只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



strava



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



森林公園美深アイランドキャンプ場
今回で北海道のキャンプ場の紹介はひと段落ですが、まだ紹介するキャンプ場はありますので今しばらくの我慢?をば。
今回紹介しますキャンプ場は美深にある森林公園美深アイランドキャンプ場です。

道の駅びふかの真裏にあって、古くは天塩川の半月湖によってまるで島のような場所にあるキャンプ場です。
その敷地内には美深温泉もあって、長期滞在者も散見できます。
それほど居心地の良いキャンプ場なのでしょう。
利用料金は200円。
場所的には稚内や宗谷岬も往復でき、旭川も往復できる距離なので道北のベースとしては使いやすいと思います。
が、どちらもギリギリの距離なので、道北を中心に周りたい、旭川周辺を周りたいと言う向きには不便になるかも知れません。
サイトは白樺の木立にある草地のサイト。
トイレや水場は綺麗に保たれていますが、テントを張る場所によっては非常に遠くなります。
それほどサイトが広いと言う事でもありますが。
買出しは美深の町まで行くしかありませんが、食事をとるなら道の駅や美深温泉内にあります。
入浴は当然のことながら同じ敷地内の美深温泉になります。
入湯料も200円程度だった記憶が。
半月湖が近いという事で、蚊の発生が気になるところですが、私が利用した時期は既に寒くなりつつある時期だったので全く気配はありませんでした。

2008022901.jpg


[READ MORE...]
スポンサーサイト
上富良野町日の出公園オートキャンプ場
北海道のキャンプ場を紹介するのも、このキャンプ場を含めてあと2つ。
備忘録を確認すると案外あるのね…と言う感じ。
今回は上富良野にある日の出公園オートキャンプ場です。

上富良野の中心部に近い日の出公園の裏手にあるキャンプ場で、オートキャンプ場と名乗る事だけはある充実した施設のあるキャンプ場。
利用料金は、富良野周辺の有料キャンプ場の平均価格と言うべき500円。
センターハウスとしての機能のある管理棟にはコインランドリー、温水シャワー、自販機等が設置してあり、そのどれもが良心的な価格で利用できます。
そう言うところにも、このキャンプ場の人気の高さがあります。
おそらく富良野周辺随一でしょう。
サイトはオートサイトとフリーサイトがあり、フリーサイトは平らな所から、丘を登って行くような段々畑状態の所とがありますが、どれも芝生のサイトです。
トイレや水場もしっかりと管理されていて綺麗です。
買出しや入浴は歩いて行こうと思えば、歩いて行けなくはない所に温泉やスーパーがあります。
温泉(フラヌイ温泉)は少々高めの600円ですが、お湯はとても良いです。
スーパーも道道を挟んで両側にあり、比較的安く食材が手に入ったりします。
富良野観光の拠点としては悪くないですが、ゆっくり過ごしたい方や静かな所が好きな方は、混雑するキャンプ場なので避ける方が良いかもしれません。

2008022801.jpg
バーベキューハウスみたいなのもあり、雨の日でもそこを利用すれば苦労せずに済みます。
[READ MORE...]
鏡沼海浜公園キャンプ場
この寒さを乗り切ったら、いよいよ暖かくなってくるそうです。
行きたい所が色々あって、嬉しい悩みなんですけれど、どれもこれも時期を外すと途端に面白くなくなるので、注意が必要な所ばかり。
それはまた追々書いていこうと思いますが、そんなツーリングシーズン目前に、このキャンプ場紹介を終わらせなければいけませんね。
そして、更に紹介するキャンプ場が増える事もあれば良いなと思っています。
今回のキャンプ場紹介は北海道は天塩にある鏡沼海浜公園キャンプ場です。

北海道の道を語る上で外せない道と言えば、オロロンラインは絶対避けて通る事の出来ない道です。
オロロンラインのハイライトと言えば道道106号ですがその南端に位置するのが鏡沼海浜公園キャンプ場です。
天塩温泉の裏手に位置し、かつては無料で利用できたキャンプ場です。
なんとシャワーや洗濯機までが無料だったらしいですが、有料化と共にそれらにも利用料金が掛かるようになりました。
その有料化の流れは最近続く北海道のキャンプ場の有料化とは少し違うような気もします。
と言うのも、その料金が全て100円なのですから。
併設されているライダーハウスも同じ料金で利用できます。
サイトは芝生で、少し凸凹しているので意外にテントを張る場所に悩んだりします。
トイレと水場がそれぞれ離れている所にある所為かもしれません。
トイレはライダーハウスに近い所に設けられていて綺麗です。
水場はサイトで言うとトイレの対極の位置にあり、清潔さはそれなりです。
トイレにはシャワーが併設されて、水場には洗濯機が併設されています。
他にはバンガローもあり、この100円のサイトとは別にオートキャンプ場の体をしたサイトもあります。
入浴は歩いて行ける距離の天塩温泉「夕映」で出来ます。
買出しも歩いて行ける距離にセイコーマートがあるので余程の事が無い限り不便を感じる事は無いでしょう。
サイトからは遠く利尻が望め、夕焼けが印象的です。
天気が良ければですが。

2008022701.jpg


[READ MORE...]
きりたっぷ岬キャンプ場
まだまだキャンプ場紹介は北海道が続きます。
今回は浜中にあるきりたっぷ岬キャンプ場。

文字通り、霧多布岬(湯沸岬)にある無料のキャンプ場です。
但し、テントだけでバンガローは有料です。
霧多布岬周辺の景観は素晴らしく、それだけでも十分に満足できるキャンプ場ですが、風が強いのと霧の発生が多いのが玉に瑕。
晴れれば抜群の風景が広がります。
テントサイトは芝生で、なだらかな丘の上と言った感じ。
水場とトイレはそれなりと言った所。
入浴はバイクで数分も掛からない所に「ゆうゆ」と言う温泉施設が。
買出しはもう少し浜中方面に戻ってセイコーマートやその向かいの酒屋さんで食材のほとんどは揃うと思います。

2008022501.jpg
キャンプ場概観。
小さなバンガローがサイトを取り囲むように設置してあります。

2008022502.jpg
霧多布岬。
エアーズロックが海から突き出たような景色が多いです。
これはとてもそんな風に見えませんが…

2008022503.jpg
湯沸灯台。
時間があれば朝に散歩したいコース。

[READ MORE...]
みどりの森森林公園キャンプ場
週末ごとに寒気がやってきて、バイクに乗ることもままならない時期が続いています。
来週はどうなるかな?
さて、今回紹介しますキャンプ場は、またまた北海道…と言うかまだまだ北海道は美幌にあるみどりの森森林公園キャンプ場です。

美幌の町外れにあり、美術館?の裏手にあるサイト。
料金は私が初めて利用した時で200円、最後に利用した時に300円となっていて、段々値上げが続いています。
いまは落ち着いたか、はたまた値上げされているのか。
サイトはゆるい斜面に作られた細長い芝生のサイト。
バンガローもいくつかあります。
トイレが抜群に綺麗で、水場は普通。
キャンプ場にはコインシャワーもあり、洗濯機が無料で使えます。
が、洗濯機はかなり古いタイプで乾燥機は無しです。
夜遅くなると管理人さんが帰ってしまい、出入口にはチェーンが掛けられてしまいますが、それは簡単に外せるので、買出しや入浴で遅くなってもキャンプ場に締め出されると言う事は無いです。
買出しは美幌の町が近いのでそちらで十分に間に合いますが、美幌の町とは反対側に行った所にコンビニがあります。
そこがキャンプ場から一番近いです。
入浴は美幌峠方面に行った所に立派(スーパー銭湯の様)な温泉がありますが結構高駆ったような。
網走方面に行くと美幌後楽園と言う所にも、ローカルな雰囲気のある温泉があります。
こっちの温泉の方が旅情があってオススメかな?
[READ MORE...]
上士幌町航空公園キャンプ場
今回のキャンプ場紹介は北海道は帯広の北、上士幌にある上士幌町航空公園キャンプ場です。
このキャンプ場も昨今の流れによって有料化されたキャンプ場です。
私が利用した頃は無料でしたが、500円になったようです。
有料になってからは利用していませんが、それまでの印象を。

広大な芝生のサイトで、テントを張る場所にはそこだけ砂のサークルが設置してあるのですが、そのサークルを利用している人は皆無で、むしろ芝生の上にテントを張っている方が多いです。
あまりの広大さに、大八車があり、それに荷物を載せてサイトを移動する形になります。
テントを張る場所によってはトイレや水場が遠くなり、非常に不便だったり。
トイレはサイトのほぼ中央に循環式の水洗トイレがあり、駐車場から向って右手に綺麗なトイレがあります。
水場はこれまたサイトの中心部に屋根付きのがあり、覚えている限りではそこだけだったような気がします。
兎に角、テントを張る場所がサイトの中央付近なら水場もトイレも近いのですが、その周辺には何も無く太陽光が直接降り注ぐような場所です。
駐車場の近くに2ヶ所、ブッシュのような林があり、その周辺では日陰があります。
この林の中には当然のことながらテントを張るような場所はありませんので、その林が作る日陰部分で多数のテントが場所を競い合っています。
入浴は上士幌の町の中心部(国道沿い)に保養所のような施設があり、そこで出来ます。
格好立派な施設です。
買出しも同じく上士幌の街中になりますが、どちらもキャンプ場からならバイクで数分、歩いても行けない事は無い距離です。
が、これはかなり時間が掛かりますんで歩きたい方向けです。
駐車場もサイトも異常なほどのキャパシティーなので、喧騒から離れる事は可能かと思います。
[READ MORE...]
マウント@R1100Sのその後
今ひとつ満足できなかったR1100Sへのカメラマウントですが、色々と試行錯誤した結果、取り敢えずの形としてスクリーン越しに画を撮るマウントを選択しました。

2008022001.jpg
クラッチのリザーバータンクカバーのボルト(4M×15mm)を20mmに換えて台座となるステーを取り付けました。
これは以前の記事で書きましたが、この台座となるステーはそのまま利用して、L字の金物を取り付け、それに雲台をセットしました。
台座となるステーは25mmピッチで5φ×10mm程の長穴が開いているもので、それに25mmピッチで6φの穴の開いている金物が上手く収まりました。
L字の金物のステー取り付け部の先端側は、リザーバータンクのボルトと共締めすることにしたのですが、その為にはボルトの長さを25mmにしなければなりませんでした。
そしてもう1ヶ所は5M×14mmボルトで固定し、L字の短い手には自由雲台の固定をしました。
この完成作までに一直線で向えたなら、材料費はステー、ボルト類、防振ゴムで1000円程度、自由雲台が2000円ちょっとしたので、ほぼ3000円のものなのですが、ここに至るまでには試行錯誤があり、余計な買い物をしてしまいました。

2008022002.jpg
余計に買い込んだステー類。
ワッシャやボルトは元々何個かは余る予定でしたが、それにしても無駄すぎ。
まあ、これらのステー類も有効活用させてもらおうとは思っています。

そして先日、このマウントのためし撮りが出来ましたので、ご覧になりたい方は、以下のURLから
http://w32.wazamono.jp/bikemovie/src/32bike0920.wmv.html
BGMはハードディスクに入っていたもので、タイトルから適当に選びました。
内容も単なる垂れ流し映像です。
スクリーン越しになるからと言って、マイクに何の対策も施していなかったから、風きり音がすごいのでカットしています。

テーマ:バイクの車載動画 - ジャンル:車・バイク

ファミリースポーツセンタースポーツ公園キャンプ場
ネタに困って始めたこのキャンプ場紹介も残す所数回程度となりました。
利用するキャンプ場ってのは、お気に入りが出来るとそこばっかり利用してしまうので、新たなキャンプ場は増えにくいですね。
北海道のキャンプ場が多いですが、今回もそんな北海道のキャンプ場。
但し、このキャンプ場はとても気に入っていたのですが、大幅な値上げがあり、今後利用する事のなくなったキャンプ場のひとつです。
情勢が変われば利用するかもしれませんが…
そのキャンプ場は、少々名前が長いですがファミリースポーツセンタースポーツ公園キャンプ場です。
場所は北海道は深川の北西にある秩父別のど真ん中にあります。

秩父別の道の駅を目印に、その向かいにある広大なテントサイトを持つキャンプ場です。
サイト全体は芝生で私が利用した時は無料で利用できていましたが、2~3年ほど前に1000円になっていました。
スポーツ公園と言う事もあり、隣にはパークゴルフ場があって、早朝は打撃音が聞こえてきたり。
それと定時に鐘が鳴ります。
この2つの騒音と言うべきものが少々ネックです。
トイレや水場は印象があまり無いので、可も無く、不可も無いと言ったところでしょう。
有料になってもその辺はあまり変わっていないように思います。
買出しは秩父別の町の中にあるので困る事はありません。
歩いていける距離にセイコーマートと農協があります。
入浴に関しても、目の前の道の駅の中のスーパー銭湯のような施設が500円で利用できます。
図書館も近いですし、天候の悪い時には時間をつぶせるかも?
そして油断なら無いのは、町の中のキャンプ場なのにキタキツネが出没します。
不用意に食べ物を置いておかない事。
それにしても1000円になったのは惜しいですね。
その金額を北海道で払うなら、相当条件が良くないと。
[READ MORE...]
旭ヶ丘公園キャンプ場
今回のキャンプ場紹介は北海道は倶知安にある旭ヶ丘公園キャンプ場です。

旭ヶ丘公園キャンプ場は正式名称で呼ばれる事が少なく、所在地で呼ばれる事の方が多いキャンプ場です。
ニセコと羊蹄山に挟まれるロケーションにあり、町に近いと言う事もあってなかなか人気があります。
サイトは使われなくなったジャンプ台の真下付近にあり、サイト全体がゆるく傾斜しています。
草地のサイトで利用は無料。
水場は普通に利用できますが、トイレは正直言って汚く、利用を避ける人がいるほどです。
サイトの真正面に羊蹄山が望めるのがこのキャンプ場の大きな特徴のひとつで、はっきり見えた時の感動は大きいです。
買出しは倶知安の町が近いので困る事はありません。
入浴に関してもニセコ周辺には沢山の温泉があり、倶知安の町の中にも銭湯がありますのでこちらも困る事は無いでしょう。
ツーリストの利用も盛んで、色々と情報を仕入れる事が出来るかも?

2008021701.jpg
サイトは思ったほど広くなく、利用者も多いので思うような場所にテントを張れなかったり…

018.jpg
キャンプ場からは夕焼けに照らされて赤く染まる羊蹄山が見られる時もあります。

135.jpg
普段は結構山頂に雲が掛かっている事の方が多いかも?
[READ MORE...]
北村ふれあい公園キャンプ場
今回のキャンプ場紹介は、北海道は岩見沢の西、北村にある北村ふれあい公園キャンプ場です。

去年は札幌から最も近い『無料の』キャンプ場になってしまいました。
北海道のキャンプ場もどんどん有料化が進められて、このキャンプ場もいつまで無料で居られるかは分かりません。
北村のほぼ中心部、北村温泉の裏手にあるサイトで、テントサイトは芝生です。
が、サイトの中は児童公園となっていて、公園の一部がキャンプ場になったようなサイトです。
利用は無料ですが、受付はあります。
入浴は去年辺りにリニューアルされた北村温泉で出来ます。
リニューアルに併せて利用料金も400円から500円になりました。
温泉の目の前に、北海道でお馴染みのセイコーマートがあり、買出しには便利です。
少し離れた所にもAコープがあります。
トイレや水場は小さいながらも綺麗にされてあり、利用しやすいです。
長く滞在するには中途半端な場所にありますが、とても便利なキャンプ場です。

2008021601.jpg
児童公園の一部…と言うより大部分がテントサイト。
[READ MORE...]
西蔵王公園キャンプ場
今回のキャンプ場紹介は山形県は山形市、西蔵王公園内にある西蔵王公園キャンプ場です。

キャンプ場の利用は無料ですが、事前に利用する旨を連絡しないといけません。
と言う看板が立っていたような気がしますが、私は連絡無しで利用しました。
サイトは沢山の池に囲まれた林間ですが、いかにも公園ぽいってところがあります。
テントを張る場所はきちんと区画されていて、水はけの良い砂が敷き詰められています。
トイレは綺麗ですが、水場が若干汚い気がします。
が、これは個人差もあるので。
山形市内が近く、幹線道路のR13が近くを走っているので、買出しには便利だと思ったのですが、キャンプ場からR13に出るまでの道が複雑で迷いそうになります。
入浴もR13沿いに温泉や共同湯が沢山ありますので困る事はありません。
蔵王が近くロケーションも良いのですが、何故か長く滞在したいとは思えないキャンプ場でした。

2008021401.jpg
キャンプ場までは結構複雑。
何度か利用して、自分なりのルートを確保できると快適かもしれません。
[READ MORE...]
桜林公園キャンプ場
キャンプ場紹介第19回目は青森県は岩木山の麓、岩木町にある桜林公園キャンプ場です。

岩木山百沢スキー場の麓にあり、サイト全体がゆるく傾斜し、草地で利用は無料です。
買出しは弘前市内から岩木山の周囲を走る県道に至るまでに出来ると思います。
スキー場と温泉にはさまれた場所なので、それなりに賑わいはある感じ。
水場は学校のグラウンドにあるようなものがありますが、大きな水場は他にあるかも知れません。
トイレはスキーシーズン中はスキー客の利用できそうな立派なものです。
入浴は近くに百沢温泉(300円)があります。
意外な事に、それなりのキャンプ客がいます。
バイクから荷物をサイトまで運ぶのに、ゆるい傾斜を登っていかないといけないので、それが結構苦痛かも?
ロケーション的には周囲に見るものが沢山あって良いと思います。
温泉も多いし、他にキャンプ場も沢山あるので選択肢に迷う所ですが、その中でもこのキャンプ場は良い所です。

2008021201.jpg
サイト全体が傾斜していて、サイトの広さの割にはテントを張る場所が限られます。
早めに良い場所を確保する事が大切?
傾斜の少ない場所が少ないので競争率は意外に高め。
[READ MORE...]
町営鉛川キャンプ場
キャンプ場紹介の第18回目は北海道は八雲にある町営鉛川キャンプ場です。

鉛川温泉の手前にある芝生の無料サイト。
八雲にも熊石にもどちらに向うにもそれなりの距離のある場所にあるため、買出しは事前に済ませておく必要があると思いますが、事、入浴に関しては裏手にある鉛川温泉に入れるので問題は無しです。
鉛川温泉は銭湯並(私の利用時で360円)の料金で入れます。
サイトの中にはバーベキューハウスのような屋根付きの火の扱える所があります。
水場とトイレは印象がありませんが、当日の日記を読むとトイレは汲み取りで紙は設置されていないとの事。
場所的には微妙な感じがしますが、ゆっくり出来るキャンプ場だと思います。

2008021101.jpg
場所的に微妙で、足止めを食うような天候だと、隣接の鉛川温泉で時間をつぶすしか無さそう?
[READ MORE...]
羅臼町立林間広場キャンプ場
キャンプ場紹介の第17回目は北海道は羅臼にある羅臼町立林間広場キャンプ場です。
羅臼のキャンプ場と言うと、熊の湯の近くの国設の方が有名ですが、こちらのキャンプ場は町に近く、買出しには便利で、比較的ゆっくり出来るキャンプ場だと思います。

サイトは少し高台にあり、駐車場から国後方面を望む事が出来ますが、キャンプサイトからは無理です。
林間の草地で、私が利用した時は無料だったのですが、国設がゴミ袋を有料にしたのと同時にこちらも有料になったのと噂(未確認)。
水場やトイレはあまり綺麗だった記憶がありません。
買出しは羅臼の町内がすぐにあるのでそちらで済ませる事が出来ますが、入浴に関しては羅臼温泉(ホテル)?が一番近いと思いますが、ここは本格的な温泉を。
熊の湯もありますが、せっかく町立を利用するならば相泊温泉やセセキ温泉を楽しんでみられるのが良いかも?
セセキ温泉は入浴に勇気の要りそうな温泉ですが。

2008020801.jpg
雰囲気は明るくは無いですが、ゆっくり出来るキャンプ場だと思います。
が、時々、地元の方がやってきて騒ぐ時があるかも?
と言うか、私が利用した時はそんな少ない場合?でした。
[READ MORE...]
YAMANONAKAカムイミンタラキャンプ場
キャンプ場紹介の第16回目は北海道は音別にあるYAMANONAKAカムイミンタラキャンプ場です。

旧霧里小学校の校舎を利用した施設で、その施設内をライダーハウスとしても利用されています。
中には読みきれないほどマンガがあり、雨の日なんかは十二分に暇をつぶせます。
このキャンプ場の特筆すべき点は、道東スーパー林道へとアクセスするにはもってこいのキャンプ場です。
地図上では繋がっていないように見えますが、霧里川をさかのぼる様にして続く林道を行けば出られます。
施設には先人達が残した道東スーパー林道の裏マップみたいなものがあり、それを見て道東スーパー林道を探検するのもありかなと思います。
サイトは旧小学校の校庭に芝生が植えられていて、サークル状に刈り取られた場所にテントを設営します。
直火はサイト内では使えませんが、少し離れたところにコンロが設けてあったような…
水場やトイレは管理人さん手作りの、とても雰囲気のあるものです。
小学校の校舎と併せてとてもノスタルジックな感じです。
入浴は管理人さん所の風呂を利用させてもらえますが、料金が掛かります。
が、オフローダーはお風呂ーダーと言う洒落で?無料にしてもらえます。
買出しは音別の町まで出なければなりませんが、簡単な酒類はキャンプ場で安く購入できます。
キャンプ場利用500円、ライダーハウス1500円。
オンロードバイクでは非常に中途半端な場所になりますが、オフロードバイクなら利用してみる価値は非常に高いと思います。

2008020701.jpg
ノスタルジックな雰囲気を味わえる珍しいキャンプ場。

2008020702.jpg
施設(旧校舎)内の様子。
薪ストーブに沢山のマンガ。
[READ MORE...]
マウントテスト@R1100S
結論から言うと、R1100Sのマウントは再考すべき点が多かったです。
先ず、スクリーンが中途半端にフレームに入り込んでしまう点。
ブレも大きいものですが、我慢できると言えば我慢が出来るかな?と言うレベル。
ちょっと難しい問題になりそうです。
やはりベストなマウントを心がけたいものですから。
1ヶ所使えそうなボルトを見つけたのですが、そこから満足の行くフレーミングを考えると、ステーの長さが長くなる事、そして1点で支えなければならない事、エンジンに近いから熱対策をしなくてはならないのかという事。
いっそ、スクリーンを綺麗にしてスクリーン越しの画で我慢すると言う事がありますが、スクリーンを磨いてどれほどのものになるか、どちらから試そうか悩みどころ。
スクリーンを磨くとなると、タダで出来そうですが、水ぶき程度ではどうにもならないレベルのような?
良いケミカルが見つかれば良いのですが…


[READ MORE...]

テーマ:バイクの車載動画 - ジャンル:車・バイク

鶴居村民広場キャンプ場
キャンプ場紹介の第15回目は北海道は釧路の北、鶴居村にある鶴居村民広場キャンプ場です。

鶴居村のほぼ中心地にあり、無料で利用できます。
サイトは木立の残る草原と言う感じで、やや地面が堅いです。
鶴居村の中心地と言う事もあり、入浴や買出しは歩いても行ける距離にあります。
トイレや水場は毎日清掃されて綺麗に保たれています。
週末になると、釧路からキャンプ目的に方々が訪れて賑わいを見せるキャンプ場です。
それと、長期滞在者も相当居られます。
勿論、多数のツーリストも。
水場などは利用待ちをしなければならないほど。
静かに過ごすと言う事においてはあまりオススメできる環境ではありませんが、交流を楽しみたいと言う方にはオススメできるかも?

2008020501.jpg
多数の方々が利用するので、気に入った所にテントを張るのは難しいかも?
[READ MORE...]
マウントテスト@RD125
実は昨日、少し時間があったので、マウントテストをしてきました。
RD125はアイドリングの時に微振動が酷く、その場面で動画のブレがありましたが、走行中は概ね良好。

と、言いたいところですが、ギャップのたびに古いサスペンションでは吸収してくれないようで、不快なブレが発生していました。
それと、走行風に雲台のカメラ保持力が負ける場面がありました。
これは雲台の少変更で何とかなる事案だと思いますが、時間があるときに改良してみます。
それと、Youtubeにスペースを借りて、動画を埋め込めるようにしたのですが、動画のビットレートが大きいかもしれません。
これは今後、考えていく余地があると思います。

マウントテストの動画は[READ MORE...]から

※追記
EX-V7のファイルをムービーメーカーで直接扱えないみたいで、エンコードするのに時間が掛かった…
「Mp4Cam2AVI」と言うフリーソフトが快適に動くけれど英文のソフトだし、「Any Video Converter」はちょっと重い。
けれど、なんとか「Mp4Cam2AVI」の方が軽くてよい気が。
しかし、2つとも使うのに更にコーデック?をインストールしないといけなかったので、随分と時間が掛かったなぁ…
[READ MORE...]

テーマ:バイクの車載動画 - ジャンル:車・バイク

呼人浦キャンプ場
キャンプ場紹介の第14回目は北海道は網走にある呼人浦キャンプ場です。

網走湖の湖畔に沿って作られた草原のサイトで無料で利用できます。
サイト内に造られた通路に二輪なら駐車可能で、ほぼ乗り入れ可能です(通路を外れては駄目)。
水場とトイレは綺麗に保たれています。
網走の町にとても近いキャンプ場で、近くを走るR39の車の往来がややうるさく感じます。
買出しは網走の町まで2kmほど、入浴は山手にあるホテルの呼人の湯(500円)で可能です。
町が近く便利なキャンプ場なので、長期ツーリスト人気のキャンプ場のようです。
網走湖の向こうに沈む夕日が印象的。
ただ、湖が近いと言う事もあり、蚊の発生が半端ではありません。
なので、ゆっくり夕日観賞とは行きません。
それさえ除けば快適なキャンプ場なのですが、虫が苦手な人にとっては苦痛のキャンプ場かもしれません。

2008020101.jpg
サイト内の湖畔よりに一本の通路があり、そこに二輪は止められます。
が、ハイシーズンインはすぐに一杯になってしまうかも?
私の利用は季節外れが多かったもので。

[READ MORE...]




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking