FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



アレグロのリフレッシュ作業その3
アレグロのリフレッシュ作業その2からの続き

ワイヤーの取り替えは、その準備が整ってからと思っていた。
なので、フレームに内装されている部分は、それをリードの役目とする為に作業の終盤まで残しておいた。
そしていよいよ準備も整い、ワイヤーを取り外して行く。
取り外さない事には、STIもフリーにならない。

作業手順としては、ブレーキキャリパー側やディレーラー側のワイヤーエンドキャップ部を切断し、固定ボルトを取り外した後、STI側から引き抜いて行く。
STI側のタイコ部をカットすれば、ブレーキキャリパーやディレーラー側からも引き抜く事が出来るが、ワイヤーが再利用出来る状態であれば、この方法では再利用出来ない。
ワイヤーを引き抜く前に、フレームの中を通る部分には、ケーブルライナーをワイヤーに通しておくと、ワイヤーを通し直すのが楽になる。

このワイヤーを引き抜く作業の時だった。
フロントディレーラーからBB下へ抜ける箇所に、購入した時からのケーブルライナーがあった。
このケーブルライナー、前回ワイヤーを取り替える時に新しい物にしようと思ったけれど、フレームに固着してしまっていて根元から折れてしまい、そのまま残してしまう結果になっていた。
今回の作業で取り替えられるならば取り替えたいと思っていたけれど、前回諦めたのと同じ状況で、今回もそのまま残す事しか出来なかった。

それは良かった。
いや、良くなかった。
シフトワイヤーを前回はオプティスリックの物にしていた。
ワイヤーに樹脂状の物がコーティングされている。
強い摩擦を与えれば、そのコーティングが剥げて行く。

少しは注意していたつもりだった。
引き抜く際に引っ掛かりを感じ、オイルを注して滑りを良くしたつもりだったけれど、多少は力技に頼った感は否めない。
それが大問題となった。

[READ MORE...]
スポンサーサイト







FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking