只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    オーパス・アレグロ3.0
    ブリヂストン・レイダック
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



strava



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



思ったより早く
先日購入したバイクの準備が出来たと連絡がありました。
GW明けくらいになるかなと、のんびり構えていたので少し驚きましたが、暇をもてあましていたので早速、R1100Sと入れ替えに行って参りました。

2012042901.jpg
これが自宅で見られる最後の姿。
タンクカバーはR1100S用だし、それに付随するバッグはカバー専用品なので付ける事にしました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
洗車と写真撮影
下取りに出す事が決まったR1100S。
お別れの前に洗車と写真撮影をする事にした。

2012042801.jpg
良いツーリング日和だったので、このまま遠くへ走りに行こうと一瞬考えた。
[READ MORE...]
下取りに出します(後編)
前編・後編と分けたのは書きたい事が多かったから。

ここ1~2年、積極的にバイクに乗りたいと言う気持ちが涌かなくなっていた。
行きたい所が近場にはなくなり、遠出するにも時間が取りづらくなってきた。
走行距離も数年前と比べると格段に落ち、このままではR1100Sが可哀想になってきていた。
BMWは距離を走ってなんぼ。
パニアケースへの憧れから購入に至ったけれど、そのパニアケースを持ち出してツーリングする回数が減ってしまった。
それと同時に、2年に一度くらい大き目のトラブルに見舞われるようになり、維持していくのに弱気になった。
バイク熱を再び盛り上げるのには、環境の変化しかない。

その環境が今年になって変わった。
思い出を失ってしまった。
それも立て続けに続いて、自暴自棄になりそうだった。
こうなったらしがらみを全部取り除いてやろうと、そう言う気持ちも涌くようになった。
思い出を失ったひとつは些細なことだけれど、以前まで使用していたパソコンが壊れ、大切なデータが取り出せなくなった。
ブログはオンラインで更新できるけれど、HPの方は少し考えないと駄目だな。
あんまり更新していないけれど。

兎に角、環境が変わったことに対応していかなければならないと思い、思い切ることにした。
冷めかけたバイク熱を再び取り戻すのにも、カンフル剤は必要。
今回購入することになったバイクは、数年前から欲しかったバイクだ。
いや、R1100Sを購入してすぐと言っても良い。
R1100Sはとても気に入っていた。
当時のパニアケースを純正で準備できるバイクの中で、ピカ一のデザインだと思っていた。
しかしそのバイクは、デザイン面での好みがR1100S以上だった。
当時の私の使い方からは少し外れていたので、「いいなぁ」と言う眼差しだけだった。

そして前編の記事。
迷いに迷ったけれど、そう言うタイミングで現れてくれたバイクに何かの縁を感じ、R1100Sにはもっと良いオーナーの元へ嫁入りしてもらうことを願い、下取りに出すことにした。
下取りに出します(前編)
昨年の秋に充電トラブルに見舞われたR1100S。
その原因がスパークプラグにあるだなんて想像もできませんでした。
と言うのも車検が来月に迫り、充電トラブルの修理もしなければならないし、磨り減っているフロントタイヤも交換しなければならないという事で、これを機会に乗り換えることを考え出しました。

つい先日、任意保険の更新のため、バイク屋(と言っても全国チェーンのあの店ですが)に訪れた際に以前から興味があったバイクを検索してもらいました。
その時の検索に引っかかったバイクはかなり距離を走りこんでいましたが、外装は申し分なく調子も良いと言うこと、そして価格が低かったことで心が揺らぎました。
国内仕様という事が引っかかりましたが、フルパワーなんて本当に必要か考えると国内仕様でも良いんじゃないかと思うようになりました。
やはり長年の相棒と別れるのは即決できなくてその時は一旦家に引き返しましたが、色々と考えた結果数日後、R1100Sの下取り価格を見てもらおうと電話をすると、まだそのバイクは売れ残っており、バイク屋でR1100Sの下取り価格を見てもらうことになりました。
バッテリーが上がってしまっていることを伝え、帰りにはジャンプして欲しい事を頼んで。

充電トラブルを起こす以前、R1100Sにはイリジウムプラグを入れていて、右側のプラグがかぶってしまって、予備に取っておいた普通のプラグを入れていたことを思い出して、左側もノーマルのプラグに戻すことにしました。
そして下取り価格を決めてもらうためにバイク屋へとR1100Sに乗って向かいました。

バイク屋にたどり着いてR1100Sを預けると、査定の待ち時間、他のバイクでも見ていようとブラブラ店内をしていると、10数分後に聞き覚えのあるセルの回る音、そしてアイドリング音が聞こえてきます。
『あれ?R1100Sのヘッドライトが点灯しているけれど、どうやってエンジンをかけたんだろう?まさかジャンプして?』
セルモーターを回そうとしてもほとんど反応しないはずなのに…
バッテリーまでアクセスできる時間ではなかったし、ジャンプする場所を知っていたのかな?
一応、BMWも扱っているし、知っていて当然か。

査定が終わると「さっきエンジンを掛けてはったみたいですが、バッテリーは大丈夫でした?」
すると「ここに来るまでの間に少しだけでも充電されたんでしょう」
とあっさりと答えが返ってくる。
おかしい、充電なんてされるわけがないのに。
変わったことと言えば、スパークプラグを元に戻したことだけなのだが、まさか…

その時の査定金額は愕然とするものだった。
思い入れがある分余計にショックを感じるが、冷静に考えると売り物にするまでにはかなりの整備を要する。
ショックも有ったけれど、R1100Sとは腐れ縁かな。
その時はもう少し付き合っていこうと思ったけれど、打ち出された車両紹介結果を眺めていると、これほどの出物は早々ないんじゃないか?追い金も何とかなる範囲だし。

更に数日後、そのバイクが売れ残っていることを確認すると、取り寄せてもらう事にした。
見に行く時は住民票と印鑑を持って。
深刻なトラブル?
実は昨日、鈴鹿ツインサーキットで走行枠があったので出かけてきました。
滋賀周辺は桜が満開から散りはじめの頃にかかっていて、良い花見の時期です。

さて、サーキットで走るだけなので、今回は写真を割愛しようとカメラは持っていきませんでした。

今回の走行枠はGコースをミニバイクと交互に走る枠でした。
ミニバイクは貸しきり状態でしたが、ロードは10台前後は集まりました。
いつも2本分走るので、今回も1本目と2本目を走ることにします。
前回も転倒しているので、今回は入りを慎重に持って行き、徐々にペースアップを図るようにしました。
そんな訳で、途中に赤旗中断があったものの順調に周回をこなしていたのですが、タイムアップ直前の最終コーナーで物凄い違和感を感じました。
最初はリアタイヤに何かを巻き込んだかとピットインしましたが、何も巻き込んでおらず、再びコースに復帰したのですが、コース半ばでやはり違和感を感じます。
違和感の正体は『ゴー』と言う異音なんですが、その異音がしたりしなかったり。
しかし、確実にしています。
これはただ事ではないと、2本目はキャンセルしその異音が何処から発生しているのか気になります。
エンジンに抱きつきの感じはなく、ミッションの入り具合が渋くなっている感じがしたので、おそらくミッションにトラブルが発生したのだと最初は思いました。
「参ったなぁ」と古いバイクなので修理ができるものかと不安を覚えましたが、それと同時にやけにタンクがグラつくのも感じました。
「こんなにタンクって動いたっけ?」
とにかく異音のことで頭がいっぱいになって、タンクのグラつきなんて些細なこととあまり真剣に考えませんでした。
エンジンをかけて異音の場所を探ってみると、どうもタンクの下、エアクリーナ周辺からしているような気もします。
とりあえず持って帰って考えるかと、バイクを積み込んで帰り支度を終えようとしたとき、ふと目に止まったものがあります。
それはタンクとフレームの間にあったゴムパーツ。
それが片方ありません。

2012041801.jpg
本来は下の写真のようにゴムパーツがついています。
2012041802.jpg

走行枠の合間に異音のし始めた場所を探させてもらおうとマーシャルの人に話しかけると、その方がコース上で拾ったといってゴムパーツを見せてもらったら、まさしく探そうと思っていたパーツ。
お礼を言ってそれを受け取ると、異音の正体はフレームから振動をひらって、タンクが共振していたんじゃないかと思うようになりました。
多分間違いないと思っています。
パーツをボンドでくっつけはしましたが、試走していないので異音が収まっているかは定かではありません。

まあ、収まっているでしょう!

と、今のところ楽観しています。

ちょいとこの後、入用がありそうなので。




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking