只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



航海中
20060731214239
初めて乗る寄港便は色々と勝手が違います。
高速船じゃないし、各デッキに出る事も出来ます。
これだけ船の速さが違うと、鈍い私でも分かります。
そして、少しだけ陸に近い所を航行する為か、電波も届く事が多いです。

っと、記事を書いていると電源が切れて、電源を確保するのに時間がかかって、ようやく…

スポンサーサイト
あっと言う間に敦賀港
20060731093614
敦賀港に辿り着きました。
乗船時間ギリギリでした。
予約はせずにやって来ましたが、無事乗船出来ました。
バイクは10数台って所ですが、ほとんど秋田行きみたいです。
ねぶた祭りが目的のようですね。
ひとつのライダーのお祭りみたいなもんですから。

出発!
20060731093319
ねぶた祭りに向けて出発します。
前回のツーリング中に壊れたボックスを新しくしました。
なかなかスマートに積載出来ているんじゃありませんか?

明日から
明日から盆明けまで暇な時間が出来ました。
ある程度予想されていた事ですが、私が描いていた青写真通り、事が運ぶ事となりましたので、明日よりまた北上を開始します。
取り敢えずの目標は本サイトに書いたとおり青森です。
その後、さらに北上するかは気分次第?

明日は朝から行動開始ですが、ほとんどを洋上で過ごす予定なので、更新頻度は前回より低いかもしれません。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道東編 後半)
さて、北海道ツーリング写真集も今回で最後です。
無事に、今月中に記事が上げられてほっとしています。
何故なら…

この続きは明日以降の記事にて。

さて、最終回の写真集です。

104.jpg
尾岱沼港に浮かぶ漁船。

105.jpg
白鳥台PAから野付水道を眺める。

106.jpg
風連湖の砂嘴へと向かう道。

107.jpg
走古丹原生花園。

108.jpg
風連湖展望台?
風連湖の姿はほとんど見えないのに…

109.jpg
ヤウシュベツ川湿原。

110.jpg
北方原生花園。

111.jpg
納沙布岬にある火のモニュメント。

112.jpg
納沙布岬。

113.jpg
花咲岬。
根室車石ってのはどれ?

114.jpg
花咲港。
太平洋から上がってくる霧に包まれ始めているのが幻想的。

115.jpg
落石漁港。
低く垂れ込めた霧が切り立った岬にかかって幻想的。

116.jpg
琵琶瀬展望台から眺めた霧多布湿原。

117.jpg
コッタロ展望台から眺めたコッタロ湿原。

118.jpg
オンネトー。
しかし、天気が悪いと景色もイマイチ。

119.jpg
糠平ダム。

120.jpg
糠平湖に沈むタウシュベツ橋梁。

121.jpg
タウシュベツ橋梁を望む林道から。
向こうに見える山は方角的にウペペサンケ山?

122.jpg
フンベの滝。

123.jpg
望洋台から黄金道路(R336)を眺める。

124.jpg
襟裳岬。
残念ながらゼニガタアザラシの姿はありませんでした。

125.jpg
エンルム岬。
岬に上がれるみたいでしたが、相当登らなければならないようだったのでパス…

取り敢えず、これで写真集は終わりにしますが、レポートのまとめが大変だな。
と言うか、しばらく出来ない事情が発生したので、もう少しこのブログでお楽しみ下さい?

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道東編 前半)
今回から道北編です。
残す所も後2回。

084.jpg
津別峠展望台から雄阿寒岳方面を見ると、横には雌阿寒岳も見えます。

085.jpg
津別峠展望台から屈斜路湖を眺めて。
美幌峠と比べてマイナーな感じがしますが、眺めはこちらの方が好きですね。

086.jpg
美幌峠にある美空ひばりのなんかの碑。

087.jpg
美幌峠から見た屈斜路湖。
先程の津別峠と比べて如何ですか?

088.jpg
美幌峠のワインディング。

089.jpg
屈斜路湖畔林道から中島を眺めて。
屈斜路湖畔林道は指折り数える程度しか屈斜路湖を展望出来ませんが、その内の一番美幌峠よりから。

090.jpg
藻琴山展望台から屈斜路湖を眺めて。
向こうに雄阿寒岳が見えます。

091.jpg
R391を藻琴から川湯方面に南下して行くと眼前に硫黄山が迫ってきます。

092.jpg
摩周湖第3展望台から摩周湖を眺めて。

093.jpg
同じく摩周湖第3展望台から屈斜路湖を眺めて。

094.jpg
裏摩周展望台から摩周湖を眺めて。

095.jpg
神の子池。
露出は落とし気味で。

096.jpg
開陽台から中標津の街を眺めて。
と言うものの、天気が悪いな。。。

097.jpg
お馴染みの?北19号線です。

098.jpg
R244を標津から斜里に向かっていると突如現れる巨大な橋梁。
道の反対側にもありますが、森の中へと入って行ってしまって、全容を見ることは叶わない?

099.jpg
斜里の農場風景。

100.jpg
オシンコシンの滝。

101.jpg
R334より羅臼岳を望む。

102.jpg
知床峠。

103.jpg
マッカウス洞窟のヒカリゴケ。
目一杯絞って、露出時間を長めに。

前半はこのくらいで。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道北編 後半)
道北編 後半です。

062.jpg
美瑛にあるマイルドセブンの丘周辺。

063.jpg
同じく。

064.jpg
親子の木へと向かう道。

065.jpg
親子の木。

066.jpg
親子の木周辺が美瑛で一番美瑛らしい風景だと、個人的には思います。

067.jpg
セブンスターの木。
はっきり言ってあまりオススメではないです。

068.jpg
ケン&メリーの木。

069.jpg
北西の丘から見た眺め。
ピンと来ない風景だと思います。

070.jpg
千代田の丘からの眺め。
案外隠されたスポットかも?

071.jpg
三愛の丘からの眺め。

072.jpg
新栄の丘からの眺め。

073.jpg
ノロッコ号。

074.jpg
美馬牛小学校の校舎。

075.jpg
ジェットコースターの路。

076.jpg
江花パノラマロード。

077.jpg
彩香の里の早咲きラベンダー。

078.jpg
ハートヒルパーク展望台から富良野市内を眺める。

079.jpg
道道253号線を麓郷へ向かっている最中にあった風景。

080.jpg
五郎の石の家。

081.jpg
麓郷展望台付近の風景。

082.jpg
麓郷展望台から見た風景。

083.jpg
道道253号線を麓郷から東山に向かっている最中にあった風景。

と、道北編は終わりです。
少し投げやり感漂う今回の記事でした。
次回からは道東編をお送りします。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道北編 前半)
今日からは道北編です。

039.jpg
道道252号線から見た智恵文の農場風景。


040.jpg
智恵文のひまわり畑周辺。
なんですけれど、ひまわりは時期が早かった所為か全く無しです。

041.jpg
道道106号線、通称「オロロンライン」に並ぶ風力発電の風車。

042.jpg
サロベツ原野を走る道道444号線。

043.jpg
サロベツ原生花園なんですけれど、花は年々減ってきているそうです。
惜しいですね。

044.jpg
道道84号線で見つけた交通安全と書かれた建物。
既に廃屋となっているものの再利用方法なんでしょうか?

045.jpg
クローバーの丘からクッチャロ湖を眺める。
天気が思わしくないので、クッチャロ湖は泥水のような色をしています。

046.jpg
エサヌカ原生花園の中を走る道。
2006年度版ツーリングマップルに載っていたので行ってみたのですけれど、天気がイマイチで思うような風景ではありませんでした。

047.jpg
宗谷岬です。
観光客多し。

048.jpg
宗谷丘陵の中を走る道から。
道北の最果て感が薄れるような風景です。

049.jpg
稚内駅。
最北端の線路です。

050.jpg
ノシャップ岬。

051.jpg
道道254号線から外れて利尻富士を眺める。

052.jpg
牧草ロールと利尻富士、は小さくて見づらいですね。

053.jpg
牧草地にて。

054.jpg
これがホントの牧草ロールと利尻富士。

055.jpg
夕焼けの利尻富士。

056.jpg
道道106号線「オロロンライン」にて。

057.jpg
夕日に染まる?風力発電の風車。

058.jpg
気になった風景。
本来ならここから利尻富士も見えるんですけれど。

059.jpg
気になった風景。
既に使われる事のなくなった鉄橋。
これは初山別で見つけたものです。

060.jpg
既に使われなくなった鉄橋。
これは幌加内で見つけたものです。

061.jpg
道道72号線の直線部で逃げ水を撮ろうとして。
難しいですね。

道北編 前半はこのくらいで。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道央・道南編 後半)
道央・道南編の後半です。

024.jpg
小樽運河ですけれど、昼間はあまり情緒がないです。

025.jpg
蘭越の薬師温泉から蘭越市街地に抜ける林道で発見した廃屋。

026.jpg
R229の雷電岬付近。

027.jpg
神仙沼その1。

028.jpg
神仙沼その2。

029.jpg
神仙沼その3。

030.jpg
神仙沼その4。

031.jpg
神仙沼その5。

032.jpg
神仙沼その6。

033.jpg
神仙沼のレストハウス裏から岩内市街地を眺める。

034.jpg
毛無峠の展望台から小樽市街地を眺める。

035.jpg
ミズナラで健康祈願の千本ナラ。

036.jpg
R231の雄冬岬付近。

037.jpg
道道94号沿いで見つけた廃屋。

038.jpg
御料峠から暑寒別岳を眺める。

道央・道南編は以上です。
次回からは道北編をお送りします。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

北海道ツーリング写真集(道央・道南編 前半)
先日ツーリングしてきた北海道の写真をある程度まとめられたので、ブログにて先行公開。
機材は
オリンパス E-500
ズイコーデジタル 14-54mm 1:2.8-3.5
北海道上陸前半はフルオートで撮影していましたが、2日目の途中からマニュアルにてブルーが際立つようにと色々といじってみました。
簡単に説明すると、内臓露出計にて-1.0~-0.7に露出が行くように絞りとシャッタースピードをいじってみました。
当初は両極(f=2.8or22)で、シャッタースピードをいじる感じでしたが、最終的には風景写真はf=11付近で落ち着きました。
シャッタースピードも1/250~1/80付近でしたね。
そのお陰か、手ぶれの酷い写真もいくつか。。。
それでは行ってみましょうか。

001.jpg
室蘭の道の駅で野宿する直前に撮影したものです。
ライトアップ?されているのは白鳥大橋です。

002.jpg
その翌朝。
朝焼けが印象的だったので。

003.jpg
地球岬にあるモニュメント。

004.jpg
地球岬にある灯台と噴火湾。

005.jpg
測量山にある電波塔。

006.jpg
室蘭市内を一望。

007.jpg
噴火湾をぐるっと進んで駒ヶ岳が良く見える場所まで。

008.jpg
函館市内にある外人墓地です。
仏さんになっても海の見えるところに居たかったのですね。

009.jpg
函館山に続く石畳の道。

010.jpg
北海道の道の基点にあるモニュメント…かな?

011.jpg
大沼から駒ヶ岳を眺めた所。
この辺りからカメラの設定をいじり始めたと思います。

012.jpg
せたな町にある風力発電のプロペラ。
この風力発電のプロペラの一部が日本初の洋上にある通称「風海鳥」です。
ひょっとするとすべてそう呼ぶのかもしれません。

014.jpg
こちらが「風海鳥」の全景。
かなり分かり辛いですね。

015.jpg
三本杉岩と言うそうです。
「風海鳥」の近くにあります。

016.jpg
弁慶岬。

017.jpg
名もない道から雷電山や目国内岳を望む。
少し印象的だったので。

018.jpg
夕日に染まる後方羊蹄山。
もっと赤く染まる日があるみたいです。

019.jpg
積丹半島を走るR229。
日本海側は奇岩が多いですね。

020.jpg
神威岬。
すこし良くない天気なので眺めが今ひとつと言った感じです。

021.jpg
神威岬に咲くエゾカンゾウ。

022.jpg
神威岬の先端からの眺め。

023.jpg
積丹岬。
島武意海岸までは長い道のり?

と、前半はこのくらいにしておきますか。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

無事に
無事に自宅に帰ってきました。
3週間のツーリングでしたが、今までの規模を考えると十分に充実したものでした。
天候にも比較的恵まれた方だと思います。
お陰で、予定していたもののほとんどが回れた訳ですし。
しかし、取りこぼしたものも多い。
北海道をまわるには3週間ではまだまだ足りないですね。

さて、次のツーリングの準備を。。。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

家路に
20060722222412
敦賀港から自宅までは90kmちょっと。
順調に走れば1時間半程で辿り着きます。
フェリーで沢山バイクが乗っていたので、帰り道は少しマスツーリング気分です。

そして、順調に帰って来て、自宅まで10数kmの所にある道の駅で休憩しています。
後10数分で、無事今回のツーリングが終わりますね。

敦賀港
20060722221204
長い船旅を終えて、ようやく敦賀港に辿り着きました。
敦賀港の天気は曇り、気温27℃とアナウンスがありましたが、思った程暑くはありませんね。
日差しが無いからでしょう。

後1時間
20060722193010
後1時間で敦賀港に入港です。
後部デッキに出て風を感じると、北海道のそれとは違う、湿っぽく温かい、どこか不愉快な気分にさせてくれます。
雨の心配は今の所無い感じですが、予断を許さないものです。
船旅も慣れては来ましたが、退屈なものは退屈ですね。

船旅
乗船直後に一風呂浴びて、飲んだくれた後は記憶が曖昧です。
寝起きは頭が重く、朝風呂で一汗かいて解消したものの、再びビールを一杯。
実は、北海道にツーリングする少し前からダイエットに取り組んでいまして、ツーリング中は体重の維持に努め、多少の食べ過ぎでもボーダーラインを割らなかったのですが、何か一気に気が抜けて、ボーダーを突破しそうな気が…
船旅は退屈なんでついつい気が緩んでしまいます。
天候はまずまず何ですけれど、敦賀に着く頃はどうなる事やら。

只今、能登半島沖で電波の状況は良好です。
後5時間で船旅も終わりですね。
しかし…
20060721234555
沢山のバイク乗りは歓迎でしたが、ほぼ全員オッサンと言うのは如何でしょう?
しかも、小グループでツーリングしている感じです。

ここでの出会いは無いですね…

乗船しました
先程、無事に乗船しました。
今回、フェリーの予約は全くせず、余裕で乗れると思って居たのですが、バイクの数は今までで一番だと思います。
船室は2等を希望したのですが、2等寝台となりました。
2等で慣れている私としては、2500円余分に払うのは痛いですね。
苫小牧東港
20060721194814
苫小牧東港に辿り着きました。
これで今回の北海道の旅は終わりです。
まだ自宅までの道のりが残っていますので、気は引き締めておきたいですね。

さて、少々早いですが、このブログにコメントを寄せて頂いた方に大変感謝の意を述べると共に、一緒になって盛り上げて下さったと私は感じております。
許して頂くなら、このツーリングのまとめは皆様のコメントも採用したいと思っています。
コメントに著作権を放棄していない、採用は控えて欲しいと言う方が居られましたら、来週一杯までにコメントを寄せて下さい。
勿論、管理人にのみ見れるコメントでも構いませんので。
コメント毎の採用も勿論引き受けますので、快い返事をお待ちしています。
尚、何のコメントも無い方はこの考え方に賛同して頂いたものとさせて頂きます。

印象的な夕焼け
20060721193613
買い出しを済ませて苫小牧東港に向かっていると、印象的な夕焼けになっていたので。

R235
20060721175407
日の傾きつつあるR235。
それでも日没までにはまだ時間があります。
時間はあるけれど、特に立ち寄りたい所も無く、フェリー埠頭を目指すだけ。
最後はたいてい呆気ないもの。
何度か経験してくると感慨に浸る事も無く、また少し遅い青春が閉じて行くのですね。
後、1時間ばかり走れば私の北海道の旅はひとまず幕を降ろす事になりますが、旅自体を終えたつもりはいつもありません。
新たな旅の幕開けでしょう?
まだ家に辿り着くまでは気を抜きませんが。

親子岩
20060721164154
ここも通り過ぎる事が多かったので気付きませんでした。
親子岩と言うより親子孫岩ですね。
このアングルでは岩は2つですが、実は3つあります。

エンルム岬
20060721163854
エンルム岬にやって来ました。
今まで気付かずに通り過ぎていましたが、見応えのある岬です。

やはり
20060721163605
やはり日高側は青空の見える天気です。
しかし、何故か気分が乗りません。
さっきの出来事は案外、ショックだったんですよ。

ちょっとした事件
20060721163305
襟裳岬を見て、駐車場に戻って来ると、バイクが倒れていた模様。
ガソリンの流出した跡と荷物がかなりずれて、バイクも停めた覚えのない停め方で停めてありました。
親切な方が起こしてくれたみたいです。
損害の状況をみるとコンテナボックスの取っ手が折れていたのと、底が割れてしまっています。
なんとか帰り着くまでは持ちそうなんですが、この後、焦る出来事がありました。
取り敢えず、コンテナボックスの固定方法を変更して、荷物を積み替えると出発準備は整いました。
が、バイクのエンジンが掛かってくれません。
転倒したら多少掛かり辛くなりますが、そう言うレベルじゃなさそうな感じ。
一応、レッドバロンで購入したバイクなので、最悪そこに引き上げてもらう事も考えましたが、最寄りの店が帯広…
向かう方向でも苫小牧と頼る訳にはいかなそう…
ピンチですか、この状況?
バッテリーが弱るまで頑張りましたが、いよいよ終わりな感じ。
仕方がない、車の人に頼んでジャンパーしてもらおう。
と、車の人を探す前にエアクリーナボックスを開けると、バサッとガソリンがこぼれて来ました。
エアクリーナが1/3程ガソリンに浸かっていました。
原因はこれか…
どこからこんな大量に?
ブローバイからか?
エアクリーナを取り外してガソリンを切ると、エアクリーナを付けずにキックで始動を試みると2発で掛かりました。
エンジンを掛けたままエアクリーナを取り付けて、ひとまずピンチは切り抜けました。
それにしても途方に暮れかけました。
最終日にこんな事になるなんて…って。
その後気付いたのですが、ヘルメットの顎ヒモが酷くキンクしてました。
倒れた時に何かに挟まったんでしょうね。
風の強い時は駐輪に気を付けないと行けませんね。

襟裳岬
20060721160857
襟裳岬にやって来ました。
猛烈な風です。
なかなか写真では伝わりにくいですけれど、湿っぽい風が東から吹き付けています。

しかし…
20060721160558
風が強いです。
流石、襟裳岬。

r34
20060721160305
襟裳岬へと向かうr34に入りました。
すごく見渡しの効く道です。
前方はイマイチな天気ですが、山の方は青空も見えています。
予想通りですね。
しかし…

黄金道路
20060721160002
なかなか天気は回復してくれません。
が、日高山脈が悪さをしていると思うので、襟裳岬を越えると何とかなるでしょう。

フンベの滝
20060721155705
フンベの滝にやって来ました。
ここに止まるのは久しぶりな感じがします。

R336
20060721155655
通称、黄金道路に入りました。
悪天候では進んで走りたくない道ですね。
潮をかぶってしまいます。





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking