FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



越前そばツーリング・後編
迷う余地はあったのだろうか?
気分的には気温が上昇してきているので、早めに帰りつきたいのだが。
九頭竜湖を越え、東海北陸自動車道に乗れば十分に早い時間に帰れる。
それが望みか?
相談相手は自分自身の弱さと、そして冒険心。
こう言う酷道チックな道って嫌いじゃないのよね。

一福を出て、R476に戻るとそれを北上し、大型車通行不能と言う看板を見つけると、そこを右に折れた。
県道の番号は34号。
そんなに大きな数字じゃない。
しかし、大型車はこの道を抜ける事が出来ない。
そう言う看板で、この先どういう事になっているか重々承知。
右に折れてしばらくは、片側1車線を確保してあり、センターラインも破線で描いてある。
その様子が変わるのは数kmも進まないうちに始まった。
予想通り。
しかし、案外景色も変化して気分は良い。
路肩には何の防護柵もない道を進んで、小さな橋を渡ると状況は一変する。
今までは所々剥がれたヶ所のあるアスファルトの路面だったが、そんな荒れた路面から想像するには難しい、整備された路面が現れた。
まるで磨かれた…とは言いすぎだが、綺麗な石畳状の道に変わったのである。
進む方向を間違えたかな?
そう思わずには居られない感じだが、その石畳の道を進んでいくと、これまた周辺の雰囲気には似つかわない…と言うかいきなり大きな滝が目の前に現れた。
ハッと息を呑むその神秘。
R1100Sのエンジンを切るのには十分な魅力を持っていた。
注意深くサイドスタンドを出して、きつめの坂道にR1100Sを止めると、しばらく滝を眺めた。
地図を確認すると、どうやらこの滝は100名瀑の一つ双龍ヶ滝の様である。
こんな辺鄙な場所だからこそ、この滝の持つ意味合いがある。
私の冒険心がもたらした景色。
こんな風景に出会えるとは思っても居なかったから、一眼デジタルを携行して来なかった。
それが少しだけ悔やまれる。

滝を後にしてしばらくすると、石畳の路面は消え、またさっきのアスファルト路面が戻ってくる。
険道(とあえて言わせていただく)を楽しんで峠を越えると、徐々に幅員は広がってきて随分と走りやすくなってくる。
r34が田園風景の広がる所にやって来ると、農道に入ってR157に抜ける。
この辺は地図の雰囲気を読んで上手い具合にショートカットできた。
R157は想像以上に走りやすい。
しばらく走ると電光掲示板が現れて、R157は落石注意だとか示されていた。
詳しくは覚えていないが、通行止めとは表示されていなかったので、突き進むことにした。
それにしてもR157はかなり良いツーリングコースだ。
思わぬものを発見したと言う感じ。
トンネルを抜けて眼前にダムが現れると、その雰囲気に圧倒された。
ダム自体は何処にでもある普通のダムだが、R157には気持ちばかりの車止めがあるだけで、そこから見るダムは迫力がある。
遮る物がほとんどないのだから。

2009062705.jpg
真名川ダム。
路肩にバイクを止めるのはちょっと怖い。
谷底まではっきりと見えるんだから…

ダムを越え、ダム湖の麻那姫湖畔のワインディングを駆け抜けていく。
まだまだ快走路は続く。
気分良くR157を温見峠に向かっていると、突然アスファルトが切れ、砂利道が現れる。
この砂利道が現れたのを合図に、それまでの快走路とは幾分か趣を変えていく。
それは段々と国道とは呼ぶに相応しくない、まさしく酷道へと変貌していく。
落石あり、路面の剥がれあり、小さなコンクリート製の橋の欄干はなぎ倒されている。
こんな道でも対向車があるのが神経を使わせる。
コンクリートの古ぼけた路面が現れ始めると、温見峠は近い。
そこで2台のバイクを抜くと峠の頂上にやってきた。
頂上には10数台はあろうかと言う車が並べられている。
これには幾ばくかの驚きがあった。
まさかツーリング中のバイクが居るだなんて、それ以上になんだ?この車の数は!

2009062706.jpg
温見峠。
峠の前後には車が沢山並んでいる。

車の数に少々安心した。
と言うのも、峠の岐阜県側には看板が立ててあり、R157通行止めとある。
但し、迂回路があるように読める。
おそらくは無事に岐阜の街へとは降りられると思うのだが…
そう思っていると、岐阜県側からバイクがやって来たので、岐阜へと抜けられるのか尋ねてみた。
答えは抜けられると。
但し、少々きつい峠を越えないと…
これ以上きつい峠なんてあるのか?
何はともあれ越えられる事は確認できた。
暑さと峠道に神経を使わされ、疲労はかなりの物だが、先へと進むしかない。

岐阜県側に入るとコンクリート舗装はなくなったのだが、一つだけ厄介な問題が出てきた。
これは福井県側でもいくつか散見出来た事だが、岐阜県側ではかなり見られる。
と言うのも、ブラインドコーナーでカーブミラーがほとんど無いのである。
対向車がほとんど無いとは言え、あるにはあるし、これにも相当神経を使わされる。
しかも、下界とは随分と標高差があると思うのに、気温が全く下がっていない気がする。
道には小さな川が流れている所もある。
これが本当に国道なのだろうか?
四国や紀伊山地には相当数存在する酷道、ここ岐阜と福井との県境にも、それらを凌駕しかねない酷道が存在した。
温見峠から看板の表示どおり8kmほど下ってくると迂回路が現れる。
ちょっと意外だ。
こんな辺鄙な山の中で迂回路とは…
もう少し集落のあるところに出てくるのかと思ったらそうではない。
山の中の道と言うと一本道が相場だろ?
とは言え、この迂回路に入るしかない。
すぐにR157に戻るのかと思ったらそうではない。
温見峠から併せて20数km、未だR157に戻る気配は無い。
そして、戻ってきたかと思ったら、r255の看板。
一体ここはどこなんだ?
現在地を確認すべく地図を確認すると、R157からの迂回路とは、折越林道だったのではないか。
そして今は根尾東だかと言う場所に居る。
そう言う風にして立ち止まっていると、2台のバイクに抜かれる。
温見峠の直前で交わした2台。
温見峠で交わされ、折越林道で交わした。
これで4度目の遭遇。
何だか時間を共用できた気分になり、手を上げて見送った。
そしていよいよ出発しようかと言う時に、ハンターカブの…もうおじいさんと呼んでも全く違和感のない方に声を掛けられた。
この方も折越林道で交わしたバイク。
交わす直前、郵便配達のバイクかと思った。
こんな所に配達する物があるなんて、仕事でも躊躇しそうだと思ったものだった。
そのハンターカブは新品に見えるほど綺麗で、こんな歳を取った方が運転されているなんて想像もつかなかった。
温見峠まで走るのが好きなんだそうで、ハンターカブなら楽しい道と言えるだろう。
R1100Sでは少々骨が折れた。

別れの挨拶を済ませて、r255を本巣に向けて南下して行く。
決して快走路とはいえないけれど、今までの道を考えると、そんな風に思えてくるのが不思議だ。
大きな石の鳥居が現れる。
その下には2台のバイク。
バイクの主は川原の方で佇んでいる。
私は大きく左手を上げた。
それに気付いてくれたのか、向こうも同じ様に手を上げてくれた。
ピークに指しかかろうとしている疲れが、幾分か癒された気分だ。
なんなんだろうな、この気分。
r255がR418に突き当たるとそれを右に折れ、しばらくしてR157に戻ってくる。
なんと言う迂回路。
お陰で考えていたルートをキャンセルする事にした。
無謀にもr270でR417に抜けようと目論んでいたのだが、それはあまりにも体力的にも精神的にもきつい。
これで良かったのだ。
R157を南下して、道の駅「織部の里もとす」で小休止。
もはや早く帰る事しか考えられない。
なので最終的なルートの確認もかねて。

2009062707.jpg
道の駅「織部の里もとす」。

名神高速に出るには、相当な距離の市街地を進まなければならない。
これを諦めて、r23からr53に入るルートを進む事にした。
r53に入って順調に滋賀を目指していたのだが、池田町の温泉施設のあるところで強制的にr53を外された。
どうやらこの先が通行止めになっている。
訳の分からない所で訳の分からない道へ。
ただ、R21がどっちの方向にあるかは分かる。
R21にさえ出れば、どうとでもなる。
方向感覚と土地勘だけでr216に出て、それを西にしばらく進んでからR21へと抜けてくる。
ここまで来れば、帰り道のルートは自動的に決まった物だ。
米原からさざなみ街道に出て、それをひたすら野洲まで進む。
さざなみ街道はかなりの車の列が続き、快適とは言い難い。
野洲からは農道に抜けて、後は勝手知ったる道へ。
日はまだ随分と高いが、予定していた時刻よりも帰るのが遅くなっていた。
本当に最後に、R1100Sに気がかりな症状が発生していた。
これに気が付かない振りをするかどうかで悩んでしまった。



酷道ツーリングもオツな物?→にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←と思った方は迷わずクリック。
スポンサーサイト




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking