため、バイク屋(と言っても全国チェーンのあの店ですが)に訪れた際に以前から興味があったバイクを検索してもらいました。
その時の検索に引っかかったバイクはかなり距離を走りこんでいましたが、外装は申し分なく調子も良いと言うこと、そして価格が低かったことで心が揺らぎました。
国内仕様という事が引っかかりましたが、フルパワーなんて本当に必要か考えると国内仕様でも良いんじゃないかと思うようになりました。
やはり長年の相棒と別れるのは即決できなくてその時は一旦家に引き返しましたが、色々と考えた結果数日後、R1100Sの下取り価格を見てもらおうと電話をすると、まだそのバイクは売れ残っており、バイク屋でR1100Sの下取り価格を見てもらうことになりました。
バッテリーが上がってしまっていることを伝え、帰りにはジャンプして欲しい事を頼んで。

充電トラブルを起こす以前、R1100Sにはイリジウムプラグを入れていて、右側のプラグがかぶってしまって、予備に取っておいた普通のプラグを入れていたことを思い出して、左側もノーマルのプラグに戻すことにしました。
そして下取り価格を決めてもらうためにバイク屋へとR1100Sに乗って向かいました。

バイク屋にたどり着いてR1100Sを預けると、査定の待ち時間、他のバイクでも見ていようとブラブラ店内をしていると、10数分後に聞き覚えのあるセルの回る音、そしてアイドリング音が聞こえてきます。
『あれ?R1100Sのヘッドライトが点灯しているけれど、どうやってエンジンをかけたんだろう?まさかジャンプして?』
セルモーターを回そうとしてもほとんど反応しないはずなのに…
バッテリーまでアクセスできる時間ではなかったし、ジャンプする場所を知っていたのかな?
一応、BMWも扱っているし、知っていて当然か。

査定が終わると「さっきエンジンを掛けてはったみたいですが、バッテリーは大丈夫でした?」
すると「ここに来るまでの間に少しだけでも充電されたんでしょう」
とあっさりと答えが返ってくる。
おかしい、充電なんてされるわけがないのに。
変わったことと言えば、スパークプラグを元に戻したことだけなのだが、まさか…

その時の査定金額は愕然とするものだった。
思い入れがある分余計にショックを感じるが、冷静に考えると売り物にするまでにはかなりの整備を要する。
ショックも有ったけれど、R1100Sとは腐れ縁かな。
その時はもう少し付き合っていこうと思ったけれど、打ち出された車両紹介結果を眺めていると、これほどの出物は早々ないんじゃないか?追い金も何とかなる範囲だし。

更に数日後、そのバイクが売れ残っていることを確認すると、取り寄せてもらう事にした。
見に行く時は住民票と印鑑を持って。
ジャンプスタート
先日のバッテリー上がりから、原因を探ろうと色々調べてみましたが、原因がどうにも掴めなくお手上げ状態です。
結論はディーラーに持ち込むしかないのですが、それを何時にしようか悩んでいます。
もういっそ、このまま冬眠させるのも良いかと考えましたが、いつ走りたくなるか分かりませんから早めの修理は考えています。

さて、出先でバッテリーが上がってしまったらどうすれば良いか。
押し掛けできる環境なら押し掛けも手段の一つですが、これが思う以上に大変だったりします。
まず、一人じゃ成功する可能性は無いに等しいです。
運良く坂の頂上だったりしなければ、不可能に近いでしょう。
そこでジャンプスタートです。
ジャンプさせようにもR1100Sはバッテリーへのアクセスが困難で、バッテリーへブースターケーブルを繋ぐのは現実的では有りません。
そこでセルモーターにブースターケーブルを繋ぐ方法があります。
年式の新しいのでは、ジャンプ用の端子が付いていたりするそうですが、私のR1100Sは付いていないタイプだと思います。

2011111701.jpg
エアクリーナーボックスとインジェクションの下側についているのがセルモーター。
先ずはこのカバーを取り外さないとセルモーターを見ることが出来ません。

[READ MORE...]
バッテリー上がり
今日はとある掲示板でツーリングの企画があったので、参加してみる事にした。
バッテリーを交換後、初期充電を行ったものの、十分に充電できたのか不安もあったため、多少天候が悪くても走りたかったから。

家を出発する時に、何だか元気の無いセルモーターの回りに不安を覚えながら集合場所まで向かい、そしてそこで1時間ほど他愛のない話をしながら出発時間を待っていた。
集合場所まで1時間ほど走っていたから、再出発時には元気になっているであろうセルモーターは、かろうじてエンジンに火を入れる程度に弱まっていた。
気のせいではない。
けれど、早くも離脱するのも変な話しだし、取り敢えず走り出すことにする。
途中みんなの給油の為、ガソリンスタンドに立ち寄り、給油を済ませた後に再始動を試みた所、バッテリーはセルモーターを回せるほどの力は無かった。

『ああ、やっぱり充電回路が逝かれていたか』

その場はかろうじて燃料ポンプが動いたので、手伝ってもらって押し掛けに成功し、そのまま離脱して家路を目指す事になった。
結果的には雨に降られず走り終えることになった。
家に帰りつくまでは、調子よく走っているけれど、一旦エンジンを止めてしまうと再始動は不可能だった。
バッテリーがまだまだ新しいので、取り敢えず充電しているが、根本的なことは何も解消していない。
原因はレギュレーター辺りがパンクしてしまったんだろうな…
さて、どうしたものか。
テールライト
先日のバッテリー上がりから放置していたテールライトの不具合の原因を探ろうと、先ずはテスターの電池を取り替えました。
取り替えには精密ドライバーが必要だったので、それの購入とアルカリの9V電池で約800円ほどの出費。
テスターは今後、RG200Γにシガーソケットを取り付ける際にも必要だろうし、先行投資という事で。

で、R1100Sのテールライトの不具合ですが、先ずは断線を疑ってみようかと。

2011102201.jpg
シートを取り外してリアサスの取り付け部のすぐ上にあるのが、後方の電装系のコネクター。
テールライトやブレーキライトは左側からの3本の様です。
一番左がテールライト+で、二番目がアース(-)、三番目がブレーキライト+ですね(一番目と三番目がテレコかも)。

先ずはコネクターを外し、テールライトへの導通を測るとどれも断線していない。
そしてキーオンして電圧が発生するか測る。
しかし、どれも正常である。

電気も来ているし、断線も無いとなると一体どういうことだ?
コネクターをつなぎ、ライトユニットから直に電圧を測る。
どれも正常である。

これで何故テールライトが点灯しないのだろう?
バルブを組み込んでキーオンするとやっぱり点灯しない。
バルブは玉切れはしていない。
ここまでやって点灯しないのは原因がさっぱり分からない。
最後の可能性は接触不良か?

そこでバルブを軽く押し込んでやると点灯しました。

何だか一気に脱力しました。
最初に疑うべきものを最後まで疑わなかった自分自身に。
三度目のバッテリー交換
前回の交換から3年が経過し、突然バッテリーが上がってしまった。
自宅で上がった為、押し掛けがとても難しい車両なんで出先で上がってしまう事を考えたら、幸運だったのかも。
これからバイクに乗るには絶好のシーズンを迎えることになるから、早速バッテリーを注文しました。
しかし、上がり方を考えると、バッテリーだけの問題か、いささか不安でもあったり。

2011100901.jpg
注文したのは秋月電子通商のWP22-12と言うバッテリー(鉛蓄電池)。
バイク用とは謳っていないけれど、BMW乗りの中ではちょっと有名?
サイズはBMW純正のメンテナンスフリーのバッテリーとほぼ同じで、容量が大きめ(BMW純正は19Ah)。
値段は4800円で送料代引き込みで5600円でした。
以前のバッテリーのほぼ1/3、BMW純正からだと1/4ほどの値段でしょうか?

[READ MORE...]
バッテリー突然死?
今日は仕事の合間にR1100Sのオイル交換をしようと、近所を少し走ってオイルを抜けやすくしようと温めた後、家に戻り予定通りオイル交換を済ませた。
ここまでは何も問題はなかった。

いや、厳密に言えばかすかな兆候はあった。
近所を走ったついでに給油を済ませた後の再始動で、一瞬、セルモーターが引っかかるような動きをしたのだが、すぐに始動できたし、気のせいにすることにした。

そしてオイル交換を済ませ、エンジンにオイルを回す為軽く暖機。
始動に問題は無かった。
オイルチェック窓を確認して下限ギリギリだったので、少しオイルを継ぎ足して再び暖機。
これも問題は無かった。

そう言えば、テールライトが点灯しなくなっている。
ブレーキライトは付くけれど、夜間走行にテールライトは点灯しなければ…
と言う事で、バルブのチェックをし、それに問題がなければヒューズ。
どれも問題は無いので、配線がやられたのかな…と思ってイグニッションを入れたり切ったりする事数回。
これは診断してもらう必要があるかも…なんて考えて、何気にエンジンを始動しようとしたその時!

ウンともスンとも言わなくなった。

おまけに色んな警告灯などのランプ類が付かないものもチラホラ。

今までバッテリーが上がる時は徐々に弱弱しくなっていったものだが、今回は突然上がってしまった。
これが噂に聞くバッテリーの突然死か?
BMWのこの年代のバイクには時々あるらしい。
本当にバッテリーだけの問題だったら良いけれど、ジェネレーターとか逝ってたら嫌だな…

今まで色々とトラブルがあったし、手放そうかとちょっと考えてしまう。
とりあえず安物のバッテリーを注文したけれど、それで症状が治まらないときはいよいよかな…




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking