FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



伊弉諾神宮と淡路島一周その2
淡路島の南側をぐるりと回りこむ県道76号に入り、先ずは由良を目指す。
古ぼけた造船所をイメージさせる周辺の雰囲気は、何処か取り残された感じがしないでもない。
友ヶ島水道を眺めながらしばらく南下して行くと、道は登りに変わり狭苦しいワインディングへと突入して行く。

なぞのパラダイスと、しつこい宣伝文句が目に付く立川水仙郷。
確かに初代?のパラダイスとしての宣伝は大いに役に立ったが、それは良いのか悪いのか、私には検討が付かないけれど、とても立ち止まる気にはなれなかった。

ワインディングを越えて紀伊水道を左手に、そして眼前には小さな沼島を見ながら走ることになる。
コンクリート舗装の部分もそうだが、アスファルト舗装でさえも小さな凹凸があり、非常に不愉快な路面だ。
常に小刻みに上下させられる。

2013040101.jpg
県道76号線。
景色はなかなか良いけれど、路面がとてもバンピー。

2013040102.jpg
眼前には常に沼島が見えている。

風景は期待通りのものだったが、路面がとても許せるものじゃなかった。
特にTL1000Rのサスペンションはしなやかと言う言葉には程遠いものであり、それが輪をかけて不快にさせていた。
モヤモヤとした感情が心を支配して行き、何処か余裕の無い心境へと変化させていた。

どれくらい走ったのだろう?
かなり長い時間を掛けて走ったような気がするが、実際にはそれほど時間は経っていない。

進路を県道25号へと変え、周辺はたまねぎ畑が広がり始める。
小さなワインディングを越え、福良へとやって来る。
のんびりと制限速度を守って走る車にイラつく。
どうしたんだ?俺?

前を走る車に我慢強く付いて行き、道の駅「うずしお」へと続く県道に入る。
しばらく橋って、眼前に大鳴門橋が現れると、気持ちが少しだけ和らいだ。
大きな人工物というもの悪くない。
うねりのある道を先へと進んで、道の駅に立ち寄る。

渦潮でも見られるのかな?と思い、一般開放されている大鳴門橋の管理通路を進んで橋脚の間近まで歩いていく。
見物客は一番先に集中していて、さぞかし良い眺めなんだろうとカメラを取り出して人の隙間が空くのを待っていた。

見物客は左手に集中していたけれど、右手の方に少しだけ隙間があった。
隙間と言うか、見物客の塊と、右手で手摺に掴まっていた女の子の間に一人分の余裕があった。
その隙間から渦潮の様子を伺ってみると、まるで景色とは不釣合いの橋脚と電線や電柱。
こんな所で写真なんか無理やな。
と、思ったその瞬間!

「おっさん邪魔なんや!」

その声は俺にか?
振り返ると女の子を抱いたおっさんが小さなカメラを振りかざしながら
「ここで写真を撮ろうとしているの分からんのけ?」

正直な所、全く分からなかった。
分からなかったから、分からなかったと言うと
「カメラ構えているやんけ」

どう考えても、こんな場所で記念写真なんかありえへんやろ。
その前にいきなりケンカ腰か?
まあ、確かに周囲に気を配らなかったことは認めるとしても、この言い草には流石にイラっと来てしまった。
めんどくさそうな奴だったので、はいそうですかと引き下がったけれど、イライラはピークに達した。

2013040103.jpg
うずしお…と言うか鳴門海峡の様子。
インネンを付けられた場所から移動して。

渦潮らしきものも見られそうにないし、だた海流の流れが目立つだけの場所のようなので先へと進む事にする。
ただ、ここの来る最中に見た、大鳴門橋の風景だけは写真に収めておくかと、それなりの場所で立ち止まってみた。

2013040104.jpg
大鳴門橋と道の駅に続く道。

地図を眺めてみると、ここからは快走路が続きそうだな、と言う目星を付けてみたけれど、これも大きな間違いだった。
おかしい、ここからは何度か通った道だけれど、こんな印象ではなかった。
道を間違えているのか?
と何度も地図を確認してみたが、間違ってはいなさそうだ。

道が県道31号に変わり、すぐにあった慶野松原に立ち寄ってみる。

2013040105.jpg
キャンプ場にもなっている慶野松原。

松原を抜けて海岸線に出てみると、遠く風力発電の風車が見える。
しかし、砂浜はゴミが目立てしまって、風情は台無し。

2013040106.jpg
慶野松原の砂浜より。

さて、心の整理もつかないまま、このツーリング最大の目的地に向かうわけですが、当然の事ながら気乗りはしていない。
こんな状態で大丈夫なんだろうか?
淡路島でも最大のツーリングスポット、淡路サンセットラインを北上して行くが、この道路も例にもれず40km/h規制だ。
まあそれは部分的にですが、それが大いに走行感を削がれるし、何よりそれをきっちりと守る地元の車。
しかも譲る気無し。
良いんですよ、それが本来の交通ルールなんですし。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2400-8462b3aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking