FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その2
写真について、その基本的な事を実際の記事にすると、私自身も色々と勉強しなくてはならない。
間違った情報は出来るだけ載せたくないし。
人に何かを教えると言う事は、実は自分自身も勉強になったりするから、造詣を深めたいと言う方々は一度取り組んでみても良いと思います。

その2では、その1で少し話題に上がった「被写界深度」について。
被写界深度を理解すると、作品的な写真に近付いたりしますんで、初心者の方には読んでいただきたいと思います。
って言うか、初心者向けにしか記事が書けませんけれどね。

被写界深度とはピントの合う範囲で、レンズの明るさや焦点距離によって決められています。
だからカメラ側の設定で自由に変更できるものではなく、レンズの資質によりその範囲で変更できるものです。
レンズの資質は明るさ(f)と焦点距離(mm)で表されています。
被写界深度はレンズが明るい(f値が小さい)ほど浅く、焦点距離が長くなっても浅くなります。
明るいレンズは絞りを絞って被写界深度を深く取れたりしますが、暗いレンズでは絞りを開放してもレンズの持っているf値以下には開放出来ません。
だから明るいレンズは便利なのですが、その分高額になる事が常です。
それと重くなりますね。
焦点距離も今では沢山のズームレンズがあるので、その範囲で変更できます。
先にも書いたように焦点距離が長く(望遠側に)なると被写界深度は浅くなるので、ボケの大きな写真を撮るときは、出来るだけ望遠側を使う事が良いでしょう。
ただ、ほとんどのズームレンズがそうであるように、望遠側になると暗くなってしまいます。
f値が一定のズームレンズもありますが高価です。
被写界深度を浅くする手法は、レンズの絞りを開放するより焦点距離を長くする事の方が効果は高いです。

そしてもうひとつ大切な事は、ピントを合わせる被写体までの距離です。
被写体までの距離が近いと被写界深度は浅く、遠いと深くなります。

この被写界深度の浅い写真はピントの合っていない範囲がボケて、クローズアップしたい被写体を際立たせてくれる効果があり、ポートレート等に良く使われます。

では、(たいした事の無い)作例で。

2007013001.jpg

2007013002.jpg

上の二つの写真は絞り優先AEにて絞りをf=2.8(上)とf=11.0(下)にして撮影したものです。
焦点距離は14mmで、露出補正を-0.70にしていますが、ほとんど差の無い写真に仕上がっているでしょう?
これは焦点距離が14mmと広角側で、ピントを奥の風車で取っている所為です。

2007012902.jpg

2007012913.jpg

こちらは焦点距離54mm、マニュアル露出にて絞りをf=3.5で撮影しています。その他の設定も全く同じですが、ピントを取る位置でボケに差が出ているのが分かるでしょうか?
水門にピントを当てている方がバイクのボケ量?が少なく、バイクにピントを当てるとボケ量?が多いですね。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真


この記事に対するコメント
>makiさん
書き込みありがとうございます。
一眼と言うのはとても趣味性の高いものだと思っていますので、それなりに使いこなしたいのが、人の性でしょうね。
私自身も初心者をようやく抜け出せたと思っている自称初級者なので、一緒に造詣を深めて行きましょう(笑)

実は、2/4は仕事で微妙です。
都合が付けば是非参加させて欲しいと思っています。
【2007/02/01 22:06】 URL | ドギー #- [ 編集]

はじめて書き込みマス(^。^)
中々研究熱心ですねドギーさん。
一眼初心者なんでとっても為になります。
2月4日能勢に行きますんで、よかったら来て下さい。
【2007/02/01 21:22】 URL | maki #- [ 編集]

コメント削除
当ブログに関係の無い宣伝コメントが有りましたので削除させていただきました。
【2007/02/01 20:07】 URL | ドギー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/1198-20777dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking