只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



このブログむかつく!
今日はオイル交換をしました。
で、そのレポートを長々と書いていたんですけど、キーを押し間違えたらしく、いわゆるブラウザの戻るボタンを押したような状態になりました。
どうなったかと言うと、長々時間をかけて書いたブログの記事がすっ飛びました。
以前にも同じ事をして、書く気が失せたんですけれど、連載中の内容だったので止む無くもう1度同じ内容を書き込みました。
でもね、今日は流石にそういう気分になれんわ。



俺の30分を返せ!このやろー!!
スポンサーサイト
次回のツーリング予定
このブログも次回のツーリングまでは、ロクな更新はありません。
宜しければ、リンクを辿って私の本サイトでお楽しみいただければと。

一応、次に考えているのは、和歌山県は龍神高野スカイラインか、長野県は志賀草津道路~ビーナスラインです。

その前にタイヤ交換やオイル交換、ブレーキパッドにエアエレメントの交換と、メンテナンスに多少の時間と沢山のお金を取られてしまいます。
もう夏になってしまっているのかなぁ・・・
無事終わりました。
本日のツーリングは大きなトラブルも無く無事終了いたしました。
詳細なレポートについては、本サイトにてアップ予定です。
吹田SA
20050619184206
いよいよ最後の休憩場所に帰ってきました。
途中、事故渋滞があって随分と疲労してしまいました。
残り僅かなので、気を抜かずに帰りたいと思います。

別所PA
20050619165114
只今、姫路バイパスの別所PAにたどり着きました。
次に明石SAで給油を済ませると、吹田SAが最後の休憩になります。
この調子だったら明るい内に帰れそうです。
雨の心配も無くなりましたね。

一本松
20050619151209
只今、岡山ブルーラインの道の駅一本松にたどり着きました。
本日のメインとなるものはほぼ終了。
残す所、バイパスと高速のみ?

鷲羽山
20050619124507
本日の目的地、鷲羽山にたどり着きました。
展望はやや霞んでいます。
それにしても暑い!
汗がとまらん…

岡山ブルーライン
20050619103908
R2の流れも良く岡山ブルーラインにたどり着きました。
カラッと晴れいませんが、雨の心配はありません。
景色はなかなか良いです。

明石SA
20050619085103
次の待ち合わせ場所である明石SAに到着しました。
今のところ参加者はタンデム含めて3人です。
気温上昇中!

吹田SA
20050619072103
最初の待ち合わせ場所である吹田SAに到着。
ここってバイク専用の駐車場が無いのですね。

ツーリングOFF
明日は天気も良さ気なので、予定通りツーリングOFFを開催します。
ようやくここも本来の使い方が出来るわけですね。

緊急の用事はこの記事にコメントをつけていただきますようお願いします。

尚、携帯版ブログは下記のアドレスです。
http://realtimetouring.blog12.fc2.com/?m
短期連載!超個人的ツーリングギア選びその3
2.ウェア類

1) ツーリングには雨はつき物。
この雨を快適に楽しく過ごせるかが、実は大事なポイントなので、雨対策と言う事がひとつ。

2) どうしてもバイクと言うのは体をさらけ出してしまうので、事故や転倒の際には怪我をする確率が高いです。
安全面から見たウェア選びと言うのがひとつ。

3) 最後に疲労軽減から見たウェア選びがひとつと言う事です。


最後の2つに関しては、バイク用のウェアを選べば、先ず満たされている項目だと思います。
なので、雨対策と言うのを重点的に書いて見たいと思います。

バイクウェアの中でも、ゴアテックスなどの防水透質素材が使われているモデルがあります。
これはレインウェアなどが無くてもその役目を果たすと言うものです。
突然の雨に出会う等緊急を要した場面等でないがきり。こう言ったウェアに優位性は感じないと思います。
こう言ったウェアは随分と割高で、その差額でレインウェアが買えてしまうほどです。
なら、私は性能の良いレインウェアを購入する事を勧めます。
考えても見てください。
ゴアテックスの使われたウェアで雨の中を走る。
確かにウェアの中は快適に保たれている事でしょう。
しかし、休憩や食事などをする場合、そのウェアはどうしますか?
レインウェアなら脱いでおけば先ず問題になりませんが、そういったウェアは脱ぐわけには行かないでしょう?
だから私は、ウェアには防水性能を求めたものでなくても良いと思います。
出来ればレインウェアにお金をかけて欲しいです。
ただ、このゴアテックスなどの素材が使われているのもで、積極的にお勧めしたいものがあります。
それはシューズです。
シューズカバーと言う手もありますが、これは脱着に手間取ります。
休憩の度に脱着するのは億劫ですね。
その点シューズなら、履きっ放しでも問題はありません。

最後はグローブですか。
個人的には素材のやわらかい皮革製のものをお勧めします。
操作の邪魔にならない薄手のものが良いですね。
防水性に関しては、それ専用のグローブを用意した方が良いと思います。
やはり操作には若干の違和感を覚えますから。
短期連載!超個人的ツーリングギア選びその2
1.バッグ類。

先ずは使用目的をはっきりさせる事。
日帰り程度なら、タンクバッグ、シートバッグの小さいものがオススメです。
とは言いません。
意外にもタンクバッグと言うのはバイクの操作を阻害してしまう事が多いのです。
特に容量の大きいものは。
どうしても地図などを見る為にタンクバッグが欲しいと言う方は、レインウェア等、日帰りツーリングに必要最小限のものが入る容量にしましょう。
バイクに収納スペース(シート下等)があるのなら、地図だけを収納できるタンクバッグ(と呼べるのか?)が良いと思います。
収納スペースが無く、かつ、地図もバイクに乗りながら見ないと言う方には、シートバッグをオススメします。
日帰り程度なら5L程で充分です。

次に、宿泊ツーリング。
宿泊ツーリングでも、宿を利用する方には着替えが増える程度で、日帰りとそんなに変わらないと思います。
が、宿泊地でリラックスしようと言う方なら、バイクウェアのままだと動きづらいので、サンダルやジャージ等も有った方が良いと思います。
+10Lの余裕があれば良いとおもいます。
宿泊ツーリングでも、キャンプをするという方は、もう少し考えて見ましょう。
寝るだけの道具を積むなら40Lくらいのシートバッグで事足りるのですが、食事も作るとなると、60Lクラスのシートバッグが必要です。
更に、ツーリングの期間が長くなると、それでも物足りなくなります。
長尺物(45cm程)が入れられる。防水性もしくは防水する事が簡単に出来る。と言うのがポイントになります。
また、すぐに取り出さないといけないものがすぐに取り出せる構造になっているのが良いですね。
まあ、この辺は工夫次第です。
究極はハードケースだと思います。
荷物の盗難に於いても、防水性に於いても1番ですね。

では、日帰りもするけれどキャンプツーリングもする、と言ったケースを考えてみると、小さなタンクバッグ(5L程)と大きなシートバッグ(60L程)を購入すれば無駄がないと思います。

また日帰りと1泊程度の宿を利用したツーリングには、15L程度のシートバッグがオススメですね。容量が可変できるタイプなら使い勝手が上がるでしょう。
比較的大きな容量のタンクバッグはオススメしません。
(使えそうに思えて、その実、あまり使えないでしょう)
タンクバッグが欲しいのなら、小さな容量が良いと思います。
プラスしてシートバッグを。

1週間以上の旅に出る!
と言う方は、容量よりも防水性を重視しましょう。
あとは積み方ですね。
出来るだけ重心が高くならないようにしましょう。
振り分けバッグなんかは有効です。
ただ、振り分けバッグの使い道と言うのは、ロングツーリング限定になる可能性が高い。とだけ言っておきます。

そして、デイパックに代表される、身につけるタイプのバッグですね。
私はこの手のものはオススメしません。
まず、防水が困難です。それに身に付けていると言うのは、疲労がたまりやすいです。

最後に、ネットを見て回った結果、ケース別にオススメ商品を上げておきます。

日帰り~宿ツーリング派

タンクバッグ
ラフ&ロード 6L→10Lの可変容量タイプ。
http://www.webike.net/catalogue/bag_roughandrord/RR-6040.html
RSタイチ 可変容量でシートバッグにもなる。
http://www.webike.net/catalogue/11171/RSB202.htm

シートバッグ
ゴールドウィン 容量可変
http://www.webike.net/catalogue/11390/GSM7500.html

キャンプツーリング~ロング旅派

シートバッグ
ラフ&ロード
http://www.webike.net/catalogue/bag_roughandrord/RR-5602.html
http://www.webike.net/catalogue/bag_roughandrord/RR-5666.html


その他、情報はこちらから。
http://www.webike.net/bm/32603123/
短期連載!超個人的ツーリングギア選びその1
バイク選びは不評のまま終わりましたね?

今回はツーリングギア選びについて、講釈をたれたいと思います。
ツーリングにも日帰りからロングと色々とありますが、その両面から見て、無駄の無いギア選びを考えてみたいと思います。

今後、予定している内容。

1.バッグ類
2.ウェア類


だけです・・・
短期連載!超個人的バイク選びまとめ
バイク選びに関して、色々と書かさせて貰いましたが、これはあくまで私の個人的な意見であり、全てが正しいと言うものではありません。
バイク選びに関して最も重要なのは、「気に入ったバイクを買う」事だと思います。
ただ、いくつか候補がありどれにしようかな?と迷っている方には何らかの道標にしていただきたいと思い、筆を取った次第であります。

例えば・・・
ホンダのGB250とヤマハのSR400で迷っているとする。
もし、自分自身のバイクライフのスタイルが日帰り中心のツーリングだとすると、SR400を選んだ方が幸せになれる可能性が高い。
いや、ツーリングもするけれど、通勤通学がメインだ。と言う方は、GB250を選んだ方が幸せになれるかもしれない。

例えば・・・
カワサキのZRX1200RとスズキのGSX1400ではどちらがツーリングに向いていますか?
そんな質問はやめてくれ。
排気量差はあるけれど、これくらいになるとその差は微々たる物。
気に入った方を選んでくれ。

例えば・・・
ヤマハのドラッグスターとマジェスティで悩んでいる。
どのように自分自身はバイクライフを楽しむのか。
さあ、考えてみてくれ。


まとまってませんな。
短期連載!超個人的バイク選びその4
さて、「超個人的バイク選び」も今回を持ちまして、一段落つけたいと思います。
何故なら、あまり得意な分野ではないからです。

3.レースに興味があり出てみたい。

バイク選びとして、あまり口を挟む事ではないですね。
レーサーを買うもよし、自分の手持ちのバイクで出場するもよし。
レギュレーションを守れるものなら何でも良いんじゃないですか?
(無責任)


4.通勤、通学などの足として。

基本的に毎日乗るものなので、乗るのが億劫にならないものが良いと思います。
軽くて燃費の良い4st単気筒のバイクがオススメ。
あまり長距離じゃなければ、原付2種が良いですね。


5.カスタムを楽しみたい。

まあ、好きなものを買いなさい!(適当)


次回はまとめで締めくくります。
あまりにも参考にならなさ過ぎますか?
短期連載!超個人的バイク選びその3
2.操る楽しみを覚えたい。

バイクを乗り出すようになると、操る楽しみと言うのは徐々に湧いて出てくる、案外重要なポイントです。
今回はそのポイントについて考察したいと思います。

あまり長くなるのもあれなんで、簡単に言いますと・・・
クルーザー
スクーター
ビジネスバイク

は、向いていないと言う事です。
もともと、操る楽しみを覚えるバイクじゃありませんからね。

もし、自分の気に入ったバイクが、上記に当てはまるようなら、操る楽しみと言うのはあきらめた方が良いです。
それに期待するのは間違っていますから。


短期連載!超個人的バイク選びその2
1.色んな所に出かけてみたい。

平たく言えばツーリング。
バイクの最大の楽しみ(超個人的)ツーリング。
今回はツーリングに適したバイク選びについて考察したいと思います。

ツーリングと一言で言ってみても様々なスタイル(カットビ、マッタリ、道なき道を行く?等等)があると思います。
先ずはそのスタイルに合わせる事は勿論なのですけれど、一番大事なことは自分自身の気に入ったバイクにする。
気に入ったバイクなら、多少の辛さや不具合も乗り切れる。
「あばたもえくぼ」になります。

とまあ、このままでは話が終わってしまうので、ツーリングスタイルの中でも、日帰りか宿泊か、にスポットライトをあて考察したいと思います。

先ずは日帰りツーリング。
日帰りツーリングで重要なポイントは排気量だと私は考えます。
排気量=走行距離
排気量を上げると、行動範囲が広がります。
今まで小さな排気量で、我慢していた方は、排気量を上げる事によって、今まで躊躇していた場所が身近になったりします。
休みの取れない、週末だけのツーリストは排気量を重視してバイクを選んでみては?

続きまして宿泊ツーリング。
1泊程度で宿泊施設を利用すると言う方なら、日帰りツーリングのバイク選びに準じて問題ないと思います。
むしろそうした方が良いと思います。
2泊以上で、しかもキャンプツーリングとなると、荷物の量は相当なものになります。
宿泊ツーリングで重要なポイントは排気量よりも荷物を沢山積めるかどうか。にあると私は考えます。
最低でもタンデムシートが装備されている。無ければキャリアが取り付けられる構造になっている。
タンデムシートは地面に対して水平で座面が広くフラットなものが良いでしょう。
荷掛けフックも装備されているものが良いでしょう。
あと、満タンでの航行距離も重要と言えば重要。300km以上が望ましいです。
まとまった休みの取れるツーリストで、ロングツーリングに出かけてみたいと言う人は、
バイクにどのように荷物が積めるか、購入前にバイクを眺めながら想像してみては如何でしょうか。

最後に。
フェアリングやスクリーンは想像以上に疲労を軽減してくれます。
ロードスターはハーフカウルやビキニカウルが装備できるのもが良いでしょう。
デュアルパーパスやクルーザーはスクリーンの大きなものが良いでしょう。
アフターパーツで風を防いでくれるものがあるのなら、装着をオススメします。
短期連載!超個人的バイク選びその1
折角、スペースをお借りしたので、しばらくは超個人的シリーズで間を持たせたいと思います。
その第1弾としてバイク選びと題して、連載したいと考えています。
これは私の超個人的な意見なので、参考程度に聞き流してもらえたらと。
好評を博せば、myサイトにてスペースを設けようと思います。

さて、皆さんがバイクを購入しようとする時、その選択の大部分は「スタイルに惚れた」と言うのがあると思います。
勿論、私自身もそれが1番の理由だと思っているのですが、ここで少し考えて欲しい事があるのです。
それはバイクライフを長く良いものにする為の、私からの提案なのです。
バイクを購入して、そのバイクでどんな事をして楽しみたいのか。購入後の少し先のビジョンを見て欲しいと思うのです。
単に「スタイルに惚れた」だけでは、そのバイクに長く乗る事が困難だと思うのです。
先ず、その少し先のビジョンをいくつかに分けて見たいと思います。

1.色んな所に出かけてみたい。
2.操る楽しみを覚えたい。
3.レースに興味があり出てみたい。
4.通勤、通学などの足として。
5.カスタムを楽しみたい。


等等。
大体は1つだけでなく、2つ、3つと要素が重なり合い、選択の幅がこれまた広がってしまうのですが、そのどれを重視するかによって車種の選択は絞れると思うのです。
次回からは、ビジョン別に考察していきたいと思います。

ブログ始めました
とりあえず、ブログを始めるに当たって、このスペースをお借りしました。
基本的に更新はツーリングに出かけてからということになります。
携帯で投稿できるようなので、ここを選んでみたんですけれど、今ひとつ使い方が分からん・・・




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking