FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



真夏のビート・南東北ツーリングその3
ビートでの車中泊はキャビンが狭いと言う事もあり、酷く暑く寝苦しかった。
道の駅つちゆは人の出入が思った以上に激しかったので、テントを設営しにくく、少し移動する事を決意した。
移動先は数kmほど走って土湯トンネルを抜けた場所にあった駐車場。
やはり足を伸ばして寝られるのは大きい。


昨晩の雨は思った通り酷くなく、清々しい朝を迎える。
清々しくはあったが、その雰囲気より気温が高いのが気になる。
撤収を終えるとビートをレークラインに向けて走らせる。

朝もかなり早い時間なのだが、行き交うバイクが多い。
いつもなら羨ましく思える光景が、今回はそうでもない。
みんな、この暑さに負けずがんばっているな。
そう思うばかりである。

レークラインも見通しの利く道路ではなかった。
初っ端に秋元湖が見えたきり、林の中を縫うように走る。
アップダウンも少なく、あっという間に駆け抜けてしまう。

2011081901.jpg
中津川レストハウス前にて。

レークラインを駆け抜けると、五色沼に向かう事にする。
これも急に思い立ったことなのだが、自分自身良く思い立ったものだと思った。

2011081902.jpg
五色沼越しに見る磐梯山。

2011081903.jpg
五色沼の風景。

2011081904.jpg
目先を変えて五色沼を見る。

正確には五色沼とは、周辺の湖沼全体を指して使う名称だが、この毘沙門沼が五色沼と見られているよう。
毘沙門沼を見学してビートに戻り、次はゴールドラインへと向かう事にする。

ゴールドラインもレークライン同様の道で、それほど展望が開けるわけではない。
所々ある展望所も、どうにか作ったと言う感じで、特筆するべき見所は無い。
けれど、せっかくなのでその名称につられて「幻の滝」を見に行った。

2011081905.jpg
幻の滝。
名称の由来は、つい最近まで発見されなかったかららしいのだが。

2011081906.jpg
ゴールドラインから猪苗代湖を望めるようなのだが、生憎雲が掛かってしまって見ることが出来ない。

ゴールドラインを走り抜けると、喜多方も近い事なので、ラーメンを食べに行く事にする。
福島の三観光道路を走った感想だが、お金を払って走る価値のある道は磐梯吾妻スカイラインだけだと感じる。
他の二つは一度走れば積極的な理由が無い限りパスしても問題は無い。
むしろ、R459素晴らしい道なので、福島~喜多方間ならそちらを利用する方が良いかもしれない。

喜多方に入ると、以前立ち寄って食べられなかったラーメン屋を目指す。
名前を失念して近くまで来たのは良いが、住宅街の真ん中にある店だったので、どうしても店に辿り着けない。
ナビで探すもラーメン屋で出てこない。
以前はどうしてこの店に辿り着いたのか?
そこで携帯で喜多方ラーメンを検索して、ようやく名前を思い出して、電話番号が載っていたのでそれをナビに入力する。
どうやらナビにはラーメン屋として載っていない様だ。
以前も確かそんな記憶があった。

2011081907.jpg
以前はスープ切れで食べられなかった「はせ川」。

辿り着いたのは10:00前だった。
通常営業なら1時間は待たなくてはならなかったが、お盆の時期は10:00から開店するようなので、結構助かった。

2011081908.jpg
しょうゆラーメンに角切りチャーシューを。

喜多方ラーメンの王道的な味で、さっぱりとしているがどこかコクのある味で美味しい。
角切りチャーシューもトッピングとしてはかなりオススメ。
チャーシューを売りにしているのか、器全体を覆うチャーシューもあったが、何故かメニューを見てそれに目が留まらなかった。

ラーメンを堪能した後は、少し早いが帰路に向かう。
と言っても高速ですんなり帰ると言う訳ではなく、栃木から群馬に入り、尻焼温泉にでも入ってそこでキャンプするかと言う計画だ。

喜多方から会津若松の市街地を抜けるまで、流れが悪くかなりの時間を費やす。
これなら一旦、裏磐梯に抜けて猪苗代湖の周りを回る時間があったんじゃないかと思った。
流れの悪い所は下郷辺りまで続いて結構なストレスを感じる。
もしかして、このままの流れで栃木まで続いていってしまうのか?

流れが悪くなったのは変則的な信号の箇所で、それを過ぎると快適な流れに変わる。
そして、福島を抜ける前に、お土産を買おうという事で、道の駅たじまに立ち寄る。
そこで地酒をお土産にするとR121をひたすら南下していく。

鬼怒川温泉から日光に至るまでは流れが悪い。
いろは坂を登る頃には流れが良くなり、ビートに頑張ってもらう。
中禅寺湖を越えて、登りはまだまだ続く。

2011081909.jpg
戦場ヶ原から男体山を望む。

2011081910.jpg
金精道路のピーク金精峠。

群馬に入ると下り坂に変わり、ビートの負担もぐんと減り、快調に距離を稼ぐ。
尻焼温泉では身体を洗えないので、道の駅白沢に立ち寄って一風呂浴びる事にする。
そして、風呂に入っている最中に、雷が鳴り出し、土砂降りの雨が降り始める。
昨日と同じ展開だ。
昨日と少し違うのは、この雨が簡単に止まなかった事。
予定が狂うなと思いつつも、いつも順調に旅を終えたためしなんて無い。
今回は始まりから躓いているのだから、慣れたもんだ。

とりあえず風呂から上がると、雨も上がり、取り敢えずは尻焼温泉に向かう事にする。
ナビ任せに道を進む事にする。
まさかナビが県道55号を選択するなんて思ってもいなかったので素直に従ったが、その県道55号を進むルートをナビは選択していた。

既に日は落ちて、かなり県道55号は走りにくかった。
長い時間運転している気分になったが、なんとかR292に抜けると尻焼温泉目指して北上していく。

やはり尻焼温泉周辺も先ほどの雨の影響があり、大きな水溜りがそこかしこに出来上がっている。
もしやと思っていたが、やっぱり駄目だった。
キャンプは諦めはしたが、温泉までは諦めないのでビートを手前の駐車場に止めて温泉に向かう。
この駐車場には沢山キャンプをしている人がいて、それがキャンプを諦めさせる決定的な要因になった。

温泉は雨の影響でかなりぬるくなっていた。
体が温まるまではかなりの時間が必要だが、外気温が高めなのでそれほど長く入っていなくても問題は無かった。
温泉を堪能すると、来た道を引き返し、R292からR144へと進路を取り、上田方面に向かう。

上田の市街地の外れにある新しい道の駅に辿り着くと、駐車場の片隅にビートを停め、その傍らにテントを設営する。
これで三晩連続して同じ宿泊方。
一度もキャンプをする事無く終わってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>ビーカブさん
磐梯山周辺は南東北では随一の場所でしょうね。
私も好きな場所です。

計画的な旅も良いでしょうけれど、いつも行き当たりばったりで、予定通りに進まないのも面白いもんです。
何か発見があったりしますからね。
【2011/08/20 17:17】 URL | ドギー #- [ 編集]


素晴らしい風景ですね。特に磐梯山のスケールにビックリ。
そういう旅はしたことが無いので、とってもうらやましいです。
【2011/08/19 22:11】 URL | ビーカブ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2271-18892e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking