FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



カメラの基本、初心者編その9
今回でいよいよこの連載も終わりにします。
この連載が初心者の方にどれだけ役に立ったか分かりませんが、私は連載を書いている内に、更に知った事もあるので、私的には満足なんですが、私の文章がどれだけ分かり易かったのかは疑問が残るところです。

何の評価ももらってないしな!

この連載の意図するところは、初心者の方に、積極的にデジカメの機能を使ってもらいたかったからで、カメラ任せのフルオートでは、誰が撮っても変わり映えしない写真になると思ったからです。
折角ある機能、使わなければもったいないでしょ?
とは言え、写真の大事なところはタイミングなので、機能をいじっている時にシャッターチャンスを逃すのは愚の骨頂です。

最近ではコンパクトのデジカメでも、絞り優先の露出プログラムがありますので、先ずはこれから慣れ親しんで欲しいです。
そして…
露出補正、ホワイトバランスと触って…
写真の表現の幅を知って欲しいのです。
最終回はRAWと言う非圧縮の方式で記録できるデジカメに絞って少々書いてみます。

このRAWというのはJPEGに圧縮する前のデータで、JPEGのように画像ソフトでレタッチしても画像が劣化しないデータです。
だから、露出やホワイトバランスが周囲の雰囲気によって決められなかったとしても、後で変更できるようになっています。
大抵はデジカメ付属のソフトにRAW現像ソフトがついていますので問題はないと思いますが、このRAWデータは記録サイズがとても大きいので、メディアに余裕のない場合は、露出やホワイトバランスはきっちりと決めておきたいものです。
初心者の内だけこのRAWに頼り、その後は自分自身で全ての設定を決められるようになりたいものです。

このRAWデータは補正できる範囲が決まっており、失敗写真を見事に復活させる事は無理なので、露出はある程度正確なものが必要です。

以下、作例で。

2007012921.jpg
この写真は絞り優先で、露出補正を-0.70かけたもので、測光方式はスポット測光シャドーコントロールです。
絞りF11、シャッタースピード1/800
随分と暗い写真になっています。

2007012922.jpg
こちらは上の写真を、色温度4700K、露出+1.0、コントラスト-5、彩度+5の補正をかけたものです。
どうですか?随分と見やすくなったと思いませんか?

2007012923.jpg
こちらはマニュアル露出で測光方式はデジタルESP測光です。
絞りF11、シャッタースピード1/160
上記とは違い、太陽周辺が白飛びして、明るい写真になっています。

2007012924.jpg
上の写真を、色温度4700K、露出-1.0、コントラスト-5、彩度+1で補正をかけました。
しかし、太陽の周辺は白飛びしたまんまで、補正しきれません。
これ以上露出を下げても結果は一緒で太陽が浮かび上がる事はありません。

RAWで記録する時は、露出はオーバーよりもアンダーで撮ると、失敗写真も補正で復活します。
白飛びしてしまったら、そこはそのまんまだとお考えください。


と、これで連載は終わりにしますが、尻切れトンボで終わった感が否めませんな。





いつもの事だが!
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:写真について考えよう - ジャンル:写真


この記事に対するコメント
>makiさん
ありがとうございます。
これ以上突っ込んでいくのは、個人の感性に関わる部分なので、えらそうな事は言えませんので(笑)
RAW撮りである程度自分の好みを探せれば、JPEGで記録していった方が沢山枚数取れますし、勉強にもなります。
どうしても失敗したくない写真はRAWで行けば良いんじゃないですかね?

私も今回の記事を連載して、色々と勉強なりましたし、良かったと思います。
【2007/02/10 11:12】 URL | ドギー #- [ 編集]

◎評価
いやいや終了しちゃうの?
解りやすい解説でしたよ。
ボクも今度RAW挑戦します。

第三者の評価はともかく一連の文章を書いたことで、
ドギーさん御自身の為になってます。
【2007/02/09 23:01】 URL | maki #P1h26Q/w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/1205-359a6b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking