FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・秋田港から
こんな調子でレポートを仕上げて行くと、このロングツーリングと同じくらいの時間が掛かってしまう。
それは、いくら更新するネタが少ないとは言え、私の望む所ではない。
勿論、皆さんにとっても。
もう少しペースを上げてみようか?
薄味になりはしないかと心配だが、今回も濃い目の内容で進み具合は変わらないだろう。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

フェリーでの時間は本当に眠るだけだったが、それでもいくつかは済ませなければならない事があった。
それは秋田港から青森までのルートの検討。
ある程度決めていた事だが、天気次第で心が揺らぐのが分かっていた。
その為の代替案も作っておこうと言う訳だ。

雑魚寝の二等だったが、私の体は旅慣れたもので十分な睡眠が出来た。
そして秋田港へとフェリーは辿り着いた。
事前のアナウンスでは晴れ。
そうなると決まっている。
当初検討していたルートとは少々違うルートで青森を目指す事にした。
青森へは夕刻までに辿り着けば何とかなるだろうし。

2013082204.jpg
秋田港にて。

ここ最近の関西の朝とは違った、爽やかな空気を感じながら男鹿半島を目指す事にした。
男鹿半島と言うよりもその根元にある寒風山へ…だが。

フェリーターミナルを出ると真っ直ぐそこへと向かった。
日曜の早朝なのに、意外なほどの往来がある。
その流れに流されるまま男鹿半島の付け根へと走る。

2013082205.jpg
男鹿半島への入口で巨大ななまはげ像が出迎えてくれる。

県道45号で寒風山を目指す。
開けた所から鬱蒼とした山道へと入り、路面の状況に気をつけながら高度を上げて行く。
やがてその鬱蒼とした森林地帯を抜けると風景がまた開け始める。
それは上がってくる前の雰囲気とはかなり趣の変わった物だったが。
寒風山の一番高い所…だと思われる展望所に向かい、眼下を見下ろすと遠く男鹿半島の入道崎から、男鹿半島から秋田港へと続く湾状の海、そして広大な八郎潟が見える。

2013082206.jpg
男鹿半島が形成する秋田港までの湾状の海。

2013082207.jpg
展望台から少し下ったところにある駐車場にて。

2013082208.jpg
寒風山から見る男鹿半島入道崎の遠景。

2013082209.jpg
朝日を反射する八郎潟。

2013082210.jpg
眺望とその雰囲気はオススメ出来る!

一通り寒風山からの風景を堪能すると、来た道を戻り、八郎潟を埋め尽くす大潟の直線道路へと向かう。
工事中のヶ所があり、そこへと抜けるのには少々勘を働かさなければならなかったが、大きなロスも無く抜け出してくる。
何処か最果て感を感じる場所だが、北海道の雰囲気を先取りしたとでも思えば、気分は盛り上がってくる。
それを北上してR7に抜けてくると朝食をとる為にコンビニへと立ち寄る。

少々大げさな荷物をバイクに積んでいると良く感じる事だが、先ずナンバーを確かめられる。
そしてその持ち主…この場合は私だが…を見つけて興味深そうに観察される。
観察と言うか、まあ単純な話、話しかけてみようかどうしようかと言うオーラをビンビンに感じる訳だ。
そこで話しかけてくる人とそのまま立ち去る人に分類される。
立ち去る場合もかなり後ろ髪を引かれる感じだが。
稀に話しかけてもらおうと言う感じで立ち止まる人も居るが、こちら側からわざわざ話しかける内容は無い。
そんな稀な人に車の中から観察される感じで、少々居心地が悪かった。

朝食を食べ終えると元々考えていたルートへと戻そうかと思ったが、折角なのでもう少しツーリング気分を味わう事にした。
秋田道の無料区間を二区間ほど走り、私の古いマップルでは広域農道と記されていた、いつの間にか県道へと格上げされた道を北上して行く。
路面状況は正直な所良好とは言えないが、信号の少なさが特筆出来る。
気分良くその県道を進んで行くと、遠くに日本海が見え始めた。

2013082211.jpg
県道に格上げされたかつての広域農道から。

県道はR101へとぶつかるとそれを北上して行く。
並行して走る五能線と一緒に。

それを北上していると、大そうなレンズの付いたカメラを三脚に乗せて、海側にそれを向けている素人?カメラマンを見つけた。
その方向に視線を向けると、日本海の雄大な風景に小さな鉄橋が良い具合に溶け込んでいる風景が目に飛び込んで来た。
TL1000RをUターンさせ、そのカメラマンの元へと引き返すと挨拶をした。
そして…

「電車はすぐにやってくるんですか?」

「あと10分ぐらいです」

「じゃあ、少しお邪魔します」

そのカメラマンと私がその場でカメラを構えて佇んでいると、興味深そうに通り過ぎる車やバイクが居た。
皆一様にその風景を感じ取ると、引き返そうかそのまま通り過ぎようか思案しているようだった。
先客が二人居る事で諦める人も居たが、一組のリタイヤした様な夫婦は先の駐車場に入り歩いて引き返してきた。

2013082301.jpg
やっぱり望遠レンズでないと雰囲気が出ないな。

遠く、カタン、カタンとレールの継ぎ目を申し訳なさそうに乗り越えて、二両編成の電車…と言うか正確にはディーゼル機関の汽車だが…がやって来た。
カメラマンの方に「良い物が撮れましたか?」と聞かれたが、実際には動画を撮影していて、その途中にシャッターボタンを押してみて、写真が撮れたかどうかは分かっていなかったので「確認してみないと分かりません、と言うのもこのカメラ、使い方がもう一つ分かっていないので」。
実際には写真の撮影も出来ていたが、ご覧のような動画から切り出したような感じ。

お礼を言うと先を急いだ。

白神山地が日本海へと落ち込んでいく箇所を通り過ぎ、今度は後ろから五能線がやって来た。
しばらくそいつと並走し、そいつを追い越して写真撮影してみようとペースを上げる。

丁度、待避所と言う感じの場所を見つけたので、そこにTL1000Rを停めると汽車がやってくるのを待った。
意外にも早く汽車はやって来て、構図も何も無い感じの写真しか撮れなかった。
そのホンの数十m先は十二湖の駅があり汽車もスピードを落としていて、それに気が付いたのは汽車が十二湖の駅を出発してからだった。
じっくりと構えた構図の写真が撮影できたのにと思ったのだが、すべてが後の祭り。

2013082302.jpg
慌てて撮影した五能線とのツーショット。

再び北上を開始して、艫作崎を迂回する県道192号へと入るが、想像以上の険道だったので、時間的な短縮にはならなかった。
時折、のんびりとした地元の軽トラックに従ってみたが、気持ちの余裕は徐々に減って行き、我慢も程々にそれらをパスして行く事にする。

道が五所川原に入ると、市内は立ちねぶたの準備の雰囲気が強く感じられる。
見物の為の席取りシートが早くも歩道上に敷かれているのを見ると、その期待の大きさが伺える。
しかし、道案内は頭をかしげる様な物だった。

R101を進んでるつもりがいつの間にか五所川原の駅前に出て、そして一方通行の所へと入り込んでしまう。
五所川原の駅前には来た事が有ったので、勘を働かせ正しいと思われる道を進んでみた。
方向的には間違っていないような気がするのだが、流石に正確な場所を知りたくなって、道行く女子高生?に声を掛けてみたが、バイクの上から怪しげなおっさんが声をかけてきたのが怖かったのだろうか、無視を決め込んで走り去って行った。

こうなれば己の勘に頼るのみ。
多分こっちだろうと言う感じで進んでいくと、津軽道と言う表示が見えた。
私の古いマップルでは載っていない道だが、かすかな記憶を辿っていくと、そんな道が存在した気がする。
そしてその道は私の希望する場所へと導いてくれた気もする。

疑心暗鬼にさらされながらもその道に入り、やがてその道が浪岡へと向かう事が分かるようになると、疑心が確信へと変わった。
ねぶた祭りの臨時キャンプ場まではもう間違いようが無い。
遅れての参加だから、テントを張る場所に苦労するんだろうなと考えながら辿り着くと、そこは私のイメージした感じではなかった。

「なに?この少なさは?」

テントを張る場所に苦労するとか、そう言う問題は何処にもなかった。
むしろ雰囲気の違いに戸惑ったほどだ。
知った顔が見える。
少し安心して話しかけると、今年はどうもこんな感じなのだそうだ。
ピークは昨日。
もう、寂れて行く一方だとか?

他に知った顔は無いかと辺りを見回す。
同窓会的な要素が強まってきたねぶた祭りの臨時キャンプ場。
同窓会のメンバーが徐々に減っていくのは人生と同じで、一抹の寂しさを覚える。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>禄太郎さん
男鹿半島は秋田のツーリングスポットの一つです。
もしこの辺りを周ろうとされるなら、入道崎まで行っても損はしないでしょう。

今回は青森と言う目標があった為、割愛する事になりましたが、時間に少しでも余裕が有ったならば周っていた場所です。
あえて一つ選ぶなら寒風山はとても良い場所です。
そして、自然遺産にもなった白神山地は色々と周る所が有ったのですが、どれもすっ飛ばしてしまいました。
青池なんかは最近有名になってきていますね。
日本キャニオンと呼ばれる場所に立ち寄れば、そこにも行ける筈です。
【2013/08/26 18:52】 URL | ドギー #- [ 編集]


東北の日本海側は他の方のツーレポで見たことがありますが、ドギーさん
はまた違った視点だったので、楽しめました。寒風山、いいところですね。
このエリアに行ったら絶対立ち寄りたいです。五能線沿線も実にいい感じ
ですし。
【2013/08/26 08:23】 URL | 禄太郎 #9dqKjkkk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2448-a0b9d55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking