FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



伊弉諾神宮と淡路島一周その3
2013040201.jpg
淡路サンセットライン。
交通量は少なめだけれど、すぐに前走車に追いついてしまう。

ストレスばかり感じるツーリングだったが、落ち着いて辺りを見回すと、もっと早くに解消されたのかも知れない。
しかし、私だって人間であり、感情というものがある。
それをコントロールするのが大人。
大人な人間でありたい。

少し足を止めて、海を眺めてみると、少しだけ穏やかな気持ちにもなれる。

2013040202.jpg
印象に残る海の色。

さて、サンセットラインを順調に北上して行くと、このツーリング最大の目的地、伊弉諾神宮へと向かう県道88号線に入る。
ここから1kmばかり走れば目的地だ。

伊弉諾神宮に辿り着くと、イライラしっ放しだった気持ちがかなり和らいでくれて、神妙な気持ちになれる。
何処と無くパワーを感じる。
不思議な感覚だ。

これまでの事を忘れ、本殿へと向かおうとすると、太鼓や笛の音が聞こえる。
どうやらお祓いが行われているようだ。
巫女さんが神楽を舞っている。

その様子をしばらく眺め、太鼓や笛の音が消えると、私自身のお参りを済ませる。

2013040203.jpg
境内には桜も咲いていて良い雰囲気だ。

一通り伊弉諾神宮を周ると、再びサンセットラインに戻り北上をしていく。
やがて明石海峡大橋が目の前に迫ってくると、淡路島一周も終わりを迎えようとしている。

2013040204.jpg
明石海峡大橋の袂から。

このツーリングで感じたのは、淡路島ってツーリングには向いていないかも?
と言う事だ。
いや、正確に言うと、スポーツバイクでのツーリングは…と言う事だ。

明石海峡大橋の袂を潜り、淡路ICへと向かう。
帰りはSAを利用することが出来なかったので、休憩はもう少し先のPAになるだろう。

日の傾きつつある明石海峡大橋を渡り、帰り道を急ぐ。
広域情報では阪神高速の渋滞情報ばかり流れていたが、肝心の中国自動車道は?

上り線にはバリアも設けてあって、行きと帰りとでは随分と状況が違う。
そのバリアに近付いたときに、中国自動車道の広域情報があった。
なんだか宝塚周辺で通行止めっぽいような?

渋滞とも通行止めともその表示板には表示されていなかったけれど、道は赤く塗られ、その先には×印がふたつ。
これってどう言う事だ?

淡河PAに休憩に立ち寄った時には、その真偽がはっきりとしていた。
事故渋滞だ。
渋滞は時間とともに長くなってきており、既に18kmとある。
あれ?これって行きと同じ距離では?

休憩を終え本線に戻ると、すぐに渋滞が始まっていた。
精神的にも疲れているのに、最後の最後にまだ試練が残されていたのか。

車列の間を縫って走り、集中力だけは切らさないように先を急ぐ。

面白い事でもなんでもないが、事故が起きたポイントの手前に、事故多発注意と言う看板が目立ち始めた。
そしてトンネルの入口で後部がつぶれた車が。
ここには何かがあるのだろうか?

霊的な力を今まで感じた事も信用した事もないけれど、今回、畿内の大五芒星を巡ると言う事で、何かしらの霊的なパワーを授かれたらと思っていたけれど、やはり何かその様な力の存在はあるのだと感じる。
今回の様な事はあまり感じたくは無いけれど。

渋滞を抜け、停滞した流れはかなり快適になった。
それも名神高速との合流までだが。

名神高速との合流で、車の数はかなり増えたが、流れ自体は悪くは無かった。
しかし天王山を越えた辺りから少し流れが鈍りだしてきた。
追い越し車線はそれなりに流れていてくれたので、そこを行ったり来たりしながら流れに乗っていた。
そんな時、流れを乱すような感じで、銀色のクラウンが前に割り込むような感じで入ってきた。

なんでわざわざここに入るんだ?

と、思うかどうかのタイミングで天井から赤色灯が現れた。
どうやら前を走っていた車を捕まえる為だった様だが、あのわずかな時間で速度を測るようなことが出来るのだろうか?
取締りの仕方に疑問符がつくが、割り込んできたタイミングが私の後ろでなくて良かった。
と言うか、走行車線に戻ろうとしたタイミングに割り込むような格好だったので、変な車だなと思ったのは確か。

しかし、そんなに速度を出している様に思えなかったけれど、規制速度が80km/hと言う事でなんとなく納得してしまった。
こう言う場所でよく取締りしているもんね。
気をつけなくては…

滋賀に入るとかなり流れが悪くはなったけれど、無事に瀬田西ICへと戻って、そこから自宅までの10kmばかりを気を緩める事無く締めくくった。
TL1000Rのトリップメーターで418kmと表示されていた。
意外と少ないような気もしたけれど、道中にはかなり渋滞があったし、こんなもんなんだろう。
兎に角、一番懸念していた場所をクリアできたのは大きいかな?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2401-c3aa7fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking