FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・北海道上陸
今回のレポートでは同行した登場人物を描写しない限り、片手落ちのレポートしか出来ない。
いや、これこそが今回の重要なポイントであって、その描写をどうしようか少し迷った。
今回は小説の様な感じで書き進めているし、帰りのフェリーで読んだミステリー小説に影響されて、イニシャルで表現する事にした。
イニシャルだからイマイチ臨場感に欠ける気もするが、了解を得ていないのでね。
まあ、普段呼んでいるキャンパーネームだから、本人の特定とまでは行かないだろうけれど、今後はバイクなりバックショットなりで写真も載せる可能性が有るから、知っている人は気が付くかも知れないな。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

既に荷物は整理して、後はバイクに積み込むだけ。
花火が終わると、整理した荷物はキャンプ場に置いたままで、銭湯に向かう。
裏道と思っていた道が、花火見学を終えた車で渋滞しつつあった。

銭湯で汗を流し、キャンプ場に戻り荷物を積み込む。
普段ならキャンプ場で最後の夜を楽しんでいたが、今回はBが押さえたチケットがこの夜の深夜便だったので、キャンプ場で夜を過ごす事無く、フェリーで夜を明かす事になる。
時間を有効に利用するならばこの方法が一番だ。

時間になると後ろ髪を引かれるような思いでキャンプ場を出て、すぐにあるフェリーターミナルへと向かう。
出港の時間まではまだ1時間と少し有ったけれど、フェリーの乗り場まで移動して積み込み開始を待つ事になる。
続々とバイクが乗り場まで集まってきた。
その中にはねぶた祭りで見かけたバイクも混じっている。
皆、北海道へと渡る興奮が抑えられなくて、その思いをひしひしと感じ取る事が出来る。

バイクから積み込みが始まり、無事に積み込みが終わると、雑魚寝の場所を確保しに行く。
他の面子がどうせ押さえているだろうと、のんびり目に客室へと向かった。
さほど混雑もして居ない場所に固まって、このまま朝を迎えるべく眠りに付く事になる。
目覚めたらそこは北海道の玄関口だ。

興奮で眠れる事が出来ないんじゃないかと思っていたが、それは杞憂に終わり、函館港到着のアナウンスに気分よく起こされる。
皆もそろそろと下船準備を始め、バイクへの乗車を認めるアナウンスが流れると、車両甲板へと向かう。
甲板内で色々なバイクたちがエンジンを始動するのを聞いて、私も負けずにTL1000Rを目覚めさせる事にした。

函館港に降り立つバイクたちは思い思いの方角を目指し、函館の町に消えて行ったが、私達はもう少しフェリーターミナルで時間を潰す。
折角函館にやってきたのだから、朝食は是非ともラッキーピエロで。
そう言う話がまとまって、開店時間までの間待つ事になった。
そして、そこから何処まで走るかの相談。

私達が目指す最初の目的地であり、最大の目的地の礼文島。
そこにどれだけ近付けるかが課題であり、問題無く走れて距離を刻むのに最適なのは、岩見沢の隣町にあるキャンプ場を目指すのが一番に思えた。
そしてそこを目標にする事になった。

時間が来て、先ずはラッキーピエロに向かう事になる。
先導は成り行き上と言うか、バイク的に私が勤める事になった。
函館新道を目指し、函館市内を走るが、Tがコンビニに立ち寄って欲しいと言う。
どうやら眠気が十分に取れないらしく、そこで眠気を覚ますドリンクを欲しがっていた。
無事にコンビニを見つけ、皆簡単な補給を済ませると、函館新道からR5に入り森町にあるラッキーピエロへと向かった。

予想よりも早く店舗に到着して、開店時間まで少し待つ事になったが、早く辿り着いたおかげで先頭に並ぶ事が出来た。
既に駐車場には沢山の車やバイクが止まっていたが、皆その近くで開店待ちをして居たから、こう言う事態になった訳だが。

2013082501.jpg
結構ボリュームのあるハンバーガーなので、単品一つとドリンクを注文。

2013082502.jpg
ラッキーチーズバーガー。人気№4のハンバーガー…だったと思う。

がっつりと食べる者、軽めに済ませておく者、皆様々だったが、味に十分満足すると北上を開始する。

北海道に上陸する前の週間天気予報は晴れマークが並んでいて、それほど心配はして居なかったが、いざ上陸してその予報を再確認すると、今度は傘マークがずらりと並んでいる。
こう言う事は北海道の天気予報では珍しくも無い。
持ち上げられて落とされた気分になったのはいただけないが。

ラッキーピエロを出て薄曇だった空が徐々に雲の厚さを増し、嫌な感じになってくる。
噴火湾沿いに出てくると何時降り出してもおかしくない感じ。
ねぶたの衣装を送り返す為に立ち寄った郵便局で、ついに雨が降り始めてきた。

九州から青森まで走ってくる間に、富山と新潟しか晴れなかったと言うBはすっかり雨男キャラが身についてしまって、この雨もBの所為にされ始めた。
雨養生をしたのはBを除く3人。
雨はすぐに止んで、合羽の中はサウナ状態となった。
八雲の市街地に入り、ガソリンスタンドを見つけて給油をする。
その前に合羽を脱ぐ事が何よりも優先された。

Bはやや勝ち誇った感じで「北の空は晴れてくる感じだったしな」
いやいやいや、あんたが居たから雨雲を引き寄せるんじゃないかと思っただけや。
とは、皆心に思っていても口には出さなかった様だ。

給油を済ませ、いざ出発しようとした所、Bは言った。
「ケータイ落としたみたい」
森の道の駅の辺りで足に何かが当たる気がしたようで、それがどうもケータイらしかった。
殿を勤めていた彼は誰にも気付かれる事なく、そして自身は立ち止まる事なくここまで走って来てしまった。
すぐにそのケータイへと連絡をしてみたが、既に電源は喪失してしまっていた。
「もう車に踏み潰されているな」
何処から何処までもついていないヤツだ。

そこからケータイを止めたり、新たなケータイを手配したりと、手続きをしてみたが、ややこしい契約だったようで、すぐには代替機種が手に入らないと言う事になった。
しかも九州から北海道、リチウムバッテリーのケータイは空輸できないとか?
それでも色々と頑張ってもらって、4日後ほどには礼文の知人宅に届けられると言う。
何とか話はまとまったが、この情報社会で連絡源を数日喪失する事は痛手ではないだろうか?

「重要な連絡は同行の3人の誰かにする」

そう言うことか。
礼文までは一緒に行動するんだからな。
予定外の時間を大幅に使ってしまった。

再び北上を開始すると、出発当時眠気を催していたTの体調がすぐれなくなってきた。
「もう走れない」
もう少しだけ頑張ってもらえれば、倶知安に辿り着くから、今日はそこまでにしておこう。
予定は未定、礼文への道のりは少し遠退いた。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2450-0203d5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking