FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



スパークプラグ交換
先日のツーリングに行くときの事、始動時や低回転でのエンジンの粘りが無くなって来たと感じたので、スパークプラグの交換をする事にしました。
前回の交換から19200km程経っているので…

今回交換するのは、ずっと以前(6年半ほど前)に購入しておいたデンソーのイリジウムタフ。
2009042301.jpg
丁度2本入りでお手ごろ価格だったので、2set購入しておいた残りの分。
この年式のR1100Sはシングルスパークなので、2本で良いのです。
以前装着して、なかなか感じが良かったので。

BMWのRシリーズは水平対向エンジンなので、スパークプラグの交換が非常に楽です。
と言っても、注意するべき点はあります。
それはプラグホールにゴミが溜まりやすいと言う事で、交換前には入念な清掃が必要です。
出来ればエアツールで吹き飛ばすのが良いでしょう。

2009042302.jpg
交換には車載工具で十分です。
と言うか、車載工具じゃなければならないような?

2009042303.jpg
先ず、何は無くともカバーを外さなければならないでしょう。
黒い樹脂の部品です。
これはどちら側からこじっても開きますが、正確にはケーブルが入ってくる側ではなく、進行方向で言う前側から開けるのが良いのでしょうか?
でも、私はケーブル側から…

2009042304.jpg
カバーを外した所です。
カバーがしてあるのに、ゴミが溜まりやすいと言うのは、ほとんどのゴミがここから入るのではなく、プラグ周りに冷却風を回す様にエキゾーストパイプの横やインテークパイプの横等、シリンダーヘッドの上下左右に穴が開いているのです。
この穴から入ったゴミは、そのまま穴を通過してくれれば良いのですが、複雑な形状の穴の為、そのまま留まる事が多いのです。
普通のバイクと比べても、シリンダーヘッドが車体から飛び出している分、ゴミが溜まりやすいのかもしれません。
さて、ここから車載工具が活躍します。
それにしても、立ちゴケの跡がいっぱい…

2009042305.jpg
初めて車載工具を見たとき、これは何をするものか全く分かりませんでした。
工具にある刻印を見ると、どうやら指に引っ掛けて使うようなのですが…

2009042306.jpg
こいつはプラグキャップの頭に上手くはまり込みます。
もう、何をするものか想像が付きますね?

2009042307.jpg
後は、あの刻印の通り、指を引っ掛けてプラグキャップを引っこ抜きます。

2009042308.jpg
レンチを差し込む前に入念にエアでゴミを取り除いて、そしてレンチを差し込みます。
これがギリギリのサイズなので、市販の、少し肉厚のレンチだと入らない可能性があります。

2009042309.jpg
後はプラグを新品のに取り替えるのですが、プラグを手で回せる所まで差し込んで、ワッシャが当たった所から1/3回転ほど締め込んで終わり。
プラグキャップを差し込み、カバーをケーブル側の引っ掛かりに引っ掛けてから、前側をパチンと嵌め込みます。
新しい、イリジウムプラグは、電極が随分と細いですね。
こんなに細くても、自動車なら10万kmは持つそうなので、半分にしても5万kmは持ちそうです。
常用回転数から言えば0万kmと言いたい所ですがね。

古いプラグは左右で焼け方が違っているのが気がかりです。
前のイリジウムプラグはどうしたんだと言う質問がありそうですが…ないの?



なんだ、スパークプラグ交換は簡単じゃないの?→にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←と思う方は迷わずクリック。
スポンサーサイト







FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking