FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



【2011GW】取りあえず信州へ
2011年のGWは5/5で一段落した様に思われた。
しかし金曜日に休みを取れば、10連休ではないか。
まあ、私には関係のない話だが、この最後の土日を利用して信州に向かう事にした。
それは土曜日の昼前に急に思い立った所為で。

信州…と言う表現が適切かどうか分からないが、2年前のGWに向かった志賀高原の雪の回廊が見たくなった。
今年は積雪も多かったし、きっとあの時より立派な回廊が見られるはずだと。

栗東ICから高速に入る前に給油を済ませ、計算ではこれで高速を走りきり、高速を降りてから給油が出来るはず。
予定通り栗東ICから名神高速に入り、そして昼飯に黒丸PAに立ち寄る。
ここのちゃんぽんは絶品なのだ。

2011052301.jpg
是非賞味して欲しい、名神下り線の黒丸PAのちゃんぽん。

こんな時間から出発して、一体何時頃向こうに辿り着くのだろう?
まあ、今日のところは近くまで行ければ良い。
本番は明日の早朝と決めている。
そんな訳で、のんびりと高速ドライブを楽しむ事にする。

一応、この週末はGWの一部なのだが、混雑はいつもの土日のようなもので、酷い渋滞は何処にもない。
順調に中央道に入り、春の訪れたばかりの山々を眺める。
中央道でもB級グルメを楽しもうではないか。
ここでのオススメは上り線の小黒川PA。
直前に駒ヶ岳SAがある所為でなかなか立ち寄られない場所だが、意外にもグルメスポットとなっている。
オススメはソースカツ丼やローメンなのだが、店自体がオススメするチキンカツマヨ丼を食べる事にする。

2011052302.jpg
ここは良いフライヤーを使っている所為か、サクサクのチキンカツが美味しい。
以前に立ち寄った時はソースカツ丼も美味しかったが、これもなかなかオススメ出来る。

取りあえず腹は満たされたし、晩飯の心配はそれほどしていないが、風呂はどうしよう?
まあ信州まで行けば、どこかに温泉はあるし、これもそれほど心配していない。

岡谷JCTから長野道に入り、更埴JCTから上信越道を群馬方面に入る。
2年前は長野県側からアプローチしたので、今回は群馬県側からアプローチしてみようと言う事で。
そして、燃料もそろそろなくなりかけてきたので、千曲川さかきPAに立ち寄って、何処で高速を降りるかと温泉を探してみる。
と言うか、この時点で20時前なので、温泉の営業時間に間に合うか微妙になりつつある。

PAに辿り着くと、落ち着いてツーリングマップルを眺め、志賀高原…と言うか草津温泉方面に向かいつつ適当な温泉はないかと考えた。
勿論、草津温泉自体も候補なのだが、そこに辿り着く頃にはだいぶ遅くなりそうだ。
そして地図を眺め、一つの結論に達する。
尻焼温泉だ。
この温泉は和歌山の川湯温泉と同様、川自体が温泉になっているようだ。
なので、時間を気にする事無く入れる。
初めて行くので、どうなっているか分からないが。

そんな訳で上信越道を上田菅平ICで降りて、上田市外に向かって先ずは給油を済ませる。
R144をそのまま北上してスタンドがあるか心配だったから。
結果的には降りて北上してもスタンドはあったけれど、念には念を入れてと言う事で。

R144は上田の市街地を抜けると寂しい道へと変わり、それと同時に流れも良くなった。
鳥居峠を越えて群馬に入り、一層寂しくなった雰囲気を味わう。
実際にはそんなに雰囲気は変わらなかったのかもしれないが、時間がそう言う気にさせてくれるのだろう。

尻焼温泉に向かうにはR292を北上しなければならないが、これには注意が必要で、手前にある同じR292を北上してしまうと草津温泉に向かってしまう。
大体、地図をいちいち確認しながら走るわけではなく「何号線をどっちへ曲がれば」と言う感じで、その道が現れるまで走るのが常なので、R292が現れた!と言ってそれを曲がってしまわないようにしなければならない。
最初のR292が現れた所で、丁度コンビニがあったので、そこに立ち寄って最終確認と夜食でも。

無事に目指すR292に入り、それを北上してR405へと入る。
暗闇の中、離合のし辛いR405を進むのは骨が折れる。
そして県道55号…と言う表示は無かったが、尻焼温泉はこっちと言う看板にしたがって、左折する。
しばらく進んでバスロータリーが現れ、そこに周辺の案内看板があったのだが、どうにも良く分からない感じ。
多分、このまま進めばあるのだろう、と言う勘に従って左手の道を進む。
しばらくして右手に尻焼温泉の駐車場があったのだが、暗かったのでそのまま通り過ぎ、旅館街へと入ってしまう。
旅館街と言っても、数件の民宿みたいな宿があるだけなのだが。
どうやらこの旅館街は宿泊者以外駐車禁止のようなので引き返して路肩に止めようと思ったところ、対向してきた車が駐車場へと入っていったので、駐車場の存在を知る事になる。

駐車場から持ってきたヘッドランプを頼りに尻焼温泉に向かうが、明かりらしい明かりは民宿の玄関にしかなく、一体何処で温泉に入れるのだろうか?
取りあえず、川の方に降りてみなければならない。
川へと続く小道を見つけ、その階段を下りていくが、この目の前の川に入れるのだろうか?
ヘッドランプの明かりを川面に向けるが、そんな雰囲気は無いので、もう少し川上に向かう事にした。
しばらく川上方向に進むと掘っ立て小屋があり、そこにヘッドランプを向けると人が入っていた!
ちょっと驚いて、すぐにライトを向けた事を謝罪して、ようやくこの辺で温泉に入れるのだと分かった。

掘っ立て小屋を迂回して、もうしばらく川上に進むと、そこから先はコンクリート?で1m程の段差があり、その川下が湯だまりになっていた。
手を漬けてみると丁度良い湯加減。
そこで、コンクリートの机だか椅子だかがあったので、そこに衣類をまとめて入浴する事にした。
湯加減はホント良い塩梅。
空に少なからず星が見える。
こんな野趣あふれる露天風呂なんてなかなか無いな。
辺りは真っ暗だが、何処かで話し声もする…ような気がする。
さっきの掘っ立て小屋に入っていた人だろうか、今度は川の方に浸かりに来られた。
温まった所で温泉から上がり、来た道を戻る。

今晩の寝床はしばらく戻った所にある道の駅「六合」。
これで「くに」って読むんだ…ってか普通に変換できた事に驚いた。
関連記事
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2247-f2a24060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking