只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ホイール交換
落札したホイールがまだ置きっぱなしのままだったので、今日は少し時間ができたので、そいつを交換することにしました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
落札したフロントホイール
先日の転倒でダメージを負ったフロントホイールをYahooオークションで落札したのですが、それが今日届きました。
これさえ交換できれば、取り急ぎ走れることにはなりそうです。

2011061901.jpg
送料込で9000円弱でした。
ホイールだけではなく、ブレーキディスクとタイヤが付いているのですが…

オークションの説明ではタイヤの残り溝がまだまだあるので、そのまま使えそうです。
とありましたが、残り溝があっても古いタイヤだと劣化が進んでしまっているので期待していませんでした。
オークションの写真を見る限り、サーキットで使われたタイヤのようでした。
装着されている銘柄はTT900GP。

実際届いたタイヤを見ると、ひび割れも無く、残り溝も十分。
と言う事で、製造年月を見てみました。
なぜ、RG200Γを納車してすぐこれを確認しなかったのか、自分でも不思議でしたが、ひび割れしているしすぐに交換するつもりだったので…

2011061902.jpg
タイヤの製造年月を確認するには左右のどちらかにこのような刻印があります。
刻印には「X2509」とありますが、Xにはたいした意味は無く、残りの数字四桁に意味があります。
このタイヤの場合、2009年の25週目に製造されたタイヤと言う事です。
おおよそ2年前ですか。
このまま使えそうですね?
保存状況にも寄りますが、バイク屋でタイヤ交換をすると、1年前製造とかのが出てきたりしますから、そう言うタイヤに交換して1年ちょっとと考えると、今年一杯はこのタイヤで問題は無さそうです。

9000円弱でタイヤ交換できて、綺麗な状態のフロントディスクがスペアに出来るなんて、結構良い買い物が出来ました。
内心、届く前には振れがあったりだとか、ベアリングを交換しなければならないかも?って考えてましたから。
そのどれもが杞憂でした。
転倒して
サーキットデビューは私自身が想像していたとおり、ほろ苦いものになりましたが、なぜか今日はとてもやさしい気持ちになりました。
確かにショックはショックでしたが、修理の為の費用を捻出するために、仕事を頑張ろうという気持ちになったし、周りの家族に対してもそれまでの感情より、穏やかな気持ちで接することができました。

さて、修理といっても、古いバイクなので部品が出るか心配ですが、フロントホイールはYahooオークションでいくつか散見できるので、どれかを落札できるだろうし、心配なのはリアのブレーキペダルだけですかね。
バーエンドは汎用品が売っていると思うし、なくてもそんなに影響のある部品じゃないし。
あとはタイヤですね。
さすがに新品で購入しますが、オークションで落札するホイールにはタイヤが付いてくることがほとんどでしょうし、それが使えるものかどうか。
その状態次第で、リアタイヤだけの購入で済むかもしれません。

あとは早く水温計の部品が揃ってくれることですかね。
多少マシになったとはいえ、息継ぎのはっきりとした原因が分からないですし。
鈴鹿ツインサーキットへ
予告通り?今日は休みで私の家から最寄りのサーキット、鈴鹿ツインサーキットへと出かけてきました。
前後のタイヤに大いに不安が残りますが、水温計も動かないし、オイルもサーキット走行向けじゃない気がするので、あまり周りに迷惑をかけない程度にツーリングのつもりで。

なんだかはじめてのサーキットは不安と期待の入り交じったもので、久しく感じたことのない気分になります。
自分の性格的に、転倒する確率がかなり高いので、わざわざサーキット用にバイクを購入したわけですが、なるべくなら避けて通りたい道。
まあ、今日は様子見のつもりなので余程の事がない限り…

取りあえず、このサーキットをホームコースにしようと思っているので、会員になることにします。
年会費5000円の登録料1000円。
これで入場料500円が免除され、更に会員料金でコースを走れます。
今日はGコース(グリップコース、その他にDコース・ドリフトコースと両方をあわせたフルコースがあります)で2輪の走行が出来るので、少ない排気量でも問題は無いだろう、と言う事でこの日を選びました。
偶然にも仕事が休みというのもあり、不安材料のタイヤ交換もせず向かったわけです。

2011061401.jpg
車両のテーピングを済ませ、時間を待つ。とても緊張する…

[READ MORE...]
新しいバイクの納車
と言う訳で、先々?週からのネタ振りから、納車の準備が整ったと言う事で引き取りに行きました。
実は先々?週に納車予定だったのが、ヘッドガスケットが切れていると言う事で今週日曜になりました。
一応、納車できる状態ですが、更に水温センサーが壊れていてバックオーダー中です。
なので、パーツが揃い次第それを修理するのですが、現状で水温計は動きません。
まあ、余程の事がない限り大丈夫でしょうと言う事で、それまで乗っている事にしました。

さて、納車されたバイクは…

2011061301.jpg
RG200γです。

何故、このバイクが今まで目にとまらなかったのか。
そう、以前の記事では探していた風に書きましたが、ウルフ200を重点的に探していたもので、更に上位機種のRGV250γがどうしても目に入った所為でした。
車体デザインはRGV250γのVJ22にそっくりですが、RGV250γの下位機種と言う位置付けではなく、RG125γの上位機種として存在します。
見た目どころかフレームや足回りはそのままRG125γですが、リアのショックユニットが強化されているようです。
RG125γが同じスズキのオフロード車TS125Rのエンジンを載せているのと同じく、TS200Rのエンジンを載せたモデルです。
ウルフ200との違いはフェアリングを纏っているだけではなく、前後のサスペンションやメーター周りが違います。
RG200γは倒立式や湾曲スイングアームを採用しています。
足回り的には当時の最高のものを採用していたんじゃないでしょうか?

私がサーキット用バイクを探す中で、重要だったのはハイゼットに車載できるサイズ。
そうなるとどうしてもマルチシリンダーのバイクは避けるようになり、ツインかシングル。
そして排気量は400cc以下から探さなければならない。
出来る事ならエンジンも元気な方が良い、となると2stエンジンを搭載したバイクとなる。
以上の事からどうしても目が向いてしまいがちなのは、国産4社の2stクォーターのバイクだけれど、果たしてそれが操れるのだろうか?
大型バイクに長年乗りながら杞憂とも言える心配がある。
そんな中で浮かんできたのはSDRだったけれど、やっぱり古いバイクで足回りが貧弱に思えた。

RG200γと言う答えが見つかったのは、ホントに偶然のようなもので、こう言うバイクもあるのかと言う程度で情報を仕入れてみた。
車体の軽さやパンチのある2stシングルエンジンもさることながら、足回りに興味がひきつけられた。
アジャスタブルではないが、当時の流行の倒立サスペンションや湾曲スイングアームは、今の時代においても色あせて見えることは無い。
そして見つけた物件はかなりお買い得なプライスが付いていた。
当時のGoobikeで最安だったけれど、オークションと比べてリスクは少ないし、店も見に行ける距離だったので見に行く事にした。
ショップの方は今ある不具合を隠さず教えてくれたし、それを直してから納車すると言う事で、信頼できそうな方だったので決める事にしました。

2011061302.jpg
倒立と言うと、コンペティショナブルながっちりしたものをイメージしていたけれど、案外しなやかな動きをする。
フロントシングルディスクのブレーキはもう少し効いて欲しいかな?
装着してあるタイヤはGT501と言うややツーリング向けのタイヤですが、サイドウォールがひび割れ始めている…
早急に交換かな?

2011061303.jpg
これも当時の流行の湾曲スイングアーム。
ヤマハのパテントの関係でこの後姿を消す事になってしまう。
装着されているタイヤはTT900GPと言うハイグリップタイヤ。
実は見に行った時は前後ともTT900GPだったのですが、前が磨耗して交換時期でした。
気を利かせてくれて?フロントは中古のGT501を履かせたようですが、そこは相談してもらって新品のタイヤを履かせて欲しかった…その予算は見ていたし。
山はあっても前後とも早急の交換予定だが…

一回だけサーキットをツーリングしてくるか?

というか、明日は仕事が休みだし、運良く?鈴鹿ツインサーキットの走行枠があることだし、ツーリングしてきますかね(笑い



しかし、坐骨神経から来るのか、腰とお尻の間に痛みがあるのよね…
具合が良くなってくれることと、気温があまり上がらない事を祈りますかね。
新しいバイクの車種決定?
ビートを引き取った事により、多少バイクの購入に遅れが出たことは間違いなかった。
そして予算的にも見直しが必要に思われた。

それまでは…

車両価格で
NSR250R:~30万円
TZR250、RGV250γ:~25万円
Goose、SDRその他2stシングル:~20万円
VT250SPADA他VTシリーズ:~15万円
を目処に、オークションではそれより5万円ほど低く予算を設定して探していた。

時が経つにつれ、NSR等の2stクォーターが操れるだろうか?
技量的にも、もし転倒したときのダメージ的にも、スピードの出るバイクで大丈夫なんだろうかと、心配になってきた。
サーキットを走る事自体、初めてだからもっと扱いやすそうなので良いんではないだろうか。
予算的にも厳しいし、サーキットを走ることが苦痛になって来るかも知れない。
そう言う後ろ向きな考えも出てきたことは確か。
まあ、NSRならすぐに貰い手は出来るだろうけれど。

そんな訳で、2stクォーターに関しては余程良い出物が無い限り諦める事として、SDR等の2stシングルをメインに探す事にした。
しかし、なんと言っても古いし、タマ数が少ないからそう簡単に気に入るものが出てこない。
VTなら簡単に見つかるんだけれど、それは最後の手段としておく。

そしてBROSから探し始めて半年、ひょんな事から購入する事を決めるバイクが見つかる。
それまではgoobikeやYahooオークションでは、最初にNSR250Rの情報を見て、TZR、Vガンマと見て、良さ気な物がないとGooseやSDRを探していた。
その後にSPADAの情報を。
2stシングルと言っても、RG200γやウルフ200は暇な時にチェックするくらいだった。
一応、BROS650やSV650も同じくらいの頻度でチェックし、余計な事にTRXやTL1000もついでに見ておいた。
ステップアップしたら多分、こう言うバイクにするだろうなと。
TRXなんか、リッターバイクと呼んでもおかしくないくらいなのに、買おうとしているバイクと値段がそんなに変わらないから困ったもんだ。

まあ、TRXやTL1000なんかはハイゼットに積み込めないので参考だが。

長い間チェックしてきたつもりだが、見方が偏っていたんだろうな、チェックしているつもりがチェックしていなかった。
思わぬ出物に早速実車を見に行った。
その時は不動状態だったけれど、不動の理由を店の人が隠さずに説明してくれたし、それは整備してから納車するとの事で、もし実働状態にして異音などがあり、説明と違うならキャンセルしてくれてもかまわないと言う。
信頼できそうな感じの店だったので契約してきました。

購入したバイクは納車後に報告します。
焦らすなって?
新しいバイクの車種選択
そもそも、私の所有しているR1100Sは練習用には向かないのか?
向いていれば追加でバイクを購入するなんてことは不必要で、それでサーキットも走ればよい。
答えは、バイクを探している段階で「yes」と言っておこう。
結構クセのあるバイクだし、練習用としてはもっと大型バイクに慣れ親しんでからの方が良い。
縦置きエンジン、シャフトドライブと乾式単板のクラッチには慣れが必要だし、それには独特の乗り味がある。
練習段階でこのような乗り味は、むしろ不都合なことが多い気がする。
という訳でバイク探し。
基本は中間排気量のツインかシングル。

タマ数の少ないBROSとSV650は新しい出物が出るまで待つ必要があり、その出物が予算内で収まるというわけではなかった。
出物を待つ間に、バイク用品店のキャンペーンがあり、バイクを購入するより先に装備を購入してしまったから、いよいよ後戻りができなくなってしまった。
そうなってからは練習用バイクというよりサーキット走行用バイクを探すことになる。
当初の目的はどこか置き去りになってしまって、ミドルネイキッドという範疇にこだわらなくなってくる。

前述の2台に加え、その下位モデルの400やSRXも探すようになる。
下位モデルの400と言っても、重量的にあまり変わらないから、相当お手頃でないと手を出す気にはなれなかった。
そこで候補に挙がってきたのがGoose350である。
下位モデルの250もあったが、それも前述の理由で積極的候補ではない。

一見ネイキッド風だが、ポジションはレーサーレプリカと遜色のないモデル。
もう練習用と言う訳にはいかない。
値段もそれなりに手頃なものが多く、いくつか候補があったが、それに飛びつくわけではなく、もう少し冷静になって考えてみようと言う事になる。

もう大型練習用ではない。
そうなってくると、2stクォーターも視野に入ってくる。
この段階では、NSR250RのMC21と言うモデルを一番の購入候補にしていた。
実際にバイク店に商談しに行ったり、オークションでの入札をしたりしていましたから。
その他に外せないのがTZRやRGVガンマと言ったライバル車種。

まあ、どれもかなり古い車体で、それなりの固有トラブルを抱えている。
NSRなんかセンターシールやオイルポンプシールが弱点で、いつそれがトラブルを起こしてもおかしくないという。
そう言った事を考えていると購入に踏み切れないから、ある程度は覚悟するにしても、車両価格にそれを乗せるとちょっとしんどい。
そこでもっとお手軽そうな、2stシングルの存在。
SDRやRG200ガンマ、ウルフ200の存在。
4stツインのSPADAなんかも良さげではある。
スタイル的には以前に購入しようと思っていたSDRが最有力候補だが、サーキットを走るには如何なものだろう?




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking