只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



strava



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



やめろコール
意外にあるんですね。
やはり愚痴は聞きたくないと言う事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

なんてね。
で、お茶を濁そうかと思いましたが、昨日の記事に拍手が普段以上についている事を考えると、あの記事に賛同される方がいると言う事なんですね。



で、誰も止めてくれないわけですね?

なら本当に考えます。。。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

がっかり
このブログをいつもご覧の皆様には既にご承知の通り、昨夜無事に2週間ちょっとのツーリングを無事に終えました。
その事については大変ありがたく思っています。
拙いレポートではありましたが、コンセプトのひとつ「出来るだけリアルタイムに」はある程度出来た事と思います。
しかし、このブログの最大にして最重要である、情報の共有についてはいささか疑問を抱かなくてはなりません。
元々、ツーリング気分を閲覧者様に味わっていただくのと同時に「私ならここに行く!」なんてのをお聞かせ頂きたかった訳です。
それは随分以前から声高に申し上げていましたが、今ひとつ浸透していないのは確かな事です。
私個人が持っている情報なんてたかが知れています。
そんな狭い情報では、私自身のツーリングは勿論、閲覧してくださっている皆様にも歯がゆい思いをさせることになると思っています。
このブログの方針は、私と共に皆様に色々なツーリングに関する情報を共有しようと言う考えから始まったものです。
でなければ「リアルタイム」と言うのは別にどうでも良い事になってしまいます。
「あ!今ここならここがオススメだな!」
なんて誰でもあることだと思っています。
逆に知らない人にとっては新しい情報。
それが有効になろうと無駄になろうと、情報は情報です。
こじんまりとしたサイトでは限界があるので、常々申し上げていました。
ここをお気に入りに登録されている方は1日1クリックアクセスランキングにご協力くださいと。
私はロングのツーリング中にはアクセスランキングがどうなっているか知る手段はとても少ないです。
例えば新規の方からコメントを頂くとか、インターネットカフェでアクセスランキングの状態を知るとか。
そう言った事でなければランキングの推移を知る事がありません。
自宅に戻ってきて、少々期待しながらランキングの様子を見てみると、何と言う事か…





1週間でたったのワンクリック。



これは単に私の努力不足と受け取るしかないですね。
もしくはコンセプトの違い。
努力不足は心当たりが無いことは無いですが、コンセプトとしては良いように感じましたが、私の勘違いだったようです。
私は考えました。
もうこのようなコンセプトは受け入れられず、情報はもっと効率の良い方法で入手。
インターネットが広く知れ渡ったのですから、検索する事は何も厭わない。
個人のサイトでは限界があると言う事を。



じゃあ、やっていても仕方ないな。



これが結論?
少々愚痴りましたが、私はとてもがっかりしています。
いっその事、書きたい事を書きなぐれて、批判をかわすようなパスワード制のブログを。
上手い事にパスワードで閲覧を規制できるスペースを見つけました。
勿論、今までの形式と変わらないものでです。
PCではなく携帯で閲覧してくださっている方が居ますので、そちらも考えての移行を考えています。
出来上がりましたら報告いたしますので、非表示のコメントと共にメールアドレスを下さったら、そちらにパスワードをメールいたしますので。
出来上がりまで少々時間を頂きたく思います。
それまでは今までどおり、こちらをご覧ください。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

帰宅
20070927225403
敦賀港を出ると、R8、R161と走り、琵琶湖の西岸を南下します。
こちらのルートの方が距離的に短く、時間も掛からないので、琵琶湖大橋代の150円は負担にはなりません。
琵琶湖大橋を渡り、さざなみ街道から自宅へ。
今回のツーリングでもっとも特徴的だったのは合羽を着る機会が少なかった事です。
宗谷岬を周って、鏡沼キャンプ場に戻ったあの半時間足らずが唯一の合羽を着た時間です。
天候に恵まれた?
と問われれば、そうです。と言う答えしかありませんが、結果的には合羽を着なくて済む程度の天気が延々と続いたので、?マークの灯る恵まれ具合だったです。
それにしても、行く時は時間を掛け、帰ってくる時はあっさりし過ぎていました。
北海道は遠いようで近い。
今回のツーリングで知り合った人は少なかったですが、ほんの少しだけ初心を取り戻せた気がします。
そうそう、出発する際に忘れていたものは、やっぱり忘れっぱなしでした。
それは携帯の充電器なんかではなく、もっと大切な、旅を楽しむ気持ちだったのです。
なんと言うか、義務感めいたものが私の中にありました。
その義務感から開放され、純粋にバイクツーリングを楽しみたいですね。

敦賀港
20070927220946
敦賀港到着前のフェリー内のアナウンスは、敦賀の天候晴れ、気温26℃と一瞬、耳を疑いたくなるものてした。
ここはもう北海道じゃない。
そう言う思いが胸に去来してきます。
車両甲板に降りて、ゲートが開くのを見守ると、北海道より薄手の格好でも暑いくらいです。
26℃と言えば、北海道の日中の最高気温よりも高いでしょう。
先に車がランプを下り、バイクはそね後に続きます。
星こそ出ていないものの、確かに天候は晴れの模様です。
やけに湿り気の多い風が通り過ぎて行きます。

最高の夕日が
20070927183117
航海中ほとんど雲も無く、今日は最高の夕日が見れると思いましたが、太陽が水平線に沈む前に、水平線を覆うように雲が張り出して来ました。
海水の温度が高いのでしょうか?
ちょっと残念です…

苫小牧東港
20070926211436
苫小牧市内から日高自動車道を経て苫小牧東港にやって来ました。
チケットを取っていなかったので乗船手続きをするとキャンセル待ちだと言われ少し焦りましたが、キャンセル待ちは車のようで、無事乗船手続きは完了しました。
いよいよ北海道ともお別れですね。
長かったようで短い、短かったようで長いツーリング。
もう少し家路までの道のりが待っていますが、ツーリングらしいツーリングは終わりです。
新しい発見は少なかったですね。

カレーラーメンを求めて
20070926210239
苫小牧の名物のひとつとなりつつあるカレーラーメン。
軽く検索すると「味の大王」と言う店が良さげみたい。
場所を検索して、錦町の店が近かったので、そこに向かうと歓楽街でした。
目的の店はシャッターが閉まってあり、休みみたいです。
と言うか、やっていてもバイクを落ち着けて停められません。
仕方がないので、総本店のある植苗へ。
しかし、店を見つける事が出来ず、近くのGSで場所を尋ねると今さっき私が通った道です。
どうやら今日は「味の大王」は休みのようです。
辺りは完全に闇に包まれましたが、ここまで来て諦めるのは惜しいので、再び苫小牧の中心部へと向かう事を決めました。
r259を少しだけ走った所にあったラーメン屋を店の外から覗いて、メニューに「カレー味噌ラーメン」とあったのでその店「賓龍」に決めました。
カレー味噌と言う事ですが、味噌の風味はカレーに完全に負けて、カレーラーメンと言って良い位です。
カレーの辛さだけが目立つラーメンでした。

赤く
20070926183319
安平に出てR234を苫小牧方面に。
R234は沼ノ端でr259となり、今まで流れの良かった道が突然滞りました。
赤く光るテールランプを眺めるのは億劫です。

月は東に
20070926182823
振り返ると月が大きく見えていました。

日は西に
20070926182631
栗山からr462に入った所でいよいよ太陽は沈んでしまいました。
しかし、思った程冷え込んでは来ていません。

滝の上公園
20070926182556
日高からR274をそのまま夕張方面に進み、路傍の気温表示が10℃な事に少し焦り、その後13になった事に何故かホッとして太陽が沈んで行くのを見守りつつ明るい内には苫小牧にはたどり着かない事を覚悟して、滝の上公園にやって来ました。
レンガ造りの発電所は近くまで行けないし、夕張川が泥水なのでイマイチです。

日勝峠
20070926160418
帯広市内からR38を走り、御影から清水市街をパスして日勝峠へと向かいました。
日勝峠の前後で工事が行われ、流れが滞る事もありましたが、それを利用して上手く先頭にたてれば、快適な走行が出来ました。
日高に降りて来たけれど、フェリーの時間まではまだまだあります。
しかし、寒さで走りたくはないし、どうしよう?

六花亭
20070926143830
帯広市内までやって来たんだし、せっかくなので六花亭に寄りました。
定番のサクサクパイも食べ飽きて来たんで、レアチーズを注文しました。
レアチーズは六花亭より柳月の方が美味しく感じます。
以前ど評価は変わらないですね…

味の十八番
20070926135349
R241に戻って、それを足寄方面に。
足寄から本別経由か上士幌経由かどちらが帯広に近いのだろう。
その分岐点のR242との交差点は上士幌方面に帯広の文字がありました。
その標識に従って、上士幌方面にバイクを向けて帯広を目指します。
帯広市内に辿り着いたのは正午を1時間程過ぎた頃でした。
勿論、昼食は帯広と決めていたので程良い頃合い。
目指す先は「味の十八番」。
ここのカツ丼が絶品らしいと聞いたから。
自称?日本一のカツ丼で帯広で丼物と言えば豚丼の豚丼は帯広一。
私はオススメに従ってカツ丼を注文しました。
濃厚な味付けの出汁でたまごで柔らかくとじてある細かく刻んだトンカツ。
なるほど、美味しい。
味噌汁には季節の鮭の切り身に白子が入っていました。
今の季節にはいくら丼も食べられます。
この内容で650円はオススメ出来ますね。

ラワンブキ
20070926120023
日本一大きいと言われるラワンブキ。
それがr664沿いに見る事が出来るのですが、そんな様子は何処にもなく、不思議に思っていると、どうやら刈り取られてしまったようです。
時期的に遅すぎたようです。

オンネトーから
20070926115245
オンネトーから引き返すより、そのまま数kmのダートを抜けた方が効率が良いかなと思って…
先にはラワンブキも見られるし。

オンネトー
20070926115022
今日は朝から時折強い風が吹いて、撤収作業がなかなか捗らなかった…
と言う事はなく、昨夜キャンプ場に戻ったら、雹を伴った激しい雨が降ったようで、思わぬ所が水浸しになって、それを雑巾で掻き出すと言う作業がありました。
今日の撤収作業はそれらを乾かすと言うのが一番時間がかかるかと思ったのですが、強い風のおかげで乾く時間は短時間で済みました。
撤収作業を終え、キャンプ場の仲間達と別れを告げると、r1093からR274に入り、R240から阿寒湖方面に向かいました。最初の目的地はオンネトー。
私個人はオンネトーにはなかなか恵まれておらず、いつもはっきりしない天気でした。
所が今日は文句のつけようのない晴天で今日こそは本来のオンネトーに出会えると期待していました。
R240が阿寒湖に近づくにつれ、強く吹いていた風は更に強く、どんどんと黒い雲を連れて来ます。
と同時に気温も下がって来て、寒さで震えが来るほどに。
やはりオンネトーとは相性が悪いのだろうか?
R241に入り、しばらくしてオンネトーへと続く道へ。
ほんの僅かですが、先程の天気よりはマシになって薄曇りのオンネトーを見る事が出来ました。
ただ、風はやはり強く、湖面が波立っているので本来のオンネトーの雰囲気とは違うものなのでしょう…
いつ、素晴らしいオンネトーの姿を見る事が出来るのか。

夕焼け
20070925175111
釧路市内からの帰り道、僅かな夕焼けを見ました。
明日の天気は良いはずですが、果たして予報通りの天気となりますか…
予報通り晴れる事しか考えて居ませんがね。

水たまり
20070925164730
水たまりに青い空が見えます。
このまま晴れてくれる事を祈るばかり…

麺楽
20070925160443
キャンプ場の仲間の車に便乗して、釧路市内にやって来ました。
途中で車から降ろして貰って、少し迷いつつ目的のラーメン屋に辿り着きました。
釧路ラーメンを象徴する魚出汁をベースにしたスープに細ちぢれ麺。
私は正油ラーメンを注文しました。
あっさり醤油味で少し私にはあっさりし過ぎか…若干水っぽさを感じましたが、あっさり味は食べ飽きないですね。
チャーシューがトロトロで美味しかったです。
釧路ラーメンはお茶漬け感覚で食べるのが良いらしいので、これが王道的なものなのでしょう。

雨です
20070925081133
昨夜の天気予報では午前中はなんとか持ちこたえそうな予報でしたが、朝からしっかりとした雨足の雨が降っています。
今日の撤収はお預けになりました。
と同時に予定がひとつなくなりました。
さて、今日は如何にして過ごそうか?

釧路湿原道路
20070924160343
細岡展望台から釧路方面に向かい、釧路市内を迂回して湿原を通る釧路湿原道路に入りました。
地図では釧路川に沿って釧路市内に入れる感じだったのですが、工事中で通れませんでした。
そのまま釧路湿原道路を通り、大人しくr53から鶴居に帰る事にしました。
明日の天気はあまり期待出来ない天気のようです。
どうするかな…

細岡展望台
20070924155856
細岡展望台にやって来ました。
釧路湿原が一望出来るのですが、もう少し高い位置からの展望なら文句は無いのですけれど…
夕焼けの時間まで待てれば良い雰囲気になると思うんですけれど、今日は待てません。
日が沈んでからは、ちょっと我慢出来ない気温になって来ましたから。

サルボ展望台
20070924154829
標茶経由でサルボ展望台にやって来ました。
展望台までの歩きが結構きついので息があがりました。
出発時より天気は良くなって来ました。
ただ、太陽の位置がどうしても西にあるので逆光になってしまいます。

する事が無い
20070924130701
いよいよここ鶴居でする事がなくなりました。
明日、天気が良ければ帰り道に就く事になりそうです。
今日は抜群の天気と言う訳ではないですが、心残りのある釧路湿原を目指してキャンプ場を出ました。
途中、牧草ロールをラッピングしている場面に出くわして、あんな風に作業しているんだと、感心しました。

宴会
20070923232303
祭りの後はささやかな?宴会が始まりました。
獲得した物自体はさほどでもなかったのですが、そこはそれなりの食事と言う事で…
写真は鮭のチャンチャン焼きです。

ふるさとまつり
20070923123135
今日はすこぶる良い天気です。
この天気が昨日と入れ替わっていたらと思うとやりきれない気持ちになります。
と言うのも、今日はキャンプ場の傍で祭りがあって、キャンプ場の面々とそれに参加するからです。
祭りの後、時間があるにはあるのですが、夜は収穫祭?の準備があだろうし…
ね…
祭りの後は少し様子見して考えます。

本当の目的
20070922171204
今日の私は秀航園に行く事や六花亭に行く事が本当の目的ではなく、それらは副次的な目的になっただけで、別の目的がありました。
天気予報はここ数日の中ではピカイチ。
しかし、本当の天気はそれと多少のズレがあったものの、回復の期待がありました。
時間が進むにつれ、ズレは大きくなり、予報は予報だと言う事に気付かされました。
今日の本当の目的は釧路湿原の夕焼け。
釧路市内に入ったのはその準備と言うか、時間つぶしと言うか…
釧路湿原の東側に向かうには北から入るか南から入るか、北からは時間を潰せる物がないし、南からならそれらは十分にありました。
が、それらの行動は虚しく、夕焼けは儚く散りました。
ご覧のような空では夕焼けよりも雨の心配をしなければなりません。

六花亭のソフトクリーム
20070922145208
秀航園の後は、重くなったお腹を抱え、六花亭にデザートを食べに来ました。
濃厚なソフトクリームだと評判だったのでソフトクリームを。
しかし、多くは食べられないので、ミニを。
相当ミルクの味が濃厚で美味しいです。





FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking