FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



GWツーリングその10
2007050304.jpg
四万十川と沈下橋に青い空を泳ぐ鯉のぼり

疑心暗鬼になりながら細く急な上り坂を登って行く。
なかなかの険道っぷりで、四国の酷道に負けず劣らずだ。
茶畑を横目に高度を稼いで行くと、やがて天狗高原に辿り着く。
そして、四国カルストへの小さな交差点を、小さな道へと折れて行く。
羊と形容される事のあるカルスト独特の白く小さく突き出た岩を眺め始めると、そこは四国カルストの始まりだった。
お世辞にも綺麗とは言えない路面と、お世辞でも広いとは言えない道幅の道。
のんびりと草を食む牛たちが、時折小さく鳴く。
少しひんやりとした風が頬をなでる。
遠く見晴らしの利かない天気だったが、気持ちがとても落ち着く。
行き交うバイクの姿も少なからずある。
そんなバイクにピースサインを送る。
ここ四国は、北海道に負けず劣らず、ピースサインの文化が濃く残っている。
ひょっとしてGWの期間だけかも知れないが、この文化はいつまでも大切にしたい。
しばらく四国カルストで佇むと、来た道を引き返し、県道48号ではなく東津野城川林道を利用する。
この「東津野城川林道」は四国でベスト3には入るワインディングだと思う。
20km近くに及ぶワインディングは、道幅が十分に確保され、路面もまずまず綺麗。
コーナーも中速コーナーが主体でとても楽しめる。
唯一の欠点としてあげるなら、20km近くリズムが変わらず、終盤は飽きてしまうかもしれない事。
ワインディングに目を吊り上げながら走ったものだから、R197に至る事には少々疲労感も漂ってくる。R197を宇和島方面に走り、道の駅ゆすはらで小休止。
ガソリンを入れてからしばらく走って、また道の駅で小休止。
実はこの道の駅には少なからず縁がある。
道の駅ではなくて、この土地と言った方が良いだろう。
今ではこの町は鬼北町と呼ばれているが、私には日吉村の方が親しみがある。
道の駅から徒歩数分の所に、実は昔の本籍地がある。
道の駅では大好物の「じゃこ天」を3枚購入して、マップルを眺めながら今日のキャンプ地までの道のりを考える。
あと1時間もかからない距離だ。
じゃこ天を食べていると、昔を思い出される。
私の胸にはつっかえたままの感情がある。
このつかえはおそらく一生背負っていかなければならないのだが、それを幾分か軽減できるものなら、と思って、余裕のある時間を使って、本籍地のあった場所まで行ってみる事にした。
それにしてもここのじゃこ天、絶品である。



←俺もじゃこ天が食いたくなった!と言う方はクリックしてね!
スポンサーサイト



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking