FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



移植出来そうなパーツの取り外し・その2
その1からの続き

ヴァンテージから移植出来そうなパーツは、まだまだありそうに思える。
特にハンドル回りのパーツは、是非とも移植したい。
これも元々はKING KIKAPUから移植したパーツの筈だ。

2019013101.jpg
ブレーキレバーとラピッドファイアのシフトレバーは、元々はKING KIKAPUに装着されていたパーツなので、移植するのはそんなに問題無い筈だ、と言うよりも、元に戻すと言った方が良いのか?
兎に角このパーツを取り外さなければならない。

[READ MORE...]
スポンサーサイト



移植出来そうなパーツの取り外し・その1
昨年末にフロントフォークが折損し、転倒を喫してしまったMTB『SCOTT VANTAGE』(以下ヴァンテージ)は走れる様にするのにかなりの予算と労力が必要に感じるので、当分は部品取りにしてフレームだけ残そうと思っている。
恐らく、再び走れる様にはならないだろうけれど、そう言う形で手元に置いておこうと思う。
取り敢えず、KING KIKAPUに流用出来そうなパーツを取り外しておく。

2019013001.jpg
先にステムだけ移植したヴァンテージ。
さて、まだ何か部品が取れるだろうか?
真っ先に目に入るのは、リアディレーラー。
それを取り外すには、チェーンも一緒に取り外さなければならないな。

[READ MORE...]
KING KIKAPUのハンドル取付
年末の転倒で走らせる事が出来なくなってしまったMTB…ヴァンテージの代わりに、普段の足として使える様にもう1台のMTB…KING KIKAPUを復活させようと、暇な時間が出来たら、少しずつでも作業を進める様にしています。
そして今回は、玄関脇に今後も使う可能性があるだろうと、パーツを収納していたケースから使えそうなハンドルを見つけたので、それを取付ける事にしました。

その前に…ヴァンテージからコラムだけでも移植しようと取り外す事にしました。
コラムもあったのに何故?と思われるかも知れませんが、何となくポジションを出すならこちらの方が良さそうに思えたので。
実際はしばらく乗って、ポジションが合う方にしようと思っていますが、手っ取り早く合いそうな方を選んだ方が良さそうに思えたので。

2019012901.jpg
取り敢えず、短いステムの方がポジションを出しやすそうだったので、これを取り外す事に。

[READ MORE...]
KING KIKAPUへの前後ブレーキ移植
年末の転倒から、丁度一ヶ月。
通院も残す所一度になった…と、思いたい…けれど、体調は完調ではないし、自転車に乗るにはリハビリが続いている状態だけれど、そんなリハビリの合間を見つけて、MTBの復帰作業を進めている。
今回はヴァンテージから前後ブレーキの移植作業。
と言うか、この前後ブレーキは元々KING KIKAPUに装着されていた物を、ヴァンテージを復帰させる際に移植した物。
なので、元あった場所へ戻すと言った方が良いか?

2019012801.jpg
このブレーキは、本来KING KIKAPUに装着されていた物。
それを元あった場所へ戻す作業と言った方が良いのかも知れない。
なので、特に気を付けている事は無い。

[READ MORE...]
KING KIKAPUのタイヤ&ホイール交換
取り敢えず、当面の目標はフルサスのMTB『KING KIKAPU』を走れるようにする事と決めた。
いや、その目標の方が達成しやすいと思っただけで、ハードテイルのMTB『ヴァンテージ』を走れる様にするよりも簡単だと思ったからに他ならない。

そんな訳で、先ずは修理して行きやすい様に、自立出来る様にとタイヤとホイールを流用する事に決めた。
何は無くとも、先ずこの状態に持って行かないと、話が始まらない…気がしたもので。

2019012701.jpg
軒下の様な場所で、長期間放置していたので、前後のタイヤは劣化が酷く、とても乗れる状態ではなかった。
修理するにしても、自立出来る状態ではなかったので、ヴァンテージから移植する事にする。

[READ MORE...]
昨年末の転倒にて
このブログのスペースでは、おそらく初めて記事にするんだろうな。
実は昨年末、MTBで転倒してしまって、この年末年始は病院で過ごす羽目になってしまった。
その病院も、つい先日退院し、今は通院で症状を見てもらうようになった。

転倒の原因は、想像もしていない事だった。
当初警察から話を伺うだけでは、パンクが原因だと思っていた。
退院し、自転車を警察まで引き取りに行くと、その自転車はパンクなどしておらず、原因は別にあると感じた。
引き取ったMTBは、フロントフォークがコラム下から真っ二つになっていて、それが原因と思えた。

転倒時の記憶は全く無い。
だから自転車のダメージを見て想像するしかないのだけれど、こんな事があって良いのかと思えた。

2019012601.jpg
ほぼほぼ警察から引き取ったままの状態。
取り敢えず、タイヤは前後ともパンクはしていない。
しかし、フロントフォークは本来の場所であるヘッドチューブ下には無い。

[READ MORE...]
新年を迎えて、新調する物
新年早々の記事で、いくつかのアイテムを新調すると言った事を書いた。
今回はその新調する物を、詳しく取り上げたいと思った。
まあ、何か更新しておこうと、そう思っただけだ。

新しい年を迎え、自分自身の気持ちも変化が欲しくなるのは、自分の欲求に素直になると言う事と同義に感じる。
自分自身の欲求と言うのは、成長する欲求と簡単に言える。
成長するとは、今の自分よりも大きくなりたい、いや物事を完遂した時に得られる達成感の大きな物、成功体験をしたいのではないか?
簡単に言えばそう言う事だ。
大きな達成感を得たいと表現出来る。
その為には、普段使っているものを新調するのがひとつの手立てではないか?
環境が変われば、意識も変わる。
意識を変えたければ、環境を変えれば良い、と言えるのではないか。

微かな環境の変化、それで自分自身の意識の変革を行いたい。
実は最初の病院送りになった落車事故、その事故で傷ついてしまった物があった。
その傷ついた物を新しくする事で、当時の気持ちも新たに出来るんじゃないかと考えていて、そのタイミングを新しい年を迎えてにしたかった。

2019011101.jpg
脳内出血の事故になってしまった時、服を脱がされる時についでに鋏を入れられてしまった心拍計用のチェストベルト。

2019011102.jpg
そのチェストベルトを利用する為に、自分で裁縫し、何とか使える形にした物。
この状況でもしっかりと心拍数は計測出来ていたけれど、何かすっきりとした形にしたく、新調する事にした。

2019011103.jpg
CATEYEの心拍数計を使用していたので、チェストベルトもそれ用の物に新調出来た。
費用が比較的少なく済んだ事も良かった。

2019011104.jpg
新品(上)はやはりしっかりしているので、使い心地は問題無さそうで一安心。
これだけの事でも、心理的には随分と改善される物だから、不思議だ。

後は普通に装着して、問題無く心拍数を計ってくれたのならば、ぐっと成功体験を刻んでくれる筈だ。
いつかはデュラエース
操作ミスで購入した物からの続き

ロードバイクに乗っていて、そのコンポーネントがシマノ製で統一されているならば、その最高峰であるデュラエースに、いつか交換したいと思うのは人の心だろう。
お金に糸目をつけなければ、すぐにでもデュラエースにする事が出来るけれど、どうしてもお金と言う要素が絡んでしまう。
これが世の常と言うべきか。

デュラエースのすぐ下に、セカンドグレードとしてアルテグラが用意されている。
その更に下は105と言う、デュラエースとの互換性が保たれたグレードが用意されている。
この105と言うグレードは、量販されているロードバイクにかなり多数採用されていて、デュラエースと互換性があるので、一部をデュラエースにして利する事ができる。
この点で、105がロードコンポの最低限と言われている所以だろう。

では105からデュラエースにアップグレードするには、どのパーツからして行くのが正しいのだろう?
コンポーネントには、STIと呼ばれるデュアルコントロールレバー、ブレーキ、前後ディレーラーがメインとなるだろう。
それらを動かすワイヤーはSTIのセットに含まれていたりする。
勿論、個別に購入する事も可能だ。

続くのがチェーン、ペダル、BB等の回転摺動部。
ベアリングなどがひとつ上の性能を持たせた物に取り替えられたりする。
チェーンにはシルテックと呼ばれるコーティングが施されていたりする。
ここにもデュラエースとしての誇りが感じられる。

では、105から何をグレードアップしていけば良いのか、その道のりは示されている様に感じる。
セカンドグレードのアルテグラはデュラエースから受け継いだ技術が投入されている事が多く、素材の差だけと言われる事も多い。
そう言った事を考えると、105からグレードアップする時に検討すべき事は、やはりデュラエースにすべきかアルテグラで抑えておくべきかであろう。
意外に価格ほどの差は存在しないと思う。

是非ともデュラエースにすべきパーツは、チェーンであろう。
施されているシルテックはチェーンのピンにまで及び、アルテグラグレードとは一線を画す用に感じる。
後はブレーキキャリパーにクランクか。
いや、この場合アルテグラグレードはしっかりとデュラエースの技術を受け継いでいるので、むしろアルテグラで良いとさえ言えるのでは?

そう言った意味ではカセットスプロケットも同じ様に言える。
形状的にはデュラエースの技術を受け継いでいると言えるし、素材の違いだけで耐久性や軽量性がデュラエースにあると言うだけで、変速性やギア構成はむしろアルテグラに部があると言えるのではないかと思う。

逆にアルテグラを選んで後悔しそうなのがペダルであった。
ペダルにはベアリングも組み込まれているし、素材による重さの違いもある。
105とアルテグラのペダルの重さを鑑みた所、その値段の差以上に大きいと思えたのがアルテグラとデュラエースの差だった。
なので、今回デュラエースのペダルを購入したと言える。
ここに明確な、値段の差以上の差を見たような気になっているだけ、と言えばその通りだろう。

と、自分自身を納得させる、利いた風な事をつらつらと書いてみたいけれど、購入したと言う結果に、自分自身を納得させるにはこう言う事を書かなければならなかった気がする。

2019010201.jpg
レイダックをツーリング車とする為、ペダルが必要になった。
今現在、アレグロに取り付けてあったペダルをレイダックに移植するとなると、E740に取り付けてあるペダルをアレグロに移植せねばならない。
と言う事は、E740のペダルはどうなってしまうんだ?と言う事で、何かを購入しなければならなくなった。
そこで白羽の矢を立てたのが、デュラエースグレードのペダル、PD-R9100。

2019010202.jpg
クランク軸の金物はかなり頑丈な感じがする。

2019010203.jpg
これは+4mm軸ではない方の通常タイプ。

2019010204.jpg
クリートはシマノの青タイプが付属。

2019010205.jpg
送料が無料となるので同時に購入したのがシートクランプがダボアナ付きとなる、このMINOURAのシートクランプ。
物はMT-800N用のシートクランプとなっているので、MT-800Nがそのままの手元に残ってしまった?私にとっては非常に都合の良い商品と言える。
これで無理なくレイダックにリアキャリアを取り付けられる用になった、と言う訳だ。

レイダックのツーリング車計画に併せた様に、E740のペダルをグレードアップさせてしまったが、これは良い兆候が現れているんじゃないだろうかと感じる。
新年あけましておめでとうございます
昨年末は、非常に混迷を極めまして、新しい年をどのように迎えるのか些か不安がありましたが、迎えてみると何か自分の内なる物に変化を感じ、これで良かったんだと思いました。
合わせて、非常に嬉しい報告等を受けて、今年も良い一年になりそうだと言う予感を感じ取れました。
こうなると、私に良い報告をもたらしてくれた人に感謝せずにはいられませんね、ありがとうございました。

去年末の出来事を振り返ると、いや、記憶が定かではないので振り返る事すら出来ませんが、自転車に乗る事における心身の十分な準備と言うのが、痛く染み入りました。
いや、この時は買い物に出かける為に、自転車にまたがり、そのまま病院へと直行したようです。
原因になった自転車も警察に預かってもらっており、この自転車を手元に戻してから原因を探れるんじゃないかと考えていますが、それをする事すら億劫になっています。
気持ちがしっかりと前を向いていない。
そう言われればそうなってしまいますが、未だ何の整理も付いていない現状で、事を急ぐのは些か性急ではないかと思う訳で、もう少し気持ちが落ち着いてから、今後の事を考えて行きたいです。

さて、新しい年を迎えたと言う事は、この時から自分の何かを変えられれば良いかと想い、普段自転車に乗る時に使用していたいくつかのアイテムを新調しようと思います。
いや、既に新調していたアイテムを使用して行こうと言えば良いのか?
いくつか新調していたアイテムがありますが、新年を迎えてから、と強く思っていたのはヘルメットです。
ヘルメットは命を守る重要なアイテムですからね、こうして私が生き永らえているのも、ヘルメットのお陰と言えますし。
では何故、年末の時にヘルメットをしていなかったのか?
それは買い物に出かけると言う、少し身軽にしたい気持ちも働いた所為でしょう。

2019010101.jpg
昨年末に既に購入しておいたヘルメット。
OGKカブト製の…

2019010102.jpg
うっすらと見える外装から銘柄が推測出来ると思われるけれど、それはこれに詳しい方だけでしょうね。
もし分かる方が居られるならば、それはオーナーと言う事でしょう。

2019010103.jpg
OGKKabuto史上、最軽量を謳うFLAIR。

2019010104.jpg
とりあえずオプションの数々を確認し、その中で特筆出来る軽量ストラップのヘッドバンドを利用する。
通常はダイヤル式を採用している箇所だが、ダイヤルを廃し、軽量なタイラップ的なアジャスターを採用している物に取り替える。
ヘルメットの内装も冬場なので、簡素な物より。虫の侵入を防ぐ目的でネットが張られている物に取り替える。
これで直に風を浴びなくて済むだろう?

2019010105.jpg
右が通常のダイヤル式アジャスター、左がダイヤルを廃し、タイラップの様なギアがあるナイロンの上につまみをつけたアジャスターで任意の場所を選択する様になっている。
これはこれで必要にして十分だ。
ダイヤル式の方が手軽に変更出来るけれど、こちらは意味さえしっかりと理解していれば何の不都合もない。
その分だけ軽くなると言う訳だ。

2019010106.jpg
アジャスターだけ取り替えた内装。

2019010107.jpg
虫進入防止の内装に取り替えた後。

これで取り敢えず被れる様になった。
他にも新年を機にして新調する物がある。
けれど、それは私が説明し無いと気が付かない物だし、それはまた次回の記事としよう。
何となく、新しい年を迎えたと言う気になってくるのだから、身の回りを整理すると言う事は、意外に大切な事だと思う。




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking