FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



鈴鹿ツインサーキット・朝練習2回目
昨日は鈴鹿ツインサーキットで朝練習と言う枠で走れる機会がありましたので、出かけてきました。
未明まで降り続いた雨の影響も考えられましたが、天気予報は回復の方向だったので、後半の枠にはドライで走れるだろう事を期待して。

2011101701.jpg
やはり雨の影響でコースは全て濡れている状態。
でも日の当たっている所から乾きだしているので、走行枠が進めば乾いてくるでしょう。


で、バイクの準備を進めて受付に行くと、かめクラスで空いている枠は1本目と3本目。
希望は2本目、3本目だったけれど、3本目だけにするのも勿体無い気がして、1本目も走る事にしました。

うさぎクラスから走行が始まりますが、コースに出ているのはたったの1台。
しばらくして2台目が入り、タイムアップするまでにコースインしたバイクは3台だけ。
これではコースも乾くはずが無く、おのずと濡れた路面にチャレンジします。

息継ぎの原因がサイドスタンドスイッチが疑わしいと言う事で、一応対応はします。
2011101702.jpg
ジェベルに乗っていた時代にスペアとして取ってあったタイヤチューブ(修理ヶ所3ヶ所あり)が奇跡的にも残っていたので、そいつを輪切りにしてステップとスタンドの足を引っ掛ける所に引っ掛けておきます。
これでもし仮にスタンドが弾みで降りようとしても降りないようになりました。
スタンドスイッチが原因なら、これで息継ぎが解消されるはずです。

そして1本目が始まります。
最初のうちは慎重にならざるを得ず、周りのバイクも私以上に慎重の様子。
気持ちよくコーナーを曲がれず、あまり面白くありません。
それでもサーキットを走っているのだから、グリップの様子を伺いながらペースを上げようとします。
次第に乾いてくる場所もあり、アクセルも多目に開けようとしますが、乾いた所と濡れた所の境界でグリップを失う事があり、もう一つ踏み込めていけません。
その内何だか前後のタイヤがパンクしているような感覚に襲われ、これ以上攻めて行けなくなりました。
結局タイムアップまでそんな状態で走り、戻ってから空気圧を計っても正常だったし、ウエットだとこんなものなんだと自分に言い聞かせました。

その後、枠が進むにつれ、天気も良くコースが乾きだし、3本目(自分的には2本目)には完全なドライでコースインできる事になりました。
1本目がかなりの消化不良だったので、以前の走りを思い出しつつコースを周回。
不思議なもんで、ウエットでは転倒者は出ていなかったのだけれど、ドライになると結構目立つようになってくる。
私自身も危ない場面が何度かあった。
バンクを維持したままスロットルをパーシャルから立ち上がりに向かって開けて行くと、ズルズルっとリアが外に流れる事数回。
荷重の掛け方が悪いのだろうか、それともTT900GPのグリップ力の限界なのだろうか?
RG200Γはバンク角に余裕を残しているし、おそらく前者だろう。
もう少しタイヤの能力を生かした走りを心掛けないと駄目だね…

そうそう、スタンドスイッチ対策をしてから息継ぎがなくなりました。
原因がハッキリしたので、胸のつかえが取れました。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>ビーカブさん
とりあえず原因がサイドスタンドスイッチと言う事で、焼つきに対する不安は拭えました。
ただ、水温計が不動のままなので、完全な安心には繋がっていないわけですが。

タイヤに関しては、信用し切れていない自分に原因はあると思います。
というか、意識していませんけれど、かなり前乗りになっているんでしょうね。
今度からはリアステアを意識しながら乗ってみようかと思っています。
R1100Sに乗り出して、意識するようになった頃はかなり調子が良かった記憶があります。
今は漫然と乗っているので、すっかりと忘れていました。
【2011/10/18 20:20】 URL | ドギー #- [ 編集]


こんばんは。
原因が分かってよかったですね。
限界付近で走行するとタイヤの性能が良く分かるから楽しいですね。
当時、僕もダンロップとIRCで乗り比べたらそれぞれの特徴がよく分かりました。
タイヤウォーマーがなぜ必要かも体験で分かりました。
これからも、怪我の無いように頑張ってください。
【2011/10/17 20:12】 URL | ビーカブ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2280-ba442fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking