FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2009GW紀行その7
今日の目覚めは、この旅一番の遅さだった。
と言うもの、これからの予定はあまり決まっていない。
そうは言っても、温泉の一つ二つは周ってみたい。
帰る方向で何か目ぼしい温泉はないかとマップルをめくっていると、鳴子温泉の東の川渡温泉が目にとまる。
鳴子温泉は以前に行った事があるので、なるべく行った事の無い所へ。
R4を南下して宮城県に入り、そしてR398からR457へと続く道に入る。
R457からR47に出ると、川渡温泉はもうすぐ。
そして川渡温泉の共同湯を探してうろうろして、共同湯を見つけるも、昼頃まで清掃中との看板が目に入り、川渡温泉をパスして鳴子温泉へと向かう事にする。
鳴子温泉駅前の駐車場に車を止め、以前と同様に滝乃湯を目指す。
この辺りははっきりと記憶に残っていて、迷う事無く滝乃湯に辿り着いて、遅めの朝風呂を浴びる事にする。

2009050401.jpg
鳴子温泉「滝乃湯」。

それにしても凄まじい混雑振り。
芋洗い状態とはこのことだろう。
後生掛温泉もかなりの混雑振りだったが、ここはそれ以上。
なんとか湯船に浸かり、それなりに体が温まったらそそくさと上がる事にする。
それなりに体が温まったつもりでも、結構な温まり具合で、汗がなかなか引かない。
これは気温も関係しているのだろうか?
今日もGW中の東北とは思えない気温だ。
ぶらぶらと鳴子の街を散策して、昼飯は何処にしようかと思案する。
山形県に入って尾花沢にラーメン屋があるので、そこにしようとR47から県道28号と通って尾花沢に入る。
が、目的のラーメン屋はどうやらつぶれてしまった模様。
あまりにも古い情報でうろついているものだから、こう言った事は非常に多い。
仕方が無いので少し遠いが、赤湯にある赤湯辛味噌ラーメンが目にとまったので、ひたすらR13を南下していく。
途中、渋滞に巻き込まれながら空腹に耐えつつ、何とか赤湯に辿り着いて、目的のラーメン屋に辿り着くと愕然とした。
さっきと同じ様に店が無くなっていた訳ではない。
昼飯時を大きく外しているにもかかわらず、凄まじい長蛇の列。
こんな列には並べない。
なのでコンビニで軽く小腹を満たし、喜多方に向かう事にする。
米沢からR121に入り、喜多方に辿り着く頃には、もうすっかりと夕食時。
喜多方のラーメン屋は、駐車場のあるところが少ないので、出来るだけ駐車場のあるところを探し、最初に飛び込んだ店はスープ切れで店じまいしたばかりだった。
まだ店内には数組のお客さんが居るので、本当にあと少しだった。
そして更に市内へと向かって、生江食堂なる喜多方ラーメンの店を見つけた。
ここはまだお客さんを受け付けている。
多少列に並ばなければならなかったが、今までの思いを考えるとこれくらいの列に並ぶ事は苦痛ではなかった。
ようやくテーブルに着席して注文したのは愚かにも「塩ラーメン」。

2009050402.jpg
喜多方ラーメンは何処もシンプルで素朴な味。
以前は好きではなかったが、ここ2~3年で好きになったラーメン。

塩ラーメンとお品書きに書かれていると頼みたくなってしまう性分は相変わらずだが、ここはしょうゆラーメンを頼まないと駄目だろう。
それでも麺が美味しかったので、満足できたのだが。
喜多方を後にすると、今日の最後の目的地、湯倉温泉に向かう。
喜多方から県道21号を通ってR49に出、会津坂下からR252へと入る。
ここから只見まではまさに陸の孤島といった感じ。
すっかり辺りが暗くなって、只見川沿いのなんとも言えない、時の止まったかの様な風景を見ることは出来なかったが、その分、快適に湯倉温泉まで走ってこれた。
で、肝心の湯倉温泉なのだが、初めは暗くて良く分からなかった。
いや、明るくても良く分からなかっただろう。
旅館の裏手で行き当たり、引き返そうかと思ったくらいだった。
しかし、その行き当たりから見える、堤防下の小さな小屋が湯倉温泉だった。
小屋に入ると、畳敷きの休憩室があり、その奥が男女別の更衣室になっているのだが、更衣室から湯船に出ると、同じ湯船に浸かる事になっている。
所謂混浴だ。
混浴まではまあ許そう。
しかし、温泉が源泉のかけ流しで、その大部分が無駄に流れ出てしまうのだが、源泉の向きを間違えるとそのほとんどが湯船を通して流れ出てしまう。
私が入った時は、湯船を通して流れ出るようになっていた。
ちなみに源泉の温度は60度。
とても入れるような湯温ではない。
薄める水の蛇口も無い。
ただひたすら源泉の流れを変え、湯船の温度が下がるのを待つしかないのだが、そんな猶予は無く、かけ湯(こちらだけに何故か水の蛇口がある)で身体を流す事にする。
湯倉温泉を後にすると、田子倉ダムを目指す。
そこの駐車場が今晩の宿泊地。
クーラーボックスで冷やしたビールが旨い。
関連記事
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/1951-5eee0a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking