FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・花の浮島
礼文島は花の浮島と呼ばれている。
それは高山植物が低い土地でも見られると言う珍しい環境だからだ。
その見頃は6月頃から始まり、7月一杯でほとんど終わってしまう。
既に見頃は終えてしまっていると言う訳だ。
しかし其処彼処で見られる手付かずの自然は、北海道の自然を濃縮した雰囲気で見応えがある。
ヒグマが居ないと言う点も見逃せない。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

フェリーが香深港に到着すると、出迎えの人々であふれかえっている。
そのほとんどが旅館やホテル、民宿と言った宿泊施設の人々だが、ひときわ異彩を放つのが桃岩荘。
そんな出迎えの人々の中に、NとJちゃんの姿を見つけると、そこに歩み寄る。

Jちゃんと言うのは、私がNに譲ったジャイロを、ここ礼文島まで「自走で」運んでくれた大阪の女性。
そして礼文島では漁師さんのお仕事の手伝いをしている。

「お久しぶり。わざわざありがとう、ホンマ助かるわ」
お土産を渡すと、担ぎ疲れた荷物をトランクへと放り込む。
「晩御飯はどうするの?」
「何にも考えていない」
「簡単な物ならあるけれど?」
お言葉に甘えます。

道中で酒と明日の朝食を買い込んでN宅へと向かう。
「お久しぶりです、お世話になります」
と、Nの旦那さんに挨拶をし、小さな娘さんに「覚えている?」と訊ねたが、どうやら覚えていないようだ。
3ヶ月ほど前に会っているんやけどなぁ…

形式的な挨拶の後、晩御飯を御馳走になる。
何故かこの日の酒が良く回ったのをはっきりと覚えているが、その代わり記憶の方がはっきりとしない。
良く回ったと言う日は、大体そんなものだ。

旦那さんを追い出す格好で作られた寝床で目を覚ます。
この少し前に話し声が聞こえていたのをおぼろげながら思い出し、居間へと入ると、Jちゃんがソファーで横になっていた。
「夕べから?」
「いや、これから仕事」

今日は風が強いので漁はお休みになったと言う事。
代わりに室内での昆布の加工の作業があるのだとか。
Nの家でもそう言う事になった。

朝食の後、昆布の加工作業を皆で手伝い、その後キャンプ場へと向かう事になった。
キャンプ場には既にBとSが到着しており、私もそれに続いて設営作業を始める。
にしても、Nの家からなら、キャンプ場にバイクがやって来るのが聞こえるのだが…
と思っていたら、BとSはお世話になった家から車を借りてきていた。
道理で気が付かないわけだ。

テントの設営のあと、BとSはお世話になった家に戻って、知人を待つと言う。
私も遅れてそこへ向かうと応える。
TはNと一緒に後から来ると言う。
なので、私は以前に所有していたジャイロを借りてそこへと向かう事にした。

2013082901.jpg
譲渡時とナンバーが変わっていると思ったら、御当地ナンバーが造られたから、それに交換したとの事。
花の浮島を象徴するかの様な御当地ナンバー。
市町村名じゃなく「花の礼文島」と言うのが味噌だな。
礼文島と代表的な花のレブンアツモリソウがデザインされている。
そして細かい所だが、トド島もきっちりと描かれている。

当分の間は…と言うか、礼文島にいる間は、こいつが私の足になってくれる。
そして、車載動画を撮影しようと荷物を確認すると、あれほど忘れ物は無いようにと確認したはずなのに、肝心なパーツを忘れてきてしまった。
これでGoProでの車載動画は撮影できなくなってしまった。
これまでもレポート的な動画を撮れなかったので、せめてダイジェスト版を作ろうと考えていたが、肝心要の礼文島での撮影が出来ないのであれば、すべて諦めてしまおうと言う感情が湧き上がって来た。
これはいつかリベンジせねばなるまい。

BとSのいる元地へと向かう際には、色々と見所がある。

2013082902.jpg
「タイムトンネル」と呼ばれる何とかトンネル(またか!)を潜り抜けると、それまでとは異次元の風景が目の前に現れる。
「タイムトンネル」とはなかなか上手いネーミングだ。

2013082903.jpg
ここだけ写真で切り出すと、山登りをしているかの様な風景。

2013082904.jpg
遠くに礼文三大奇岩の一つ、猫岩を望む。
猫岩とは猫の後姿の様な海に浮かぶ岩の事。
この距離では分かり辛いな。

2013082905.jpg
礼文三大奇岩の一つ、桃岩。
この角度からなら桃の様な感じには映らないけれど、裏側から見ると年輪の様な地層が見て取れる。

2013082906.jpg
最後の礼文三大奇岩の一つ、地蔵岩。
お地蔵さんが合掌している様な感じからのネーミング。

2013082907.jpg
海に出ている部分と陸地の部分の岩の質は異なるそうだ。
侵食されて出来たみたいだが、そうなると違うと言う事なんだな。

BとSのお世話になった家の人にも少なからず面識があり、名前を覚えて下さった事にとても感激する。
昼食はその家でお世話になり、しばらくするとTとNもやって来た。
しばらくそこで雑談し、夕刻前になると、TとNは、Nの用事で引返す事になった。
Nは「今日はバーベキューの用意があるから、そのつもりで」と言い残した。

会はお開きになり、それぞれが思い思いにNの家へと向かう事になった。

2013082908.jpg
タイムトンネルを越えて香深側に。
少し桃岩っぽい雰囲気があるかな?

昨日酔っ払ったのと同じ酒を買い、Nの家へと向かう。
バーベキューの用意は少しだけ進んでいたが、肝心の炭火はまだだった。
肝心な炭にも火がつくと、いよいよバーベキューが始まった。
漁師さんと言う事もあり、海の幸もふんだんに振舞われた。
昨夜に引き続き、酔いの回るのが早い。

バーベキューも焼く物が無くなり、お開きになろうかと言う時に、Tが何かを取りに行った。
大事そうに何かを抱えて出てくると「おめでとう」と言う。

そうか、私自身もすっかりと忘れていたが、まさか…

2013082909.jpg
今日が誕生日だったと言う事を思い出させてくれた。
こんな形で祝っていただけると、本当に感謝の気持ちが芽生えてくるな。
にしてもこの似顔絵、やたらと似ている。
もうちょっと笑った表情にしてくれると嬉しかったが、贅沢は言うまい。

「早めに帰って準備したんだよ」

涙が出てきそうだ。
年を取ると涙腺が緩む。

忘れてしまいっていた誕生日が、忘れられない想い出へと変わった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>禄太郎さん
私自身も忘れているような誕生日ですが、祝ってくれた面子も忘れていたか知らなかったと思いますよ。
これを覚えていてくれたのは、数年前にもキャンプ場で祝ってくれた仲間の一人なんですよね。
そいつが、Tに色々とメールで指令を出していたようで。
現場には居なかったけれど、そいつにも感謝したいです。
実際に苦労してくれた面子にはとても感謝しています。
【2013/09/01 16:11】 URL | ドギー #- [ 編集]


ジャイロとの再会だって、十分すぎるくらいドラマティックな話でしたが、
それが霞んでしまうようなエンディングでした。他人事ながら感動して
しまいましたよ。
【2013/08/31 20:28】 URL | 禄太郎 #9dqKjkkk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2454-4f430402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking