FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



自分を偽って生きられない
つい先日まで、九州の友人宅へ田植えのお手伝いに行っていました。
帰って来たのは、今日の未明。
先日の西日本豪雨災害の影響もあり、思うような道のりで帰って来れなかったのですが、帰りの行程は全て下道で850kmにも及ぶ道のりを、休憩時間を含めて19時間で走破しました。

今回のお手伝いは、昨夏の怪我の影響もあり、満足に出来ないだろうと、車の運転のリハビリの意味が強かったかな?
往復の道のりを無事にこなせたので、家族には車で出かけるのに小言を言われなくなったかな?
そう言った意味では少ないながらも収穫はあったな。
田植えのお手伝いは、迷惑を掛ける事は無かった…と思う。
しかし、納得の行く物ではなかった。

ここの農家さんは、それこそ日本全国からお手伝いさんが集まってくる。
そのほとんどは無償で働いて、対価として食事と寝床が与えられる、って事が大きな特徴かな?
おそらくお手伝いさんの能力にそれほど期待もしていないだろうし、体験的な意味合いが強い。

私の場合、農業を仕事としているし、10年以上お手伝いに携わっているのでそれなりに期待されてしまっている。
しかし、怪我の影響で家の仕事も満足にこなせていないので、期待はするなと伝えておいた。
ところがそんな事は忘れてしまったのだろうか、私の動きに不自然な点が少なかった為だろうか、変わらない作業内容だった。
それをキビキビとこなせないもどかしさ。

出来ない事は出来ない、知らない事は知らない、そんな簡単な事を言えない昨今の世の中。
自分を飾る事に腐心し、その行為は読んで字の如く心を腐らせて行く。
飾らなければ済む事なのにな…と怪我の影響か、自分を偽って生きられないようになっていた。

これは良い事なのか?
スポンサーサイト
言葉の力
人に想いを伝えるのは、言葉にするのが一番良い。
言霊と言う言葉もあるし、有言実行の原動力でもある。
常に逃げ道を作って来ていた、過去の自分に伝えたい。

夢や希望、目標があるならば、先ずはその事を言葉にする。
ただ言葉にするだけでは、叶う訳もないが、それに向かう力があると思う。
そんな夢や希望、目標を言葉に出来た人は、その目標に向かって努力し、叶えて来た人が多いように思う。

他人の心へと訴え掛ける、自分の心へと言い聞かせる、全て言葉があるからで、この言葉を使えるのは人間の人間らしい所でもある。
そうなると、何か目標を打ち立てたくなってくる。
どんな目標が良いかな?
それは他人にも聞いてもらわなくてはならないだろうな?
逃げ道を塞ぐ為にも。
ダイヤモンドは原石で
ダイヤモンドはカットされ、磨きこまれて輝きだす。
その輝きも今では計算されつくされて、ブリリアントカットが生まれた。
その状態にしてようやく価値が上がる。

磨かれたダイヤモンドを買うのには、何一つ異論は無い。
だけれど、私は磨かれたダイヤモンドより、その原石を購入するタイプだ。
安価に購入出来ると言うのもその理由のひとつだけれど、磨き方によって輝き方が変わるのに魅力を感じる。
ブリリアントカットを超える輝きは、おそらく無いだろう、けれど可能性はゼロではない、むしろ無限大。

極端な例え話だ。

現在は情報が溢れ、滅多な事で石ころを購入する事も無くなりつつある。
ダイヤモンドの原石だと信じて、購入する事が出来る。
始めから輝いているダイヤモンドは、間違いなく購入出来る。
だけど私は原石が良い。

E740を購入したのも、そんな意味合いがあったけれど、少しずつ情報が流れ込んでくると、確かに原石だった。
そして情報を発信する人々によって磨きこまれつつあり、少しずつ輝きだしている。
石ころではいくら磨き込んでも輝く事はない。
そんな石ころを掴んでいない事を確かめたい気持ちで、情報を漁ってしまった。
私が磨き上げる前に輝きだしている事に、少し残念な気持ちもあるけれど、どういった輝きになるか、楽しみでもある。

これは人にも言える事だと思う。
磨かないと輝かない。
誰しも輝く才能があるはず。
輝くと信じて、磨く事を忘れない事だ。
手術が終わり
気持ちの上での、肩の荷が下りた。
アレグロも先日、完全復活?したばかりで、転倒の記憶を呼び起こす物は、身の回りでなくなりつつある。

麻酔が切れてきたのだろうか、手術した場所が痛み始めている。
今回の手術と言うのは、昨夏、自転車で転倒してしまい、鎖骨を折ってしまった。
その鎖骨を繋いでおく為のプレートの除去、正式には抜釘手術と言うらしい。
この手術を受けてきた。

鎖骨も繋がり、不必要になったプレートの取り外しに、術式は全身麻酔にするか、局所麻酔にするか問われた。
プレートを入れる時は全身麻酔で、気が付いたら終わっていた。
今回もそんな、気が付いたら終わっていた、なんて事は何の経験にもならないし、戒めにもならない。
全身麻酔にすると、手術の前後は入院が必要になるので、金額的な負担と家族への負担も増えるように思えたので、多少の痛さはあるけれど、自身への戒めも含めて局所麻酔で抜釘手術をお願いした。

終わったから言える事だが、局所麻酔にして本当に良かった。
でなければ、分からないまま終わってしまった事だろう。
スタッフの心遣いに感謝している。
手術に望むにあたり、不安は誰しもあると思う。
その不安を取り除いてくれる様な、和やかな雰囲気作り。
不安な気持ちは相変わらずあったけれど、表情は晴れ晴れとしていた筈だ、いや、少し笑顔になっていたかもしれない。

どんな痛みが襲ってくるのか。
麻酔の注射が一番痛かったかもしれない。
地味に長く続く痛みだったからだが、十分に我慢出来る。
驚いたのは、電気ショックのような衝撃が、左の鎖骨から指先にかけて襲ってくる事だった。
この衝撃は手術序盤に二回だけ襲ってきたが、術中襲い続けるものだと思ったら、気が重くなっただろう。

手術は、担当の先生と助手の先生、それに看護婦さん(と言って良いのか?)が二人付く、四人体制だった。
最初の内は私にも話し掛けて、手術の様子や痛みがあるかなど確認されたが、その内、先生同士の雑談…と言うか他の患者さんへの術式の話へと変わった様だ。
大転子とか、関係ない場所だろう?
それほど私の手術は簡単な物だと思えたので、更に気が楽になった。

術後に痛くなかったかと聞かれても、最初の麻酔が痛かっただけだと応えた。
事実そうだったけれど、あの電気ショックのような衝撃の正体が知りたくなり、それを聞くと正体は『電気メス』だった。
あの衝撃が続くようならば、こんな感想が言えたかどうかはかなり疑問だが。

取り外すプレートを手術前に持って帰るかどうか聞かれたが、病院側で処分してもらうようにした。
持って帰った方が、ブログネタ的には美味しいだろうけれど、二度とお世話にならない様に、身の回りに置かないようにした。
抗生物質と痛み止めの薬が出されたけれど、抗生物質は出された分だけ飲むようにするけれど、痛み止めは飲むつもりは無い。
そう思っていたけれど、痛さが徐々に酷くなってきた。
これは負けそうだ。

不安を和らげる心遣いに、本当に不安なく手術が終えられた事を、スタッフに感謝したい。
手術の雰囲気も楽しめたけれど、この経験はここまでにしたいと、安全に、体が無事でこそ楽しめるものだと、自転車に乗る事を再考させられ、そして無茶はしないでおこうと誓えた様な…気がするな。
もっと厳しい手術ならば、そう思えたに違いないけれど、拍子抜けするほど簡単な様に思えてしまったから、十分な戒めにはならなかった…のかな?
繋がり
すっかりブログを放置してしまって、広告が出るようになってしまった。
取り敢えず、取り留めの無い事でも記事にして、広告が出ない様にしておくか。

と言う訳で、今回の更新は読む価値が無い?
とは言え無くもない、事も無い?と言った感じの微妙な記事になるかも知れない?
それでも些かの興味を持った方は続きをどうぞ。

[READ MORE...]
九州に行ってました…2016
去年も同じタイトルで記事を上げていたようで、今回は年度を追加…

さて、毎年恒例となっている、九州の友人宅までみかん千切りのお手伝いに行ってました。

2016111501.jpg
みかん千切りのお手伝い、出発前はそう思っていました…

[READ MORE...]
九州に行ってました
7月の初旬から先日までの約二週間、九州の友人宅へ農作業のお手伝いに行ってました。
ハードな日々が続く事は織り込み済みでしたが、自転車とランニングの練習は出来るかと機材を持ち込みましたが、その目論見は…

序盤は雨続き、終盤は農作業の疲労で、とても練習しようと言う気が起きないほどでしたが、そんな環境でも少しだけ自転車に乗ることは出来ました。
まあ、ランニングは出来なかったので、その脚を再び作っていかないといけない感じになりましたが。

そして農作業でへばらない様に、スタミナを付ける為と食事には制限をつけなかったのと、出されたものは食べると言う主義に准じて大幅な体重増加になりました。
それは生涯最高の重さになると言う…
作業着を昼に取替えなければならないほど大量の汗をかいたにもかかわらず。

お手伝いの最中は立ち仕事が多く、多量の水分を摂取したので浮腫みに悩まされました。
その浮腫みが取れれば調子を取り戻せそうなのですが。
この後も熱中症には気をつけなければならなさそうなので、時間を掛けながらと言う事で。

長い時間居たにもかかわらず、少ししか写真が撮れていないと言うブロガーにあるまじき行為に出ましたが、この期間中はネットから離れると言う意味でも良い時間でした。
離れてみればそう不便でもない事も分かりましたし、昔の生活を取り戻せたような、のんびりとした時間も過ごせました。

そんな僅かな写真と、同じくお手伝いに来ていた方から貰った写真を少し紹介。
宜しければ続きからご覧ください。

[READ MORE...]
雄弁は銀、沈黙は金。
ブロガーは時として雄弁に語りたがる。
黙っていれば波風が立たないものの…

昨日は少し納得の行かない出来事があり、その事は黙っていようと思っていたが、語ってしまうのはブロガーの悲しき習性か?
まあ、こんな場末のブログを読んでいるとも思えないので語ってしまおう。

いや止めておこう。
沈黙は金だわ、やっぱり…

遅かった?
順調に絞れています
4月になりましたね。
多くの方にとっては新しい年度になった事と思いますが、自営業の私にとってはそうでも無いです。
しかし4月になったと言う事で、エントリーしている『ツール・ド・八ヶ岳』が迫ってきているのを実感しています。

それに向けての減量も今の所順調に行っています。
昨年はレース直前に落とせなくなりましたから、油断はしていませんが。

と言う訳で、現在の状況と減量方法を。
今朝の風袋込みの体重は58.2kg、体脂肪率は5.7%となっていました。
今までは風袋込みだったので、今朝はそれを取っ払って改めて計りなおしてみると、それぞれ57.4kg、5.0%でした。
風袋で約800gは大体想像通り。
体脂肪率は寝起きなので、少し低めに出るので風袋込みの5.7%が実情に近いと思います。

体重は目立って減っていませんが、体脂肪率は順調に減っています。
これは概ね目論見通り。
と言うか、今回から試みた減量方法が当たっていたと言う事か。

あれだけデカ盛りライドとか、食い放題とか行っていたのに何故?
と思われるかも知れませんが、それこそが体脂肪率を下げる方法だったのです。
体重は体が出来上がってから減らせば良いと、ここまでは順調。

では何故デカ盛りライド等が体脂肪率を下げる方法なのか?
結論の前に、それをする為のルールを少し。

1.朝の体組成は範囲内である事。
2.朝食はしっかりと食べる。
3.デカ盛り等で腹いっぱいになる前には、しっかりと身体を動かしておく。出来ればオールアウトやハンガーノック手前まで。

これはデカ盛りライドに行く際のルールですが、それに加えて普段は…

4.朝食、昼食は炭水化物中心でも良いが、夕食は炭水化物を避ける。
5.就寝2時間前までには食べ終わっておく。
6.食事は最初にサラダなど野菜中心の物を食べてからメインへ。

とまあ、こんな感じですね。

[READ MORE...]
アフターバーン効果
アフターバーン効果とは、簡単に説明すると「運動後でもカロリーを消費し続ける効果」です。
その運動強度が強ければ強いほど効果は長続きし、その時間だけカロリーを余分に消費してくれるそうです。
長い時には72時間だとか。

このアフターバーン効果を、ここ最近で数回経験しています。
そのどれもが『金トレ』と称して大盛りカレーを食べに行くライドと『デカ盛りライド』と称する大盛りメニューを食べに行くライド。
走り終わった後よりも、一晩寝て翌朝の体重が就寝前より1kg以上減っている事がありました。

就寝前と起床直後。
この間にトイレに行く事は起床直後のおしっこだけ。
それで1kg以上減っていると言う事は、アフターバーン効果に他ならないと思いました。

そしてカロリー消費に重要なトリガーとなるのは炭水化物に代表される糖質じゃないかと思い当たります。
運動をしっかりすれば糖質を摂った方がカロリー消費に役立つ。
カロリー消費のメカニズムは初めに血中の糖質からで、次に筋肉や肝臓に溜められたグリコーゲン、それも不足してきたならば筋肉からで、最後に脂肪からと、脂肪燃焼を促すのはかなり困難な事実があります。

筋肉量を減らさず脂肪を燃焼させるのは本当に難しい。
しかし、強度の高い運動をすれば筋繊維を壊し、それを回復させる超回復をさせながらだと脂肪燃焼の方が促進されるのではないか?
超回復は主に睡眠中に行われるらしいし、この点も合点が行く。

実は『金トレ』と『デカ盛りライド』は理に適った身体作りの方法かも知れない。
強度の高い運動を支える糖質補給とアフターバーン効果。
身体と気持ち、それに脳にも良い刺激を与えていると思う。

と言う妄想をして、デカ盛りライドを正当化していたり?




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking