FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



トラブルの顛末
前回のツーリングでトラブルに見舞われたR1100Sの修理が完了しました。
その連絡を受けて、今日は引き上げに行ったのと同時にトラブルの内容をショップから聞けたので報告したいと思います。

当初、トラブルの原因はカーボンの堆積と聞いていましたので、どのくらい堆積しているのか、現物を見せてもらえるので関心がありましたが、現物を見てこの程度なんか?と言う疑問もあり、そこのところを伺ってみると、どうやら主だった原因ではないらしいのです。
こう言ったトラブルで入院する固体は今までに数件有ったらしく、どれもはっきりとした原因は分かっていないそうです。

で、トラブルの方はと言うと、ピストンの一部が溶けて穴が開いてしまい、その影響でシリンダーを傷つけたと言うものでした。
それだけでは済んでいません。
その影響はクランクオイルシールとブリーザーシールを吹き抜けさせると言うところまでおよんで、ミッションassyを降ろす事になったそうです。
工賃だけで10万円と少し掛かりました。
その他保証外部品もあわせて12万円弱の修理費用がかかりました。


2005121001.jpg

今回のトラブルを起こしたピストンです。
ピストンリング周辺に溶けて穴が開いてしまっています。
裏っ返すと良く分かったのですが、写真を撮るのを忘れました。
カーボンの堆積はそれほど酷くないように見えるのですが。
金属が溶けて散ったような跡があります。
写真の白く点々となっている部分です。

2005121005.jpg

拡大版


2005121004.jpg

交換した右シリンダー。
メッキシリンダーなのでボーリング等で再利用することは出来ないらしいです。

2005121002.jpg

拡大して傷ついたヶ所が見えると思います。

2005121003.jpg

シリンダー内部を見えるように撮影。
実はピストンスカートのあたる部分両側に傷がついているようです。
溶けた側だけでなく。

その他、ミッションを降ろしたついでに、オイル漏れのトラブルを起こしやすいシールを交換していただいたようです。
シリンダーヘッドは両側ともオーバーホールして、タペットクリアランスなども適正な値にしていただきました。

新しいシリンダーとピストンなので、馴染むまでは慣らし運転のようなものが必要です。
スポンサーサイト



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking