只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ニューロードバイク組立・ハンドルバー取付
パーツ購入その4からの続き

ハンドルバーの取り付けこそ、本当に簡単な事なので、何かの記事に紛れ込ませた方が良いと思っていたが、この先しばらく、たいした進展は望めそうもないし、少し思う所もあったので単独で記事を書く事にした。
E740に取り付けるハンドルバーは既にアレグロから取り外してあるし、E740に仮付けしてあったハンドルバーもアレグロへと取り付けた。
思う所は、そのアレグロにハンドルバーを取り付けた記事にでも書けば良かったけれど、作業中にトラブルがあり、写真を撮り忘れたので、この記事で書く事にした。

2018053001.jpg
アレグロから移植するEastonのEC90SLXロードバー。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
ニューロードバイク組立・パーツ購入その4
アレグロのリフレッシュ作業その3からの続き
タイトルをパーツの注文と到着に別けていたけれど、別ける必要が薄くなったので購入に統一。

アレグロから移植するパーツも取り外し、それと同時に保留していた転倒で傷ついた部品の取り替えも行えたので、E740の組立作業へと戻れる。
さて、ロードバイクとしての形にするには、クランクとシフター、それにディレーラーが無い。
シフターとディレーラーは今の所、R7000系の105が発売されるのを待っているけれど、ヤフオクでくじが当たれば少しだけ方向転換しようかと思っているけれど、くじの当たり待ち、ってのは現実的ではない。

となると、クランクだ。
クランクは自転車の顔、とも言われるパーツらしいし、常に力を入力している、比較的違いが出る部分だとも思う。
比較的どころか、相当だろうな。
そんな疎かに出来ないパーツだから、良い物を奢りたい。

[READ MORE...]
手術が終わり
気持ちの上での、肩の荷が下りた。
アレグロも先日、完全復活?したばかりで、転倒の記憶を呼び起こす物は、身の回りでなくなりつつある。

麻酔が切れてきたのだろうか、手術した場所が痛み始めている。
今回の手術と言うのは、昨夏、自転車で転倒してしまい、鎖骨を折ってしまった。
その鎖骨を繋いでおく為のプレートの除去、正式には抜釘手術と言うらしい。
この手術を受けてきた。

鎖骨も繋がり、不必要になったプレートの取り外しに、術式は全身麻酔にするか、局所麻酔にするか問われた。
プレートを入れる時は全身麻酔で、気が付いたら終わっていた。
今回もそんな、気が付いたら終わっていた、なんて事は何の経験にもならないし、戒めにもならない。
全身麻酔にすると、手術の前後は入院が必要になるので、金額的な負担と家族への負担も増えるように思えたので、多少の痛さはあるけれど、自身への戒めも含めて局所麻酔で抜釘手術をお願いした。

終わったから言える事だが、局所麻酔にして本当に良かった。
でなければ、分からないまま終わってしまった事だろう。
スタッフの心遣いに感謝している。
手術に望むにあたり、不安は誰しもあると思う。
その不安を取り除いてくれる様な、和やかな雰囲気作り。
不安な気持ちは相変わらずあったけれど、表情は晴れ晴れとしていた筈だ、いや、少し笑顔になっていたかもしれない。

どんな痛みが襲ってくるのか。
麻酔の注射が一番痛かったかもしれない。
地味に長く続く痛みだったからだが、十分に我慢出来る。
驚いたのは、電気ショックのような衝撃が、左の鎖骨から指先にかけて襲ってくる事だった。
この衝撃は手術序盤に二回だけ襲ってきたが、術中襲い続けるものだと思ったら、気が重くなっただろう。

手術は、担当の先生と助手の先生、それに看護婦さん(と言って良いのか?)が二人付く、四人体制だった。
最初の内は私にも話し掛けて、手術の様子や痛みがあるかなど確認されたが、その内、先生同士の雑談…と言うか他の患者さんへの術式の話へと変わった様だ。
大転子とか、関係ない場所だろう?
それほど私の手術は簡単な物だと思えたので、更に気が楽になった。

術後に痛くなかったかと聞かれても、最初の麻酔が痛かっただけだと応えた。
事実そうだったけれど、あの電気ショックのような衝撃の正体が知りたくなり、それを聞くと正体は『電気メス』だった。
あの衝撃が続くようならば、こんな感想が言えたかどうかはかなり疑問だが。

取り外すプレートを手術前に持って帰るかどうか聞かれたが、病院側で処分してもらうようにした。
持って帰った方が、ブログネタ的には美味しいだろうけれど、二度とお世話にならない様に、身の回りに置かないようにした。
抗生物質と痛み止めの薬が出されたけれど、抗生物質は出された分だけ飲むようにするけれど、痛み止めは飲むつもりは無い。
そう思っていたけれど、痛さが徐々に酷くなってきた。
これは負けそうだ。

不安を和らげる心遣いに、本当に不安なく手術が終えられた事を、スタッフに感謝したい。
手術の雰囲気も楽しめたけれど、この経験はここまでにしたいと、安全に、体が無事でこそ楽しめるものだと、自転車に乗る事を再考させられ、そして無茶はしないでおこうと誓えた様な…気がするな。
もっと厳しい手術ならば、そう思えたに違いないけれど、拍子抜けするほど簡単な様に思えてしまったから、十分な戒めにはならなかった…のかな?
アレグロのリフレッシュ作業その3
アレグロのリフレッシュ作業その2からの続き

ワイヤーの取り替えは、その準備が整ってからと思っていた。
なので、フレームに内装されている部分は、それをリードの役目とする為に作業の終盤まで残しておいた。
そしていよいよ準備も整い、ワイヤーを取り外して行く。
取り外さない事には、STIもフリーにならない。

作業手順としては、ブレーキキャリパー側やディレーラー側のワイヤーエンドキャップ部を切断し、固定ボルトを取り外した後、STI側から引き抜いて行く。
STI側のタイコ部をカットすれば、ブレーキキャリパーやディレーラー側からも引き抜く事が出来るが、ワイヤーが再利用出来る状態であれば、この方法では再利用出来ない。
ワイヤーを引き抜く前に、フレームの中を通る部分には、ケーブルライナーをワイヤーに通しておくと、ワイヤーを通し直すのが楽になる。

このワイヤーを引き抜く作業の時だった。
フロントディレーラーからBB下へ抜ける箇所に、購入した時からのケーブルライナーがあった。
このケーブルライナー、前回ワイヤーを取り替える時に新しい物にしようと思ったけれど、フレームに固着してしまっていて根元から折れてしまい、そのまま残してしまう結果になっていた。
今回の作業で取り替えられるならば取り替えたいと思っていたけれど、前回諦めたのと同じ状況で、今回もそのまま残す事しか出来なかった。

それは良かった。
いや、良くなかった。
シフトワイヤーを前回はオプティスリックの物にしていた。
ワイヤーに樹脂状の物がコーティングされている。
強い摩擦を与えれば、そのコーティングが剥げて行く。

少しは注意していたつもりだった。
引き抜く際に引っ掛かりを感じ、オイルを注して滑りを良くしたつもりだったけれど、多少は力技に頼った感は否めない。
それが大問題となった。

[READ MORE...]
アレグロのリフレッシュ作業その2
アレグロのリフレッシュ作業その1からの続き

カテゴリはアレグロの記事にしているが、E740の組立との関連も強い、と言うか流れ的に不自然ではないと思っているんで、リンクは張る事にしている。
作業内容的には1日で終えているが、記事にすると長くなってしまうので、区切りの良い所?で分割しているのを了承して欲しい。

前回はハンドル回りをバラし、ステムの取り付けまで終えた所。
これからハンドルを取り付けて行こうと思っている。

[READ MORE...]
アレグロのリフレッシュ作業その1
ニューロードバイク組立・パーツ購入その3からの続き

全ては昨夏の転倒から始まった。
アレグロのフロントホイールが破損し、代わりのホイールをヤフオクで入手した。
そのホイールの使い勝手が悪く、もうワンセットホイールを入手する事にした。
ホイールの取り替えなんて気軽な物だと思っていたけれど、これが現実となるとそうでもなかった。

ホイールの取り替えの度にブレーキシューも取り替えなければならない。
この作業が思った以上に煩わしく、前日からの準備が必要になった。
しばらくはこの状態でも我慢していたが、その日の状況によって自転車ごと取り替えたかった。

取り替える自転車はあった。
あったけれど、自転車仲間からソレに乗ってくるのは止めた方が良いんじゃないかと諌言された。
その自転車もそのままで使用する事は出来ないので、いつかは11速化する必要があった。
諌言されてまで、11速化する必要があるのか?

もやもやとした思いを抱えながら、時が過ぎていったが、とある海外通販を眺めていると、フレームセットが意外に安く出ているな、と思った。
気軽に買える値段ではなかったけれど、国内で買うよりは随分と安い。
そんなサイトを眺める時間が次第に増えていったが、行動に移すにはもう一押し、何かが欲しかった。

そしてそのもう一押しがあった。
E740と言うモデルを見つけてしまった事。
後押しをしてくれる声があった事。
天啓とも思える出来事があった事。
全てがそこに繋がっているように思え、手に入れた。

転倒をしてしまって、以前の力が取り戻せないし、金額的な負担も大きく、本当につまらない事になったと思った。
力が取り戻せない代わりに、それを機材で補おうと言う考え。
金額的負担を取り戻すため、仕事を頑張ろうと言う考え。
後ろ向きな考えばかりじゃ何も好転して行かない、前を向いて強く歩き出そうと言う思い。
悪い事ばかり続く訳じゃない、それをきっかけに良い事も起こる、『人間万事塞翁が馬』。

未来は切り開いて行かないといけない。

体調が戻らない間は、アレグロの修復を中途半端…と言うか最低限走れる程度にしていたが、転倒の危険性もかなり減ってきたので、本格的に修復しようと思っていた所、ニューフレームを検討し出した。
その問題が片付いてからにしようと思っていた修復作業だが、ようやくその問題も片付いて、むしろこの作業を進めないとニューフレームを組んで行けない事になってきた。
そんな訳で、アレグロのリフレッシュ作業に取り掛かる。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ購入その3
パーツ雑感その1からの続き

アレグロに取り付けて、かなり気に入っていたパーツをE740に移植しようと思っていた。
そのパーツはアレグロを11速化した時に導入したパーツで、当時の記事には一生物と思っていたパーツが、例の転倒でまさかの破損。

破損はしたけれど本体は全くの無傷で、取付用のボルトが折れてしまった。
転倒とは無関係の様に思えた部分に加え、取付部のフレームも全くの無傷。
一体どの様にしてこの様な破損に繋がってしまったのか、謎ばかりだった。
最初は諦めていたけれど、E740の購入を機にして、ショップで修理してもらえないだろうか相談をした。

相談した所、件のパーツの補修部品が出ていないと、シマノのサイトで確認してもらった。
その時は再び諦めてしまったけれど、買い直すには非常に高価な為、シマノにて有償修理してもらえないか相談した。
そして色々とご尽力いただいて、取り敢えず破損したパーツ、R9100系のリアブレーキをシマノに送ってもらう事になった。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ雑感その1
サドル取付からの続き

パーツ購入その1で届いた物のほとんどは、フレームに取り付ける事が出来た。
まだ自転車として完成していないからインプレッションは出来ないけれど、組み付けるに際して感じた事はある。
そんな雑感を綴ってみる。

雑感の前に、実は必要を感じてAmazonから購入した物がある。
そのいくつかが『あわせ買い対象』商品だったので、その条件に達するのに、余分な物も購入してしまった。
余分と言うには少し語弊があるけれど、仕事で必要になる物だったし、ちょっとした情報を伝えるには良いアイテムだったので購入した。
今回の記事は、早速それを活躍させている。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・サドル取付
フォーク取付からの続き

サドルの取り付けなんか何の問題も無く終わり、何かの記事と一緒に書けるものだと思っていた。
ところがだ。
こうして単独の記事として書くのは、一筋縄で行かなかったからだ。

中華クオリティーに当たってしまった。

無駄金を使いたくない状況でこの問題に当たってしまった事に、残念な気持ちになったけれど、これも経験のひとつと捉えると悪くは無いだろう?
解決策も無くはなかった。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・フォーク取付
パーツ購入その2からの続き

取り敢えず、第一弾のパーツが届いたので、フレームセットとしての形が作れるようになった。
なので、少しずつ形にして行こうと、フォークを取り付ける事にした。
実はこれがニューロードバイク組立の中で、一番厄介だと思っていた作業だ。

後戻り出来ない作業があるので、それは失敗したくない。
失敗しない様に、工具のレビューもしっかりと確認していた。
初めの作業が失敗出来ない事なので、幾分かプレッシャーを感じるが、これさえ乗り切れば、ゴールがぐんと近付く。

コラムカット。
出来れば一度で済ませたい作業だが、ポジションも決まっていないので、幾分かは調整の余地を残しておく必要がある。

2018050801.jpg
フォークのコラム長は300mm。
ヘッドチューブ120mm、ダストカバー5mm、コラムスペーサー20mm+10mm、ステムのクランプ長40mmの計195mmがあれば十分のはず。
コラムスペーサーは2枚までが良いと聞いていたので、一番長い20mmと、使い勝手の良い10mmを使う様にする。

[READ MORE...]
ニューロードバイク組立・パーツ購入その2
パーツ購入その1からの続き

ようやく…ようやく注文していたパーツの第一弾が届いた。
今回はAmazonでまとめて注文した訳だが、一部のパーツが中国発送になり、全て届いたのが今日になってしまった。
注文してから三週間。
いままでAmazonで注文すると、翌日か翌々日には届く事が多かったので、この待ち時間はとても長く感じた。
『お届け予定』がGW序盤と表示されていたので、それまでは気長に待つ事が出来たが、序盤が過ぎ、GWが明けてからは少しイライラしたかな?
注文するパーツはこれだけではないし、早く次へと行動を移したかった。

2018050701.jpg
これらはAmazonの倉庫から発送された様で、到着は早かった。
早かっただけに、残りのパーツが届くのをやきもきしながら待つ羽目になったが。

[READ MORE...]




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking