FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・役目
キャンプでの役目は決まってしまったが、バイクでの移動の時の役目も決まりつつあった。
タンクバッグにツーリングマップルを仕込める私が先導。
大まかな地図を持っていて、大まかな距離を見て何処まで走れるかを決めるBはご意見番。
Sもご意見番。
Tもご意見番…

って、おい!…おい…

-----○-----○-----○-----○-----○-----

倶知安のキャンプ場で迎える二度目の朝は、テントを叩く雨音はしない、撤収日和となった。
とは言え、何時降り出してもおかしくない予報と空だ。
各々が朝食をとり、それから撤収作業を進める。

撤収作業も一段落し、Bが持ってきたA3版はあろうかと言う日本全国地図で、何処まで走れるだろうかと検討に入った。
Tの体調も考えて、苫前か初山別のキャンプ場が妥当だろう。
と言う事で、そのどちらかを目標に走り出す事になった。

キャンプ場を出て、小樽への近道となったR393を進む事にする。
倶知安の市街地を抜け、少し進んだ所で霧雨が降り始めてきた。
それは次第に小雨へと変わり、路面を濡らす様になる。
先導で走る私にはいくつかの責任がある。
そのひとつが雨養生をするのか否か。

対向してくるバイクを観察してみると、大多数が合羽を着ていない。
もしかして、この先は晴れているんだろうか?
しかし、この先は峠越えが待っていて、そんな風には考えられなかった。
慎重派のTもいる事だし、木陰のあるところにバイクを寄せて合羽を着ることにした。

合羽を着込んで走り出すと、小雨は降り続いていたが、峠を越え、赤井川に入ると小康状態へとなった。
空を覗き込んで見ると、まだまだ降り出しそうな気配。
合羽を着ていても「言うほど」蒸し暑くならなかったので、その格好のまま走り続けることにした。

小樽から石狩へと抜け、風も出てくる。
雨はと言うと降ったり止んだり。
止んでいる時間の方が長かったが、合羽を脱ぐと言う選択肢は無かった。

石狩からは日本海側を北上して行き、車の往来も減り、ぐっと走りやすくなった。
バックミラーで後ろの様子を伺う時間が増える。
先ほどの休憩でBが言った言葉を思い出す。
「もう少しペースを上げても良いで」

今までは本当に大人しく走っていたが、北海道らしいペースにすると1対3の集団が出来る。
1を集団と呼んで良いものかは、甚だ疑問では有るが。
勿論、1とは私の方だ。

私の単独走の100mほど後ろに3台が固まって走る、そんな陣形で増毛まで走ってくる。
その休憩の時にも「ペースを上げて…」
え?

付いて来れてないやん…と心の中で突っ込んでみたが、どうもそれがSの車間距離なのだとか。
おまけに「前走車を追い抜くならもっとスムーズに」
これでも一応は考えているんやで。
その車のペースを測ってみて、追い抜いて良いものかどうか。
追いついたからと言って、変わらないペースの車も居るんだし…
とも言えなかった。

「うん、まあ出来るだけそうするわ」

そして、結構な距離を進んできた物だから、Tの体調についてご機嫌を伺った。
どうやら昨日の雨で、1日ゆっくり出来た事が相当良かったらしく、全く平気という。
雨も降ってみるもんなんだな。
そして目標を苫前よりも北の初山別にする事で、意見がまとまった。

給油のペースが異なる4台だったが、私とTがBにあわせる事でその問題はクリア出来そうに思えたが、Sのペースにはどうにもあわせ様が無かった。
まあ、満タンでリザーブを使っても7Lのバイクだからな。
いくら燃費が良くても、百数十kmも走ればスタンドを探したくなる。

一度は小樽近辺で給油のタイミングが同じになりかけたが、留萌を越えた辺りでSのタンク容量に赤信号が点った。
小平の先の方で何とかスタンドを見つけ事なきを得たが、我々も考えなければならなくなった。
この給油のタイミングを計るのも先導の役目。

明日の早朝から動き出す事を考えると、早めの給油をしておいた方が良さそうに思えた。
残りの3台は羽幌の市街地で給油をし、4台とも稚内までは走れるようになった。

ここまでは雨の勢いは強まらず、むしろ合羽も要らない様に思える天候だったが、目的の初山別に近付いてくると雨脚が強まり始めた。
そしてそのキャンプ場へと向かってみたが、とてもキャンプしようという天候ではなくなっていた。
皆の心はここでのキャンプは無いな。
と言う事で、もう少し稚内へと近づく事にした。
Tの体調が戻った事も大きい。

遠別を越えて、天塩に入ってくると雨脚は収まり、むしろ青空が所々見えるようになった。
鏡沼海浜公園は候補の一つに上がっていたので、立ち寄ってみる。
Tの気持ちはここで泊まろうと、はっきりと見て取れた。
私もここで良いんじゃない?と言う気持ちになっていた。
なっていないのはBで、Sはどちらでも良いという感じだった。

はっきりとここにしようと言う気持ちになれないで居たのは、明日の天気を考えての事だ。
雨の中の撤収はかなりきつい。
私もSもその事を考えていたが、Bはもっと稚内に近付きたいという思いのようだ。
Tは撤収しないでも良いから、お気楽なもんだ。
と言うのも、この鏡沼にはライダーハウスも併設されていて、女性用にも別棟が用意されている。
主に男性用には、既に数名の申し込みが有り、女性用は完全な空きになっていた。

色々と思案してみたが、時間的にここで決めておくのが良いだろうと言う事と、明日の天気も持つんじゃないの?と言う楽観的観測で、雨男キャラが板に付いて来てはいたものの「肝心な所は晴れていたやん」とBを納得させ、キャンプする事になった。

2013082701.jpg
男性陣はキャンプ、女性陣(と言っても一人だが)はライダーハウス。
それにしてもその料金の設定には疑問符が付く。
キャンプ500円、RH200円。

テントを設営し、歩いて温泉へと向かう。
そしてその足で、近くのセイコーマートで買出しを済ませ、キャンプ場へと戻る。
今日も焼肉だ。
担当は全く替わらず。

そうそう、この辺りからTL1000Rのバッテリーの勢いが怪しくなり、そろそろ押し掛けが必要になってくるんじゃないかと感じてきた。
なので、なるべく余分な電気を使わずにしようと思った。
シガーソケットからの給電に期待していた私は、コンセントからケータイへと充電する準備をしてきていない。
これってピンチ?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2452-76ca0563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking