FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その3
只今、カメラの基本について色々と書いていますが、ブログランキングの写真をテーマにしたものに参加しているからで、何かの参考になったと言う方や、このブログがどんな位置にランキングされているのか?と言った事が気になる方は、右下にあるバナーをクリックすれば分かります。
クリックしたら参加中のランキングに行きますが、3つほど参加しているので、すぐに写真のテーマに行くとは限りません。

写真の基本は絞りとシャッタースピードだと最初に書きました。
絞りについては前述しましたので、今日はシャッタースピードについて少々。
一眼デジタルは勿論、機能的なコンパクトデジタルにも絞り優先モードやシャッター優先モードがあります。
これは写真の基本はそこにあり!と言わんばかりだと私は思っています。
しかし、絞り優先に比べてシャッター優先はほとんど使われる事の無いモードだと思います。
私自身も使い難いモードだと思っています。

シャッター優先と言うのは、シャッタースピードを撮影者が任意に決めて、カメラ側で露出によって絞りを決めると言ったモードです。
シャッタースピードを早くすれば手ぶれや被写体ぶれが軽減できます。
遅くすれば動きのある写真や、その軌跡を描くような写真が撮れますが、手ぶれや被写体ぶれが影響してきますので、あまりに遅いシャッタースピードなら三脚などを使ってカメラを固定する必要があります。

撮影者がシャッタースピードを自在に決める!
と言っても、実は決められる範囲はある程度の制限を受けてしまいます。
と言うのも、シャッタースピードを早くしたいと言っても周囲の明るさ(露出)によって設定できる限界があります。

例えば夜景を取るのに、ぶれが気になると言って、いくら絞りを開放したって早くできるスピードには限界があります。
例えば晴天の昼間に車の走った軌跡撮りたいからといってスピードを遅くしても絞りを絞っても遅くできるのは限界があります。
それでもシャッタースピードを調整すると、前者は露出アンダーとなって暗い写真が出来上がり、後者は露出オーバーとなり白い写真が出来上がります。

写真というのは、露出と言う定量の容器であり、その容器に水と言う「光」を満たす事によって出来上がるものと考えてください。
その容器の八分目辺りが最適な分量だとすると、満杯なら明るい写真、それ以下なら暗い写真なります。
この辺は撮影者の好みで、いつも七分目くらいの写真が良い!と思う方や、九分目くらいの写真が好きだという方も居ます。
カメラ任せにすると、いつも八分目を狙うと思ってください。
絞りと言うのは水を出すバルブで、開放すれば一気に、絞ればゆっくりと水が流れます。
その流れる時間がシャッタースピードです。
ただ、バルブを開放してもゆっくりとしか水が流れない暗い時や、絞っても勢い良く流れてしまう明るい時がある事を覚えておいてください。
シャッター優先の写真の撮り方は上のような考え方で大体間違っていないと思います。
※いや、間違っているかも?!

では、いつもの様にたいした事の無い作例から…

2007020101.jpg

2007020102.jpg

この二つの写真は夕暮れ前のやや逆光時の高速道路を撮影したものです。
露出プログラムはシャッター速度優先AE、焦点距離はどちらも54mmで、シャッタースピードを1/200秒と1/10秒で撮影したものです。
と同時に、絞りもそれぞれF4.0とF18.0とカメラ側が判断しています。
1/200秒だと動きの無い写真ですが、1/10秒ではやや動きのある…と言うか、酷い手ぶれの写真になっています。
で、シャッタースピードを変化させるのはそれだけじゃない事が二つの写真を見て分かると思います。
絞りを絞る事によって被写界深度が深くなり、金網がはっきりと写り始めています。
そしてゴーストらしきものが写っています。
これが「回折」と言う現象なのでしょうか?
絞りを絞れば回折が影響するらしいです。
詳しくは分かりません。

実はシャッター優先も絞り優先も同じようなものなんですけれどね。
スピードを早くすると絞りは開放して遅くすると絞る。
絞りを開放するとスピードは速くなり絞ると遅くなる。
基準をどちらにするかだけの。
被写界深度を優先するか、動きのある絵作りをするか。

※あ!間違っていたらどうぞ遠慮なくご指摘を!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/1199-78a302d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking