FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



GWツーリングその16
2007050311.jpg
すれ違う九四フェリー

3便待ちとなると17:30発の便だ。
佐賀関に着くのはその約1時間後。
明るい時間は、よくあって1時間。
1時間でどれだけ走れるだろうか?
兎に角頭の中は混乱して、引き返す訳にも行かなかったので、仕方無しに3便待つ事にする。
今晩は友人宅に泊めさせて貰うので安心だが、到着がだいぶ遅れるので、心配させないように電話をして、事情を話して遅れる旨を伝えた。
待ち時間は2時間と少し。
それまで時間があったので、走り通しで買い忘れていた友人宅へのお土産を購入し、フェリーの待合室で落ち着く為にコーヒータイムとする。
コーヒーを購入した後、待合室の座席にはマップルを眺めて時間をつぶすライダーが散見できる。
私はその傍らに腰を落とすと、隣のライダーに話しかけた。
「どの便に乗られるのですか?」
話しかけた理由はふたつあった。
ひとつは手前の便の乗られるのかどうかで、どれくらい待ったか。
ふたつは今晩の宿をどうされるのか。
まあ、そんな理由よりも、同じ四国をツーリングしただろう共感からが一番だったのだが。
「同じ便ですよ」
意外な答えが返ってきた。
何故、同じ便だと言い切れるんだろう?
少々面食らいながら話の続きを聞くと、私の直前にやって来たライダーで、私のR1100Sの真ん前に止まっていたTDM900の方だったからだ。
TDM900さんは私の事を覚えていて下さったようで、だから上のような答えがあったのだった。
となると興味は次に移って「今晩はどうなさるんですか?」
と聞くと、福岡の自宅まで戻られると言う。
なら、多少暗くなっても安心できる。
それからは四国でのツーリング話になり、そして福岡で数ヶ月間仕事でいた事を思い出して、その話になった。
偶然にも仕事場の近くの方で、ローカルな話にも花が咲いた。
おかげ様で出航までの時間はとても短く感じられた。
そこでTDM900さんはWEBサイトの名刺を私に下さって、「禄太郎」と名乗られた。
私はその名刺を受け取っただけで、あえて自分からは名乗らなかった。
何だか照れくさいのもあったし、いづれ訪れた時にでも名乗れば良いかと思ったからだ。
フェリーに乗り込むと、2等の端っこの場所を確保して、到着まで寝ていようと思ったのだが、乗客が多過ぎて落ち着いていられなかった。
甲板に出ると禄太郎さんが居て、佐賀関到着まで色々と話し込んだ。
やがてフェリーが佐賀関に到着すると、車から順に降りていく。
バイクは最後で、私はバイクでも最後尾だった。
時間が押してきているのもあったが、他のバイクがのんびりとしていたので、私は何台かのバイクを追い越した。
その中に禄太郎さんもいたので、どこかでお別れを言わなくてはと思ったのだが、なかなかやって来ない。
出発してしまった勢いでそのまま走る事になったのだが、何かすっきりとしないものが心の奥底に残った。
友人宅に辿り着く前に晩飯は済ませておこうと、道の駅「佐賀関」に立ち寄ってバイクから降りると、クラクションが聞こえた。
クラクションの主は禄太郎さんだった。
私は確認出来る様に大きなアクションで手を振った。
禄太郎さんはそのまま走り去られたが、届いただろうか?この想い。
少々心の奥底に残った何かが取れると、道の駅の食堂で「塩さば定食」を注文する。
一応、関さばって事になるだろう?
油の乗った鯖は美味しく、掻き込む様に食べると、すっかり辺りは暗くなりつつあった。
道のりを確認して出発したのだが、暗くなってくると地図も満足に読めなくなってきたので、心配事が増える。
少々ローカルな道を選んだものだから、間違えてしまうと、何所に行くやも分からない。
しかも地図が満足に見れないから、間違えてしまったら自分のいる場所さえ確認できなくなってしまう。
ただでさえ遅れているのに。
と言う事で、仕方無しに高速道路を利用しようと、案内の看板に従ったのだが、この案内の看板の出方が非常に中途半端で、私を不安にさせた。
不安はあったのだが、無事に大分自動車道の大分宮河内ICに辿り着くと幾分か安堵が流れた。
後は地図を確認しなくても辿り着ける。
別府湾SAで小休止し、山田SAでコーヒータイム。
最後に広川SAで給油をして、そこの駐輪場の傍で腰を下ろし、もっとくつろごうと空を見上げて寝そべっていると、いくつか星が見える。
その星を眺めていると吸い込まれそうになって、瞼が重くなってきた。
駐輪場には他にバイクがいたのに驚いた。
その内1台は女性だった。
こんな時間でなければ話しかけるのに。
空を見上げつつ、もう一踏ん張りだと言い聞かせると、更に九州自動車道を下って南関ICで降りると、10数分で友人宅に辿り着いた。
友人は待っていてくれて、暖かく迎え入れられた。
お土産を渡し、挨拶を済ませると、もう何時でも寝られるような状況だったが、風呂に入って酒まで頂いた。
そして近況を語りつつ、夜は更けて行った。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
↑だいぶ頑張っているやろ?応援宜しく。
スポンサーサイト



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking