FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その7
少し前にも書きましたが、この連載を続けるにつれ、間違った情報はなるべく載せないよう、下調べをしてから思った事を記事にしているのですが、その下調べの段階で私のやっている事が恥ずかしくなる瞬間があります。
下調べと言うか、最終確認作業と言った方が良いかと思いますが、参考にしたサイトはどれもしっかりとしたもので、改めてこのサイトを読む意味があるのか?
そう言う自問自答に駆られます。
初心者向けと言う事で、もっと初歩的な事も書かないといけないのかも知れませんが、「フォーカスロック」などの用語は最初に知っていただくべき事で、それは初心者の入口です。
この連載はどちらかと言うと出口に向けたものなので、そう言った事は割愛させていただきます。

なんだか、最初に言っていた事と微妙な矛盾を感じたりしますが、それはきっと…



気のせいです!

では、今回は露出について。
これは先に書いた「タイミング、構図、露出」の三大要素のひとつです。
露出とは画像素子にどんな強さの光が、どれだけ当たっていたかと言う事です。
要するに絞りと(光の強さ)とシャッタースピード(当たっている時間)で決まります。
これを任意に設定するのには露出計と呼ばれる計器を用いらなければならず、初心者には難しいものです。
しかし、カメラ自身にもオートで撮影する際にこれらを判断する必要があるので内蔵の露出計を持っているのが普通で、簡単なマニュアル撮影は出来ます。
完全なマニュアル撮影は難しく私自身も説明が出来ませんので、これは割愛させていただくとして、今回はオート撮影(フル、絞り優先、シャッター優先、プログラムAE)について少々。

どのオート撮影モードでも、撮影者自身が任意に露出を変化させる事が出来ます。
これは一眼は勿論、コンパクトについてもほとんど出来る事なので、是非実践して欲しいことです。

カメラが露出を判断する際には、光の強さを測る「測光」を行うわけですが、その測光をどうやって評価するか設定します。
コンパクトでも設定できるものが多いと思いますが、一眼なら確実に設定できます。
画面全体の光の強さを評価して露出を決める平均測光。
画面の中心部を重点的に評価して、露出を決める中央重点平均測光。
画面の中心部のみ測光するスポット測光。
等など、カメラによっては違いがありますが、概ねこんな所です。
設定方法は取扱説明書をご覧ください。
大抵の場面では平均測光で問題ないのですが、周囲に露出に影響を与えたくない光源がある場合や、強い光源が存在する場合などは、露出がオーバー気味になる事が多いので、中央重点やスポットを使います。
最初は画面全体を評価する測光を用いて、どうしても明るい写真や暗い写真になる時は、設定を変えてみると良いかも知れません。

そして、露出補正。
測光よりもこちらの方が使い易く、写真の仕上がり具合も違ってきますので、こちらを積極的に使う事をお勧めします。
露出補正もまた一眼やコンパクトを問わず設定できるものがほとんどです。
カメラに(|+/-|)といったボタンがあると思いますが、そのボタンが露出補正を行うボタンです。
一眼にはブラケット撮影と言って、一度の撮影で露出を変化させたものが撮れたりします。
露出に迷った時などは使ってみては如何でしょう?
設定方法は取説を。

私個人的には、露出補正をマイナス方向(アンダー気味)にした方が色が良く出ると思います。
特に好天の風景撮影時には、アンダー気味で撮影したほうが良い写真が撮れます。
補正量は個人個人の好みがありますので、同じ構図で露出補正を変化させて、場面にあった補正量を知っておく事が大切だと思います。



と、記事を書くのが疲れてきたので、投げやり感漂う記事になってしまっていますね。
当初の情熱は、他サイトの記事の方がより役に立つと言う事を知り、下降中です。
あ、ランキングに投票してくれるとやる気が増すかも?!

とは言え、ブログタイトルからは想像も出来ない記事になっていて、ランキングも下降中です。
いや、私はこの記事はブログのタイトルとリンクしていると思っているのですよ!
ツーリング先で出会う風景を、より綺麗に残して、皆さんに紹介したい訳ですから。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/1203-24e9fb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking