只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



strava



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



新しいキャンプ道具
TL1000Rを手に入れてから、当初はキャンプツーリングは控えようかと思っていましたが、その年の北海道ツーリングにてある程度こなせる事が分かり、キャンプツーリングを続けて行く次第になりました。
手持ちの道具でも十分でしたが、もう少しスマートに、そして快適にと新しいキャンプ道具を手に入れた訳ですが…

[READ MORE...]
スポンサーサイト
B-6君
先日の北海道ツーリングで、とても良さ気な物を使っている人が居たので、それがとても気になっていました。
その良さ気な物と言うのも、記事タイトルの通り『B-6君』と言う焚き火台。
最初はその存在や何処で売っている物かも知らなかったのですが、ひょんな出来事から知る事となりました。
そうなってくると、自分も使ってみたいと言う欲望が…

基本的には通信販売でしか手に入らないようですが、先日テントを購入した『WILD-1』にて取り扱いがあるようなので出かけてきました。

2012090801.jpg
『B-6君』はその名の通り、折畳むとB6サイズになります。
ツーリングマップルより一回り小さい感じ。

2012090802.jpg
収納袋は付属しますが、一緒に専用のグリルプレートも購入しました。
このグリルプレートは折畳んだ状態の『B-6君』が納まるように設計されています(一番上の写真)。

2012090803.jpg
組み立てるとこんな感じ。

2012090804.jpg
グリルプレートを乗っけてみるとこんな風に。

ソロで使うには丁度良いサイズで、折畳むととてもコンパクト。
どちらかと言えば、炭を持っていく方がめんどくさい感じ?

姉妹品に『A-4君』があるけれど、それは流石にでか過ぎて…

何だか早くキャンプに行きたくなってきたな。
キャンセル…
テントを注文しましたと書いてきましたが、最初の期日を過ぎて確認した所、更に納期が延びるということなのでキャンセルしました。
この納期の延長の対応に少し不満がありましたので、一緒に注文したのも含めて全て。
まあ、テントは用意できていたみたいですがね…
一緒に注文していた物の納期が更に伸びると言う事だったのですが、テントの1/10もしない値段の物だったのですが、この対応は納得できなかったので。
当初は3/22に入荷の即日発送が4/16入荷即日発送に変わったのですが、その変更のメールが届いていなかったのです。
ほんとに送付したんかな?
まあ、メールシステムにはこう言うタイミングの良い時に限ってこう言う不達がおきるのでしょう?

これはまだ使えるテントを修理して使って行けと言う神の啓示だと思って、修理にチャレンジするかな?
シームテープを張るだけだし。
テントが届くのには…
もう少し時間が掛かります。
注文して、商品がなかなか届かないのはちょっとイライラしますね。
届かない理由はテントが理由と言う訳じゃなく、他にも注文したからなんですけれど。
そして、届くのを待っている間にちょっとした憂いが出来ました。
まあ、取り越し苦労であれば良いのですが。

その憂いと言うのは、テントの収納サイズと換気の為に設けられた窓です。
注文したのは先にも書きましたがシングルウォールのテント。
シングルウォールのテントと言うと、フライシートを省略してインナーテントに防水機能を持たせたテントといえば話が早いでしょうか。
カタログ上の収納サイズは49×14×14(cm)となっており、それなりにコンパクトですが、ちょっと長い気がします。
49cmと言うのは、ポールをたたんだ時のサイズですから融通の利かないものです。
これがすんなりとパニアケースに収まれば良いのですが。
まあ、ステイシーのポールも収まったし、ステイシーⅡの収納サイズを見ると大丈夫な気がします。
そしてシングルウォールテントの半ば宿命とでも言いましょうか、結露対策をどの様にして行うのか。
今回注文したテントは、換気窓を設ける事によって対策を取ってあるのですが、この換気窓は常に開放されている可能性が出て来たのです。
カタログにはそこの所が触れてありません。
おまけにこの換気窓、カタログを眺める限り開口部にメッシュパネルが施されていないような?
いくらなんでもそんな事は無いと信じたいのです。
テントを注文
いよいよ春本番となってきました。
私も今年はそれなりに行きたい所があるので、準備を始めようと思いまして。
準備となると、結構お金がかかります。
R1100Sはもうすぐ車検だし、タイヤ交換も迫ってきている。
その分のお金は残しておきたい所だけれど、それ以外にもお金はかかるようです。
私の今年の行ってみたい所は、日帰りが困難なため、キャンプが中心になると思うのですが、困った事にテントがありません。
と言うのは語弊がありまして、今手元にあるのはSF220TKとR-324。
ステイシーもありますが、これはただ捨てられないだけで。
何か部品取りに出来るかも?
普通ならこれで何が不都合があるのかと言う所ですが、SF220TKは購入してから数年が経過し、その間も酷使してきました。
と言うか、扱いが悪かっただけなのですが。
そのお陰か、フライシートのシーリングテープがはがれ、カビも散見できる状態になっています。
修理して修理できない事は無いのですが、そう言う気力が湧いてきません。
誰か欲しい人や、キャンプツーリングを始めたいと言う方が居られたら、現状で譲りますよ。
そしてR-324は購入してからそんなに日は経っていないし、まだまだ十分使えるのですが、設営や撤収を繰り返すようなツーリングに使うには少々大きすぎる感じがしてきたのです。
事実、去年の北海道ツーリングにはわざわざSF220TKを使ったくらいですし。
そこで、SF220TKに代わるテントを購入しようと思ったわけですが、今回の購入意識ははっきりしているのである程度の割り切りをもって望む事が出来ました。
高い買い物になる可能性もありますが、使ってみなければ分からない面もあるでしょう?
そんな訳で、シングルウォールのテントを注文しました。
これはある意味賭けです。
シングルウォールのテントの利点と言えば、設営の簡単さとパッキングサイズが小さくなる事です。
逆に快適性は相当損なわれる事でしょう。
テント内の結露もあると言いますし、テントの壁に触れない様に寝なければなりませんから、気を使うでしょうね。
でもその事より利点の方が大きいと考えましたんで。
仮に、雨の降り続けるような場面で、連泊しなければならなくなったときにも、パーソナルタープがあるので何とかなるでしょう。
注文したテントのことはテントが届いてからお伝えします。
大間崎テントサイト
冬場のネタの無いこの時期に、私の訪れたキャンプ場を紹介してきましたが、今回で取り敢えず仕舞いになります。
丁度良いネタの繋ぎになりましたが、来シーズンの冬場にも少なからず紹介出来る様にしておきたいものです。

今回は青森は大間にある大間崎テントサイト。
丁度、本州最北端の碑のすぐ裏手にサイトはあります。
無料で使用でき、芝生のこじんまりとしたサイトです。
サイトの近くに、これまた無料で使用できる炊事棟があります。
この炊事等の中に水場があり、その横にトイレがあります。
トイレや水場は綺麗にしてあります。
サイトの利用者が少ない場合は、この炊事棟にテントを張ることも出来ます。
と言うか、教えてもらいました。
入浴や買出しは大間の町の中まで出なければなりません。
入浴は大間温泉があり、そことテントサイトの間にスーパーやコンビニがあります。
R279沿いは意外に栄えているので困る事は無いでしょう。
北海道に渡るフェリーも近いですし、時間を読める事の出来るキャンプ場です。

2008030601.jpg
立派な炊事棟です。

[READ MORE...]
四万十ひろばキャンプ場
いよいよキャンプ場紹介も大詰めを迎えて、残す所2ヶ所。
と言うか、まだ2ヶ所もあったのかと言うのが正直な感想な訳で。

今回紹介しますのは高知県は西土佐にある四万十ひろばキャンプ場。
サイトは芝生の綺麗なサイトで、なんとバイクの乗り入れが出来ます。
と言っても、乗り入れなくても平気な場所もある訳ですが。
利用料金は350円。
サイトは四万十川沿いにありますが、四万十川の風景は背の高い草木に遮られ、良く見えなかった気がします。
管理されたキャンプ場だけあって、トイレや水場は綺麗です。
温水シャワーもあり、比較的快適です。
入浴に関しては近くのヘルスセンターでも出来ます。
買出しは四万十川をはさんだ所にスーパーがあり、お酒や惣菜なども購入できます。
四万十川沿いのキャンプ場は何かが片手落ちののところが多いのですが、このキャンプ場はどれも満足行くレベルで揃っているので、四国ツーリングのベースとして十分に使えると思います。

2008030401.jpg


[READ MORE...]
精進湖キャンプ場
北海道のキャンプ場の紹介はひとまず終えましたが、もう少しだけ紹介できるキャンプ場がありますので、今回はそんなキャンプ場のひとつ、精進湖キャンプ場です。

富士五湖のひとつ、精進湖の畔にあるキャンプ場で、周辺に沢山あるキャンプ場の中でも安価に利用でき、そこから見える富士山も特有の景色を見せてくれます。
利用料金は800円で、サイトは湖畔のすぐ近くになり、地面は砂利混じりの土です。
それにサイト全体が精進湖に向ってゆるく傾斜しています。
トイレや水場は綺麗に保たれていますが、特にキャンプ場利用者用というわけでもなく、精進湖に訪れた方々に開放されている感じです。
精進湖湖畔から見る富士山は、富士山の手前に大室山があり、それがまるで富士山の子供のようなこじんまりとした円錐形の山で、その景色から子抱き富士と呼ばれる物だそうです。
買出しや入浴が少々不便で、朝霧高原方面や河口湖方面に行かなければならないかも?
甲府方面の上久の湯から見る甲府盆地の夜景もなかなかいけるのでそちらも考えてみる価値はあります。

2008030201.jpg
子抱き富士が見られます。

[READ MORE...]
森林公園美深アイランドキャンプ場
今回で北海道のキャンプ場の紹介はひと段落ですが、まだ紹介するキャンプ場はありますので今しばらくの我慢?をば。
今回紹介しますキャンプ場は美深にある森林公園美深アイランドキャンプ場です。

道の駅びふかの真裏にあって、古くは天塩川の半月湖によってまるで島のような場所にあるキャンプ場です。
その敷地内には美深温泉もあって、長期滞在者も散見できます。
それほど居心地の良いキャンプ場なのでしょう。
利用料金は200円。
場所的には稚内や宗谷岬も往復でき、旭川も往復できる距離なので道北のベースとしては使いやすいと思います。
が、どちらもギリギリの距離なので、道北を中心に周りたい、旭川周辺を周りたいと言う向きには不便になるかも知れません。
サイトは白樺の木立にある草地のサイト。
トイレや水場は綺麗に保たれていますが、テントを張る場所によっては非常に遠くなります。
それほどサイトが広いと言う事でもありますが。
買出しは美深の町まで行くしかありませんが、食事をとるなら道の駅や美深温泉内にあります。
入浴は当然のことながら同じ敷地内の美深温泉になります。
入湯料も200円程度だった記憶が。
半月湖が近いという事で、蚊の発生が気になるところですが、私が利用した時期は既に寒くなりつつある時期だったので全く気配はありませんでした。

2008022901.jpg


[READ MORE...]
上富良野町日の出公園オートキャンプ場
北海道のキャンプ場を紹介するのも、このキャンプ場を含めてあと2つ。
備忘録を確認すると案外あるのね…と言う感じ。
今回は上富良野にある日の出公園オートキャンプ場です。

上富良野の中心部に近い日の出公園の裏手にあるキャンプ場で、オートキャンプ場と名乗る事だけはある充実した施設のあるキャンプ場。
利用料金は、富良野周辺の有料キャンプ場の平均価格と言うべき500円。
センターハウスとしての機能のある管理棟にはコインランドリー、温水シャワー、自販機等が設置してあり、そのどれもが良心的な価格で利用できます。
そう言うところにも、このキャンプ場の人気の高さがあります。
おそらく富良野周辺随一でしょう。
サイトはオートサイトとフリーサイトがあり、フリーサイトは平らな所から、丘を登って行くような段々畑状態の所とがありますが、どれも芝生のサイトです。
トイレや水場もしっかりと管理されていて綺麗です。
買出しや入浴は歩いて行こうと思えば、歩いて行けなくはない所に温泉やスーパーがあります。
温泉(フラヌイ温泉)は少々高めの600円ですが、お湯はとても良いです。
スーパーも道道を挟んで両側にあり、比較的安く食材が手に入ったりします。
富良野観光の拠点としては悪くないですが、ゆっくり過ごしたい方や静かな所が好きな方は、混雑するキャンプ場なので避ける方が良いかもしれません。

2008022801.jpg
バーベキューハウスみたいなのもあり、雨の日でもそこを利用すれば苦労せずに済みます。
[READ MORE...]




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking