FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



いつかはデュラエース
操作ミスで購入した物からの続き

ロードバイクに乗っていて、そのコンポーネントがシマノ製で統一されているならば、その最高峰であるデュラエースに、いつか交換したいと思うのは人の心だろう。
お金に糸目をつけなければ、すぐにでもデュラエースにする事が出来るけれど、どうしてもお金と言う要素が絡んでしまう。
これが世の常と言うべきか。

デュラエースのすぐ下に、セカンドグレードとしてアルテグラが用意されている。
その更に下は105と言う、デュラエースとの互換性が保たれたグレードが用意されている。
この105と言うグレードは、量販されているロードバイクにかなり多数採用されていて、デュラエースと互換性があるので、一部をデュラエースにして利する事ができる。
この点で、105がロードコンポの最低限と言われている所以だろう。

では105からデュラエースにアップグレードするには、どのパーツからして行くのが正しいのだろう?
コンポーネントには、STIと呼ばれるデュアルコントロールレバー、ブレーキ、前後ディレーラーがメインとなるだろう。
それらを動かすワイヤーはSTIのセットに含まれていたりする。
勿論、個別に購入する事も可能だ。

続くのがチェーン、ペダル、BB等の回転摺動部。
ベアリングなどがひとつ上の性能を持たせた物に取り替えられたりする。
チェーンにはシルテックと呼ばれるコーティングが施されていたりする。
ここにもデュラエースとしての誇りが感じられる。

では、105から何をグレードアップしていけば良いのか、その道のりは示されている様に感じる。
セカンドグレードのアルテグラはデュラエースから受け継いだ技術が投入されている事が多く、素材の差だけと言われる事も多い。
そう言った事を考えると、105からグレードアップする時に検討すべき事は、やはりデュラエースにすべきかアルテグラで抑えておくべきかであろう。
意外に価格ほどの差は存在しないと思う。

是非ともデュラエースにすべきパーツは、チェーンであろう。
施されているシルテックはチェーンのピンにまで及び、アルテグラグレードとは一線を画す用に感じる。
後はブレーキキャリパーにクランクか。
いや、この場合アルテグラグレードはしっかりとデュラエースの技術を受け継いでいるので、むしろアルテグラで良いとさえ言えるのでは?

そう言った意味ではカセットスプロケットも同じ様に言える。
形状的にはデュラエースの技術を受け継いでいると言えるし、素材の違いだけで耐久性や軽量性がデュラエースにあると言うだけで、変速性やギア構成はむしろアルテグラに部があると言えるのではないかと思う。

逆にアルテグラを選んで後悔しそうなのがペダルであった。
ペダルにはベアリングも組み込まれているし、素材による重さの違いもある。
105とアルテグラのペダルの重さを鑑みた所、その値段の差以上に大きいと思えたのがアルテグラとデュラエースの差だった。
なので、今回デュラエースのペダルを購入したと言える。
ここに明確な、値段の差以上の差を見たような気になっているだけ、と言えばその通りだろう。

と、自分自身を納得させる、利いた風な事をつらつらと書いてみたいけれど、購入したと言う結果に、自分自身を納得させるにはこう言う事を書かなければならなかった気がする。

2019010201.jpg
レイダックをツーリング車とする為、ペダルが必要になった。
今現在、アレグロに取り付けてあったペダルをレイダックに移植するとなると、E740に取り付けてあるペダルをアレグロに移植せねばならない。
と言う事は、E740のペダルはどうなってしまうんだ?と言う事で、何かを購入しなければならなくなった。
そこで白羽の矢を立てたのが、デュラエースグレードのペダル、PD-R9100。

2019010202.jpg
クランク軸の金物はかなり頑丈な感じがする。

2019010203.jpg
これは+4mm軸ではない方の通常タイプ。

2019010204.jpg
クリートはシマノの青タイプが付属。

2019010205.jpg
送料が無料となるので同時に購入したのがシートクランプがダボアナ付きとなる、このMINOURAのシートクランプ。
物はMT-800N用のシートクランプとなっているので、MT-800Nがそのままの手元に残ってしまった?私にとっては非常に都合の良い商品と言える。
これで無理なくレイダックにリアキャリアを取り付けられる用になった、と言う訳だ。

レイダックのツーリング車計画に併せた様に、E740のペダルをグレードアップさせてしまったが、これは良い兆候が現れているんじゃないだろうかと感じる。
スポンサーサイト
E740初期インプレ
E740のインプレを記事にする前に、私自身のロードバイク経験と言えば、アレグロとレイダックの2台だけと言っても過言ではない。
イベントなどで試乗をした経験も無い。
自転車仲間のロードバイクを2~300m程走らせた事があるくらいで、そんな極短時間の経験で何かが掴める筈も無い。
インプレを記事にするに当たり、比較はどうしてもアレグロとなる。

アレグロはOPUSではエンデュランスロードと位置付けされている。
E740はGuerciottiでは軽さを強調したオールラウンドモデルと位置付けされている。
エンデュランスロードとオールラウンドとは言えレースを強く意識したジオメトリのロードバイク、この比較になるかも知れない。

E740に使用したホイールとタイヤ、サドルにハンドルバー、ブレーキキャリパーはアレグロで使用していた物。
だけれど、STIと前後ディレーラはグレード的には同じかも知れないけれど、世代が進んで良くなっている事は間違いない。
しかもクランクにBB、チェーンは完全にグレードが上の物を使用して、純粋なフレームの差異としては測れないかも知れない。
それらの差がフレームの差と勘違いしているケースも考えられる、と、そう思って記事を読み進めて欲しい。

[READ MORE...]
フレームから推察するE740
先の週末、不本意ながらE740の試乗を済ませてしまった。
本当ならもう少しアレグロに乗り込んでから違いを感じ取りたかったけれど、自転車仲間の期待に担ぎ出されてしまい、その期待に応えねばと言う事で、乗ってしまった。
アレグロに乗り込んでいない…と言う事は無かったけれど、その前にレイダックに乗り込んでしまっていて、感覚が薄れていたので。

レイダックとは違い過ぎるし、アレグロとの比較をしかたっかけれど、それでもE740の特徴は感じ取れた。
その前に…初期インプレを記事にする前に、フレームから推察するE740の特性を見てみたい。
軽さがクローズアップされるE740だけど、そのフレームから見る作り手の意図を汲み取る為、アレグロと比較してみた。

2018080601.jpg
フレームにはパワーゾーンと呼ばれるヘッドチューブからダウンチューブ、BB周り、チェーンステーで構成される部分と、コンフォートゾーンと呼ばれるトップチューブからシートステー、シートチューブ、フロントフォークで構成される部分に分ける事が出来る…らしい。

2018080602.jpg
今回はそんなフレームから見る推察が、実際に跨った時の印象とズレがあるのか見てみようと思って記事にするが、果たして私にその能力があるか、かなり不安があるし、話し半分以下で聞いて貰いたい。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・まとめ
前後ディレーラ&チェーン取付からの続き

E740のフレームを手に入れてから組立完了まで、概算であるが費用を公開してきた。
移植したパーツや、予備として購入しておいた物もあるが、E740を…いや、ロードバイクをフレームセットから組み立てるのに、どれ位の費用が掛かるのか、参考になるんじゃないのかとまとめる事にした。
しかし、今ではE740を、この費用で組むのが非常に困難な状況になっている。

2018073001.jpg
少し光の条件が良い所で撮影…と思ったけれど、カーポートの骨組みが織り成す影の所為で、条件としては良くなっていない。
ペダルを取り付ければ、もう走り出せる。
写真を通して見るより、実物は数段格好良いんだけれどなぁ…

ちなみに…今までリアルにE740の事を訊ねられると「イーナナヨンマル」と答えていたけれど、少し野暮ったく感じるので「イーセブンフォーティー」と答えるようにしようと思っている。
正式にはどう呼ぶのか分からないけれど、英数字の車名だし、ウィンタースポーツの回転技みたいで格好良いやん?ん?

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・前後ディレーラ&チェーン取付
パーツ購入その7からの続き

揃えるパーツは全て揃えた。
組立作業も佳境を迎え、自転車としての形になる所まで漕ぎ着けた。
思ったよりも時間が掛かってしまったが、その分の思い入れはしっかりと心に刻めた。

2018072901.jpg
R7000系105のフロントディレーラ。
バックアッププレートの小物も付属。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ購入その7
BB&クランク取付からの続き

いよいよ、組立に際して最終的なパーツの購入になる。
このパーツさえ手に入れれば、自転車としての形になるはずだ。

2018072801.jpg
左からデュラエースグレードのチェーンCN-HG901-11、予てより発売を待っていたR7000系の前後ディレーラFD-R7000-F(直付け)とRD-R7000-SS(ショートケージ)。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・BB&クランク取付
STI&ブレーキ取付からの続き

組立作業もいよいよ佳境のBBとクランクの取り付けに入る。
この作業を終えると、手持ちのパーツはなくなってしまうので、新たに購入しなければならない。
すぐにでも購入したい所だが、やんごとなき理由ですぐに購入する事が出来ない。
それももうすぐ解消するだろうが。

まず、BBとクランクを取り付ける前に、ワイヤリングも終わった事だし、フレームプロテクターを貼り付けて行こうと思う。
チェーンステイに貼り付けるなら、クランク取付前が良いし。

2018071901.jpg
ステッカータイプのフレームプロテクター。
チェーンステイ用×1、ヘッドチューブ用×6(大×4、小×2)と言う内容。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・STI&ブレーキ取付
パーツ購入その6からの続き

取り敢えず、デュアルコントロールレバーを手に入れたので、手持ちのパーツは取り付けられる様になった。
手元に無いパーツは今後手に入れるとして、組立作業は進められる所まで進めてしまおうと思った。
先ずは、手に入れたばかりのST-R7000、STIと呼ばれるデュアルコントロールレバーを取り付けて行く。

2018071801.jpg
取り付け前。
光の加減で写真の映りがよろしくないけれど、記録的な写真と言う事で。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ購入その6
パーツ購入その5からの続き

既にデリバリーが始まったR7000系の105。
すぐにでもパーツを揃え、組み立てを完了させたい所ですが、やんごとなき理由により全てのパーツを揃えるのにはもう少し先になりそうです。
全てのパーツを揃えてから記事を書こうかとも思いましたが、今回購入したパーツがあるだけでも組立作業が捗るし、ブログを放置するよりマシかなと思いましたんで、記事にします。

今回購入したのは、ST-R7000。
そう、E740のフレームを手に入れてからパーツの構成を考えている時に発表され、是非とも導入したかったR7000系の105のデュアルコントロールレバーです。

2018071701.jpg
デュラエースやアルテグラの様な立派な箱ではなく、質素な箱に収められているST-R7000、18,100円。
一応、このパーツがあるお陰で、ディレーラーの取り付けとチェーン張りを残す所まで作業が進められる筈です。
ワイヤリングもブレーキは問題なく出来ますし、シフトもフレームの中を通し、ディレーラーの取り付け部分の余分を見てれば終えられると思っていますし。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ購入その5
ハンドルバー取付からの続き

いよいよR7000系の105が発売されそうだ。
と言うのも、至る所で予約販売が始まっている。
予約販売なので納期は未定になっているけれど、価格はそれぞれの販売店で確定している。
予約しても良いけれど、少し予定している事があるので、受け取れない可能性が非常に高い。
この予定を終えてからだな。

そんな状況になってきたから、E740の組立完了も見えてきた。
実はR7000系の105にしようと思っているSTIと前後ディレーラー、それ以外にも必要な物があった。
BBと略されるボトムブラケット。
自転車のパーツの中では比較的比重が大きく感じるBBを購入する事にした。

2018062001.jpg
BBが入っているとは思えない立派な箱。

[READ MORE...]




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking