FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



伊弉諾神宮と淡路島一周その1
一人でツーリングに出かけるのはとても気楽なものだ。
それは予定を直前に変えられる。
心構え一つとってもこんな感じで気楽なものだから、朝起きて空を見て、バイクの調子が良ければ、と言う条件を付けて準備していた。

目を覚まして空模様を見ると、雲ひとつ無い快晴。
後はバイクの調子だけだなと、ゆるゆると準備を進める。
ヒートテックの上下にジーパン、Tシャツ、その上から長袖のTシャツに革のジャケット。
防寒装備はいらない時期に入ってきたが、それでも朝はまだまだ肌寒い。
念の為にインナーグローブも準備した。

さて、懸案となっていたバイクの調子だが、これが拍子抜けするくらい簡単に始動に成功してしまう。
あの掛かり難さはなんだったんだろう?
そう言う訳で、私の淡路島ツーリングは始まった。

湖岸道路を南下して名神高速瀬田西ICを目指す。
途中で給油を済ませると全ての準備は整った。

8:00前に予定通り瀬田西ICから名神高速に上がると、思わぬ車の台数に驚く。
流れこそそこそこに流れていたが、途切れる事が無く車の群れは続いていた。

しばらく車の群れに紛れながら走っていると広域情報が出ていた。
中国自動車道吹田JCTから宝塚まで渋滞18km。

いつもの事だとは言え、今日はやけに始まるのが早く長くないか?
阪神高速にルート変更する事も考えつつ走っていると、18km位ならと中国自動車道に向かう事に決めた。

吹田JCTからしばらく走ると渋滞の最後尾と思われる車の群れにぶち当たった。
バイクの機動性を頼りに、路肩走行はせずに車の間を縫って走るようにする。
いつも思う事だが、路肩は緊急車両の為に空けて置かなければならないのは分かるが、バイクだけは認めて欲しい。
いつでもかわせる事が出来るのだから。
少し前に検討されているとか聞いた覚えがあるが、早急に改正してもらいたい。

神経を使いながら車列を縫って走り、ようやく渋滞から抜け出す。
いつも渋滞を抜け出す頃は、何でここで渋滞が始まっているのか理解に苦しむが、これがサグと言う物なんだろう。
バイクだと実感しがたいが。

走行風のためか右手に痺れが走り、感覚が失われていく。
少し甘く見ていたなと、西宮名塩SAに立ち寄り手の感覚を取り戻すべく、ホットコーヒーを購入して手先の血の巡りを良くしてみる。

時間を確認すると9:20になろうとしている。
大幅に渋滞を抜け出すのに時間を使ってしまった。
一応、予定としていたので、10:00に淡路SAに間に合わすべく出発する。

道を走る車の数は多いものの、停滞するような事は無く、順調に明石海峡大橋へとやって来る。
テンションは上がりつつあるものの、再び右手の感覚が怪しくなってくる。
これもあと少しの辛抱だと、気合を入れて淡路SAを目指した。

淡路SAに到着したのは丁度10:00だったと思う。
色々と辺りをうろついている間に時計を確認したら10:10前だったから。

2013033101.jpg
淡路SAからの明石海峡大橋の眺め。

まあ、今日は応募者は居ないだろう。
明石海峡大橋を渡ると言うのはかなり負担になるだろうし、私自身の到着も不明瞭だったから。
こうなる事は十分に予想出来ていたので、先を急ぐ事にする。

淡路ICからR28に降り、時計回りに淡路島を一周してみる。
車の流れがゆるゆるしている気がするのは気のせいなんだろうか?

気のせいでもなんでもなく、この周辺の道路の規制速度は40km/hがほとんど。
のんびりとした流れの中、洲本に向けてバイクを走らせていた。
何処と無く南国ムードも漂うR28だが、その雰囲気はきわめて断片的で、気を抜いているとその雰囲気は後方に置き去りにしていた。

R28が津名の辺りに差し掛かった頃、車の流れが止まってしまう。
道の端が歩道になっていて、描かれている線が車道外側線だと言う事を確認すると、そこをすり抜けて渋滞の先頭に出る。
原因は、この時期恒例の道路工事。
すり抜けた距離は1km以上あっただろう。
大人しく並んでいるとどれくらいの時間を費やしたか分からない。

なんとも走行感を削がれつつ、洲本にやって来た。
時間はもうすぐ正午となりそう。
当初は淡路ごちそう館御食国にしようと思っていたが、淡路牛丼なるB級グルメがあるという事なので、別の店に向かってみた。

事前の情報収集によれば、洲本には数件、淡路牛丼を提供してくれる店がある。
B級グルメとは言いつつも、その実態は相当お高いB級グルメで、もはやB級と呼ぶには無理があるんじゃないかと思えるほど。
今回立ち寄ろうと思ったのは、お高い淡路牛丼の中でも、比較的安価なお店だった。
この辺りは何処もホテルの食事処が淡路牛丼を提供しており、立ち寄った海石もホテルの食事処だった。

駐車場の一画にバイクを止め、ホテルのロビーを通らずに食事処に行けるのだと思っていたが、食事処の看板には通用口?からロビーにお回り下さいとある。
通用口っぽいドアを開けて、ホテルのロビーから食事処へ行こうとした瞬間、ボーイさんに呼び止められる。

「お食事ですか?」
はい…
「御予約はされていますか?」
予約?予約なんて居るんですか?
「少々お待ち下さい、席に余裕があれば御案内します」
はぁ…
「あと20分ほどで御用意できますが、如何なさいますか?」
じゃあ、待たせてもらいます。

もう既にB級グルメとしての体は破綻していると思われるが、ここまでバイクに乗りっぱなしだったので、良い休憩をかねられると言う事で、待たせてもらう事にした。

2013033102.jpg
待っている間にお茶なんか運ばれてきて、恐縮します。

やがて席の準備が整ったと言う事で、食事処に案内され淡路牛丼を注文するが…
「普通のと特別なのがありますが?ドリンクは如何いたしましょう?」
普通のだけで…

なんかね、精神的に疲れてきたわ。
いやね、いい所なんですが、そんな気持ちで立ち寄った訳じゃないので、過剰なサービスと言うか、心遣いというのは期待していません。

2013033103.jpg
味の玉手箱?だったかな?945円。
牛丼と言うには見た目に違和感を感じまくり。
淡路牛丼を提供しているお店には牛丼と呼べないような牛丼を提供する店が散見されます。

淡路牛は神戸牛や丹波牛と同じ子牛から育てられているとか何とか、もしくはそもそもが淡路牛?
と言う、高級な牛肉らしいので、しっかりと味わって食べましたが、肉厚な牛肉の牛丼と言う感じで、味付けも濃厚なので、違いは良く分かりませんでしたが、945円ならアリな牛丼?ですね。

さて、お腹も舌も満たしたし、車の流れも気にならないだろう、南淡路水仙ラインへと向かいます。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2399-d62b3e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking