FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



夏のロングツーリング・準備編その4
只今、細々とツーリングの準備を進めていますが、持って行くものさえ決まれば、パッキングに関してはある程度のノウハウを持っているので、パズルを組み立てるような作業も楽しんで居たりします。
そこで、今回はパッキングについて私の持っているノウハウを紹介したいと思いますが、その前に某巨大掲示板群に貼られていた小話をひとつ。

-----ここから-----
哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。
「この瓶に石を詰めてみよう。…さて、これでもう何も入らないかな?」
学生の一人が手を上げて答えた。「もっと小さな石ならその隙間に入ります。」
教授は頷き、小石を取り出し瓶に詰めた。
「さて、小石でだいぶ隙間が埋まった。これで瓶の容量は一杯かな?」
さらに学生の一人が手を上げた。「砂ならまだ隙間に入ります。」
教授は再び頷き、砂を取り出して瓶に注いだ。
「さて、これで石の隙間は小石と砂で埋まり一杯一杯だ。
この瓶を人生に例えると、石は家族や友人など生きるに欠かせない大切なものだ。
小石は、家や車、音楽や映画など人生をより豊かで楽しくしてくれるものだ。
砂などは取るに足らないくだらないものだ。もし真っ先につまらない砂で人生の瓶を一杯にしてしまったら
石はもちろん小石も入る隙間のない不毛な人生となってしまう。人生をいかなるもので埋めるべきか、この瓶は教えてくれる。」

と、ここまで話したとき、とある学生が手を上げた。
「教授、その瓶にビールを注げば砂に染み込んでいくのではないでしょうか?」
教授は頷いた。
「人生がいかにつまらないもので満ち満ちていようと、アルコールだけは入る隙間があるということだな。」

-----ここまで-----

パッキングに関しても同じ様な話なんですよ。
余った隙間にアルコールを詰めろ!と言う事ではなく、その前段のお話ね。
先ずは大きなものから順番に小さなものを最後に。
そして、ある程度変形する荷物も後回しにして。
先ず、持って行くものを大きなものから順に並べ、大きなものからバッグやケースへと詰め込んでいきます。
出来るだけ隙間なく詰め込めれば良いんですけれど、そうも行かないのが世の常。
空いた隙間に小さなものを入れていけば良いと思います。

そしてちょっとした小技なんですが、キャンプツーリングにはテントは必須アイテムだと思います。
それが荷物の中で一番の大きな荷物である事もほとんどです。
だからテントから先にパッキング。
と言う事は少し待ってもらいたいのです。
テントは出来るだけ単独か、パッキングの最後にする。
いや、最後に出来るようにするって事が肝心だと思います。
パッキングの最後と言う事は、取り出す時は一番初めと言う事でもあります。
キャンプで片付けの最後になるのはほとんどの場合テントです。
なので、テントを最初にパッキングしようとすると、他の荷物は必然的にテントを片付けてからと言う事になります。
それではあまりにも効率が良くないので、バッグやケースにテントの入る余裕を残すやり方を覚える事が肝心です。
ここで、昨日の記事に使った写真を再掲してみましょう。
2007072103.jpg
この写真はパニアケースにR-324を収めた写真です。
写真のパニアケースの様に縦割れする場合は、少々融通が利きます。
片側(この場合車体側)のスペースをテント専用エリアにしておけば、他の荷物は先にパッキングしておいて問題ありません。
トップケースやほとんどのバッグに該当するのが、開口部が上に来る場合。
その場合はテントが十分に納まるスペースを空けるようにパッキングしないといけません。
これは何度かやって慣れる事です。
トップケースなんかは、上蓋にスペースが出来る場合が多いんですが、その代わりデッドスペースも多めになりますね。
このデッドスペースに上手くテントをパッキングできれば効率良いパッキングが出来ると思います。
厄介なのが、横に開口部が出来る場合。
これは工夫次第。。。
って、結局どれも工夫次第なのですが。
テントは本体からポールやペグ、張り綱などは取り出しておく方が上手くパッキングできます。
写真のR-324もポールは本体の袋から取り出しているのが分かると思います。
最後に、出来るだけ同じ使用目的のものは同じ場所に入れる事にしましょう。
キャンプ用品はキャンプでしか使わないと思いますし、着替えや入浴セットは風呂に入る時にしか使いませんよね?
同じ所にパッキングしてしまうと、荷物をひっくり返さないといけない事態になりますから。
ツーリング中にでも頻繁に使うようなもの(カメラや三脚など)があれば、すぐに取り出せる所にしましょう。
分かっているとは思いますが。



ところで…
ここをブックマークしている方は、勿論訪れる度にランキングバナーをクリックして下さってますよね?
いっぺん、順位みてみ?
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking