FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



長崎ツーリングその4
川内峠を西側に下ると、かなり迷いやすい道になる。
実際、反対側から再び上がろうとしても、上がれない程だった。
それにしても西側はかなり走り応えのあるワインディング。

県道19号に迷いながら…勘を働かせ出ると、そのまま生月島へ。
生月大橋に近付くと電光掲示板に「全面通行止め解除」と出ている。
その「全面通行止め解除」の表示の後「強風の為、二輪通行止め」。
一瞬、何かの間違いであって欲しいと心に願うが、事実、鳥栖JCTを長崎道に向かってからと言うもの、強い風に悩まされていた。
生月大橋を目の前に迎えると、前を走っていた車はそのまま大橋へ、私はその前の車との間に出てきた警備員さんに止められてしまう。
「風の為、バイクは通行止めになっています」
「風が治まるのを待たなければなりませんか?」
日没までにはまだ時間がある。
多少の時間なら待つつもりだった。
「生月島に泊まる予定で?」
「まあ、泊まる予定です」
まあ…と答えたのは、半分はその気持ちがあった。
「そうですか…なら、気を付けて自己責任での通過なら認めますよ?」
意外な答えだった。
と言うか、期待した答えだった。
私は二つ返事でその条件を飲んだ。
実際に強風下で通過する生月大橋は、かなり風に煽られて通行止めにする理由も納得できた。

大橋を渡りきり、すぐにあった道の駅に立ち寄ろうと左に折れたが、どうやら道の駅入口とは違う感じで、そのままサンセットウェイを走る事にした。
サンセットウェイとは生月島の西海岸に伸びる道で、その名の通り、日没間近に走るのが最高のタイミングだと思った。
私が今走っているのその時間帯は、日没までにはまだ少しある。
しかし日没まで待っても、夕日が見れそうにないくらい低い雲が垂れ込めて、太陽を隠している。
強風と言う事もあり、そのまま通り過ぎる事に決めた。
交通量の少ない、何のために通された道か分からないが、その道の綺麗さと、景色の素晴らしさは、日本の何処を探しても早々お目にかかれないほどだ。
切り立った断崖に原生林のような緑と広がる海マッチングとその変化の早さ、時折空に伸びるかのように走る道。
びっくりした。
九州は阿蘇に目を奪われがちだが、この生月島もそれに匹敵する楽しさのある道。
風と雲さえ掛かっていなければ、最高のシーンを楽しめた事だろう。

生月島の北端に立つ大バエ灯台へ。
小さな灯台は登る事が出来る。

2010060710.jpg
西日に照らされる大バエ灯台。

2010060711.jpg
灯台の上から大バエ方向を眺める。遠く的山大島が見える。

2010060712.jpg
塩俵の断崖方向を眺める。

相変わらず、風は強く吹いて、灯台の上はかなりの恐怖感。
そそくさと降りて、生月島の町で何か食べようと、今度は東海岸線を走る。
寂れた感じのする生月島に、サンセットウェイとの分岐付近にあるレストハウスは何だか場違いな感じがして、興味をそそられたが、それは次回以降に取っておこう。
生月大橋の袂付近まで戻ってきて、目的のラーメン屋を発見するが、これが閉まっている。
時間的には19:00を少し回ったぐらいなのだが、十分に明るい。
まさか定休日?
今日は日曜日だし、それは考えにくい。
となると、つぶれたのか、営業時間を過ぎたのか。
最新のツーリングマップルに載っているから、つぶれたとは考えにくいし、そうなると後者か。
辺りを見回すと、閉まっている店が多数ある。

2010060713.jpg
目的にしていた大氣圏。

2010060714.jpg
その向かいの店もシャッターが降りている。

仕方なく生月島を後にするが、帰りの生月大橋も未だに二輪は通行止め。
ここも待たせてもらおうとエンジンを止めたが、来た時と同じ対応をしてくださった。
関連記事
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2094-4326ea59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking