FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



チャージモッドと呼ばれる加工
さて、今日のツーリングが目的を達せられないまま終わってしまって、少々動揺しています。
動揺の理由は、この状態のまま、ねぶた祭りに…ひいては北海道に旅立つなんて無理ではなかろうかと考えたからで。
原因は良く分からないけれど、バッテリーが良く弱る。
以前は3ヶ月ほど持ったのに、その時間が短くなってきている。
バッテリーには十分に充電できる状態だし、事実、補充電すると元気になる。
ただ、バイクを動かす度に弱って行くのがわかる。

恐らくだけれど、多分レギュレーターがパンク寸前なのだろうな。
パンクしたレギュレーターとは少し違った症状だけれど、遅かれ早かれ逝かれる様な気がする。

そんな訳で、バッテリーを交換した時から、最後の手段として残されていた加工をしてみる事にしました。

それはレギュレーターの出力から直接バッテリーの+へとバイパスする線を引っ張ってやる事です。
チャージモッドと呼ばれているそうです。
TL1000Rはレギュレーターの出力からバッテリーに至るまで、リレーや配線の劣化等で電圧降下してしまうそうで、それを補う加工のようです。
私のTL1000Rは、正しくこの電圧降下の様な現象になっています。

具体的に言うと…バッテリーの端子で電圧を測ると
エンジン始動前:12V前半
エンジン始動後アイドリング:13V前半
エンジン回転5000rpm:12V中盤
と、こんな感じです。
アイドリングよりエンジンを回すと電圧が少々下がるのが気がかりです。
マニュアルによると、5000rpmでは14Vくらい発生してないといけないのですが。

さて、それでは加工していきましょう。

2013072002.jpg
とりあえずレギュレーターをバイクから取り外します。

2013072003.jpg
加工に必要な物を購入して来ました。
ギボシで分岐配線する物とヒューズホルダー、それにヒューズです。

2013072004.jpg
レギュレーターはレクチファイア(整流器)と一体になっていますので、ジェネレーターからの伸びる三相の線と、直流に変換された線が2対出ています。
直流に変換された赤と黒の線のうち、赤の線のどちらかをカットします。

2013072005.jpg
カットした所にギボシ端子を取り付けます。

2013072006.jpg
分岐配線を割り込ませます。

2013072007.jpg
ヒューズホルダーにギボシ端子を取り付けます。

2013072008.jpg
分岐線から伸びた線に加工したヒューズホルダーを取り付けて、これでレギュレーター側の加工は完了です。

2013072009.jpg
レギュレーターを元の場所に戻し、カプラーも繋ぎます。

そして、ここからバッテリーまで配線を伸ばして行くのですが、この配線をするのが少々難儀。
少々どころか、かなり難儀します。
まず、フレームとエンジンの隙間がほとんど無く、僅かにある隙間にも既にハーネスが張り巡らされています。
このハーネスに沿って配線しようにも、もうギッチギチになっていて、隙間を見つけるのも大変。
色々と試行錯誤して、なんとか配線する事が出来ました。

2013072010.jpg
フロントのスプロケガードの上辺りから伸びる赤い配線が今回施した物。
そして以前、シガーソケットを取り付けた時に施した配線に分岐配線を割り込ませました。
こうする事によって、配線の両側はヒューズによって守られる事になりました。
-側の配線ならここまで気を使うことは無かったのですが、+側の配線となると、万が一、エンジンの熱でショートしてしまった時、保護する事が出来ません。
配線がエンジンのすぐそばを通るので、かなり気を使いました。

で、加工後、バッテリー端子の電圧はどうなったかと言うと、そんなに変化はしませんでした。
前半が中盤になったくらいで、目に見えての効果…と言うか、マニュアル通りの電圧にはなりませんでした。

って言うかさ!
ちょっとしたアイドリングと、電圧の変化を見る為に回転を上げただけのわずかな時間で、レギュレーターが物凄く熱くなっている。
仕事し過ぎでしょ。
もうちょっとサボっても良いんじゃない?

※レギュレーターは余分な電圧を熱にして捨てています。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2439-0b76ce09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking