FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



富士ツーリングその10
2007041511.jpg
蓼科スカイラインから北アルプスの白い稜線を眺める

これでR299を越える事は叶わないようになったのだが、次のルートをどうしようかと考える前に、来た道を引き返すような真似はしなかった。
更にR141を北上して、すぐにあったコンビニで休憩のついでにマップルを確認する。
出来るだけロスの少ないルートを考えると、蓼科スカイラインしかなかった。
先程の失敗を繰り返さないよう、地図上に冬季通行止の×印がない事を確認すると、コンビニを出て、佐久市内から慎重に蓼科スカイラインの入口を探る。
R141上に小さな看板が出てあり、それに従って左折し、しばらく進んで丁字路に突き当たると、また看板に従って右折する。
何となく蓼科スカイラインに繋がるような道じゃない気がする。
と言うのも、過去に蓼科スカイラインを走った記憶があると思っていたからだ。
間違ったような道は間違っていなく、そこは間違いなく蓼科スカイライン。
それに確信すると、少しペースアップを図る。
しばらく快調に進むと、路肩に落石や落ち葉が目立ち始める。
何より違和感を感じたのは対向車の少なさだった。
普段なら対向車の少ない事は歓迎なのだが、山深く入り込む時は何となく安心したりする。
蓼科スカイラインのほぼ最高地点に達すると、遠く、北アルプスの稜線が白く輝いている。
なんとも壮大な風景ではないか。
そして、路肩に少なからず雪の残っているのも確認する。
まだまだこの辺りは冬を越えたばかりなんだろう。
その事には一切の違和感も抱かずに先に進み、明らかに人の手の加えられた人工物を見ると、道にはバリケードがしてあった。
「除雪中の為通行不可」だとか書かれた紙が真ん中に貼り付けてある。
バリケードは道の真ん中と言うよりかは、左側に寄せられていて、右側には車の通れるスペースがある。
いや、このバリケードを退かそうと思えば、人一人分の力で十分に退けられる様な代物だったが。
そのバリケードを無視して右側をすり抜けて行くと、そこはスキー場の様で、今は人の気配はない。
それよりも道の舗装の状況が酷く、これなら砂利道の方がいくらかマシだと言えるようなうねり方をしている。
ここで過去に蓼科スカイラインを走ったと言う記憶は完全な勘違いだと言う事に気が付く。
上下にゆすられながら「抜けられますように」と祈りながら先に進むと、両側に雪の壁が迫るようになる。
大河原峠はこちらと言う看板に従って、残り1kmを切ったと思う所でスキー場の頂上と思われる所に辿り着き、そして道はなくなった。


↑皆様のご協力も空しく、閲覧者の限界か伸び悩んでいます。
と、贅沢を言ってみたり。
スポンサーサイト



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking