FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



短期連載!超個人的バイク選びその2
1.色んな所に出かけてみたい。

平たく言えばツーリング。
バイクの最大の楽しみ(超個人的)ツーリング。
今回はツーリングに適したバイク選びについて考察したいと思います。

ツーリングと一言で言ってみても様々なスタイル(カットビ、マッタリ、道なき道を行く?等等)があると思います。
先ずはそのスタイルに合わせる事は勿論なのですけれど、一番大事なことは自分自身の気に入ったバイクにする。
気に入ったバイクなら、多少の辛さや不具合も乗り切れる。
「あばたもえくぼ」になります。

とまあ、このままでは話が終わってしまうので、ツーリングスタイルの中でも、日帰りか宿泊か、にスポットライトをあて考察したいと思います。

先ずは日帰りツーリング。
日帰りツーリングで重要なポイントは排気量だと私は考えます。
排気量=走行距離
排気量を上げると、行動範囲が広がります。
今まで小さな排気量で、我慢していた方は、排気量を上げる事によって、今まで躊躇していた場所が身近になったりします。
休みの取れない、週末だけのツーリストは排気量を重視してバイクを選んでみては?

続きまして宿泊ツーリング。
1泊程度で宿泊施設を利用すると言う方なら、日帰りツーリングのバイク選びに準じて問題ないと思います。
むしろそうした方が良いと思います。
2泊以上で、しかもキャンプツーリングとなると、荷物の量は相当なものになります。
宿泊ツーリングで重要なポイントは排気量よりも荷物を沢山積めるかどうか。にあると私は考えます。
最低でもタンデムシートが装備されている。無ければキャリアが取り付けられる構造になっている。
タンデムシートは地面に対して水平で座面が広くフラットなものが良いでしょう。
荷掛けフックも装備されているものが良いでしょう。
あと、満タンでの航行距離も重要と言えば重要。300km以上が望ましいです。
まとまった休みの取れるツーリストで、ロングツーリングに出かけてみたいと言う人は、
バイクにどのように荷物が積めるか、購入前にバイクを眺めながら想像してみては如何でしょうか。

最後に。
フェアリングやスクリーンは想像以上に疲労を軽減してくれます。
ロードスターはハーフカウルやビキニカウルが装備できるのもが良いでしょう。
デュアルパーパスやクルーザーはスクリーンの大きなものが良いでしょう。
アフターパーツで風を防いでくれるものがあるのなら、装着をオススメします。
スポンサーサイト







FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking