FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その4
このテーマ、なるべく専門用語など使わずに、初心者にも理解できるように努めてきましたが分かりづらい用語や言い回し等があれば遠慮なくどうぞ。

で、あまりランキングが上がっていない(むしろ下がっている!?)所を見るとこの連載はいまいちなのかも知れませんね。
クリックしてくださった方、ありがとうございます。

でも、まだまだ続けるよ~

ってな訳で、今回はレンズについて。
と言ってもあまり多くは語れません!
ドコドコのレンズは描写力が素晴らしい!
なんて事はとても言える立場じゃないので、あくまでどのようなレンズなのかを知る程度です。

カメラを語る上で、レンズと言うのはとても重要な立場にあり、心臓部です。
レンズを交換できる一眼レフタイプなら様々なシチュエーションでそのシチュエーションにあったレンズを選択すると言った「楽しみ」もありますが、沢山レンズを持ってうろうろするのは大変です。
経済的にも。
どんな写真を撮るのかはっきりしていない場合は、標準ズームを選ぶのが普通です。
コンパクトデジカメなんかはカメラを買うのであり、レンズを買う訳ではありませんので、標準ズームが付いているのが普通です。
中にはズームではないレンズのものや、高倍率のズームレンズを備えたりして、一概にカメラを買うと言った風潮は薄れつつあります。

2007020103.jpg

これは私の持っているコンパクトのデジカメですが、どんなデジカメにもレンズの仕様はレンズに刻印されています。
このデジカメの場合は、
焦点距離:7.3-21.9mm
明るさが:f2.8-4.8
といった具合です。
これは焦点距離が7.3mmの時にf2.8の明るさがあり、ズームしていくと最終的には21.9mmの時にf4.8になると言った仕様です。
これだけ見ると、随分と広角なレンズになりますね。
所謂標準レンズと呼ばれるのは焦点距離50mmのもので、この焦点距離50mmと言うのは、人間の目で見たものと「大体」同じ大きさでファインダーに映るレンズです。
コンパクトの液晶画面を見ているとあまり実感は湧きませんが。
一度ファインダーを覗いてみてください。
コンパクトのデジカメにも「大抵は」ファインダーが付いていますので。
この50mmを基準にしてそれより小さく写るのを広角レンズと呼び、大きく写るのを望遠レンズと呼びます。
標準ズームと言うのは、この50mmを前後してズームするのを呼ぶ事が普通です。
まあ、私の場合はめがねをかけている所為か?80mm前後くらいが同じ大きさに見えるんですけれどね。

では、このコンパクトデジカメは先に述べたように広角側に随分と振ったレンズを装着しているのかと言うと、そうでは有りません。
この50mmと言うのは「35mmフィルム換算」の50mmであって、これはデジタルカメラの画像素子が35mmフィルムの受光面積とは違ったサイズの為に起こるものです。
大抵は35mmフィルムより小さい画像素子になります。
その画像素子を35mmフィルムと同じ大きさに見立てた時に、画像が引き伸ばされると言ったイメージです。
例えて言うなら…
コピー機でB5やA4をA3に引き伸ばす感じです。
このA3が35mmフィルムサイズでB5やA4がデジカメの画像素子です。
その引き伸ばされる倍率を掛けたのが換算率で、このデジカメの場合は画像素子が1/1.8インチなので約4.8を掛けたものが「35mmフィルム換算」と呼ばれます。
だからこのカメラは35mm換算で35-105mmの焦点距離を持つ事になります。

極端に言えば、フィルムカメラでフィルムを使用して、7.3-21.9mmのレンズで撮った写真をそのデジカメの画像素子の大きさにフィルムを切り取って現像したものです。
だから7.3-21.9mmの被写界深度等はそのレンズのまんまと言う訳です。

初心者の方は理解できました?
と言うか、私の文章力ですね…
長くなったので続くかも?
スポンサーサイト



テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking