FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その1
デジタル一眼を手に入れてから1年が経とうとしています。
流石に1年もすれば、ただカメラにまかせっきりで写真を撮るということは無くなり、基本的な事は理解できるようになりました。
何を趣味にするにしても、やはり奥深く知りたいと言うのは人情ですね。
私の場合は基本などどうでも良く、良い写真が撮れれば良いと思っていました。
しかし、どうしても行き詰るところがあったのです。
この行き止まりは、なかなか解決できません。
そんな訳(どんな訳やねん!)で、自称初級者が初心者へと送るカメラの基本を少々綴って行きたいと思います。
一緒になって中級者、やがてはセミプロレベルまでカメラの事を詳しくなって行きましょうよ!
このブログを通じて、様々なレベルの方から様々なご意見を承りたく思って、しばらく連載していきたいと思います。
タイトルは初心者編とありますがその次(中級者や上級者)はありません。

写真の基本と言えば、絞りとシャッタースピードです。
これだけ理解していれば、写真は面白くなってきます。
実はこの二つは非常に関係が深く、切っても切り離せないものです。
今日は先ず絞りから、私の知りうる知識を披露します。

絞りと言うのは、レンズから入った光を制限するもので、レンズ内に設けられた羽根によってコントロールされています。
小難しく考える必要はありません。
要するに人間の瞳のようなものと考えてください。
光をより多く取り入れるために、暗い場所では広がるでしょ?
逆にまぶしい所に出ると小さくなる。
そんな物だと考えてください。
この絞り量はf値と呼ばれ、値が小さくなると広がり、大きくなると狭まります。
レンズに良く「f=1:2.8」と書かれているのはレンズの明るさを示すとともに絞りの開放側はここまで開放できると言う表示なのです。
※間違っている可能性あり(笑)

それがどう写真に作用するのか?
実は絞りとは被写界深度に非常に関係が深いものとなっています。
被写界深度とは、えらいたいそうな名前ですが(どこかで聞いたフレーズ)、簡単に言うとピントの合う範囲です。
浅い、深いで表現されますが、浅いとピントの合う範囲が狭く、深いと多少のピントハズレも許容してくれます。
では、絞りと被写界深度の関係は、絞りを開放する(f値が小さい)と被写界深度は浅く(ピントの合う範囲が狭く)なり、絞ると深くなります。
初心者の方々、付いて来ていますか?
ここで原理云々は止めておきます。
検索すればいとも簡単に引っかかる訳ですから。
こうすればこうなると覚えておけ!

では、ちょっとした作例から。
2007013003.jpg

2007013004.jpg

この二つの写真は「なるべく」同じアングルで、絞り優先AEで撮影したものです。
絞り優先AEとは、絞りを撮影者側が任意に設定して、露出をカメラ側が決めてくれるモードです。
※間違っている可能性あり(笑)
ピントは手前の杭に当てています。
露出補正はどちらも-0.70で。
焦点距離は54mm(手持ちのレンズで一番影響がわかりやすい)
で、上の写真は絞りf=3.5
下の写真はf=11.0
で撮影しています。

絞りを開放(f値を小さく)している方がピントのあっている範囲が狭いのがお分かりでしょうか?
被写体をクローズアップしたい時には絞りを開放、風景写真のように色々なところにピントを合わせたいときは絞って撮影するの一般的ですね。
スポンサーサイト



テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking