FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・礼文島の魅力
「礼文島の魅力は何?」
そう問われると、その魅力を十分に知っていない私は答えに困る。
ただ、其処彼処で見られる風景は、何処か日本離れしている。
こんな小さな島に、想像以上の雄大な景色が詰まっている。
それが魅力かと言われると違う気もする。
その答えを知るのにはもう少し時間が掛かる。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

お見送り。
礼文島の朝は、礼文島から北海道本土へと戻る船を見送る事から始まる。
と言うのは少し言い過ぎか。
いや、島で生活していると、島から離れて行く人を見送ると言うのは自然な流れかも知れない。
そう言う儀式を知っているBとSは、既にキャンプ場から港へと向かっていた。
知人が本土へと戻ると言うのが、第1の理由でもあった。

テントから出ると気配が無い事に気付き、私もNの家へと向かった。
Nの家に辿り着くと、Nの車が無い。
そこで鍵の挿しっ放しになっているジャイロに跨り港へと向かった。

港に辿り着く直前に、船が港を出てゆっくりと島から遠ざかるのが見えた。
「ああ、間に合わなかったな」

港に辿り着くと、皆は既に見送りを済ませた様子だったが、その余韻は色濃く残っていた。
BやS、TやNを見つけると少し立ち話の後、近くの喫茶店へと向かう。
そこで働いている店員さんも知り合いなのだとか。
色々と知り合いが多すぎやろ…

2013083001.jpg
コーヒーにレブンアツモリソウが印刷されたチョコレートが付く。
他にはエーデルワイスとか。

喫茶店での雑談で「北のカナリア」のロケ地が保存されて、それが公開されていると言うので、そこに向かってみる事になった。
私はジャイロを港に残し、Nの車に同乗する。
ロケ地となった場所は礼文島の南の端で、急峻な上り坂を登らないと辿り着かない。
こんな場所にシャトルバスが走っていると言うのだから驚きだ。

その急峻な坂を登り、住宅街を抜けて行くと、にわかに丘陵地帯の風景が広がり、真新しい舗装で整備された小道へと入って行く。
その小道の先には、まっさらの休憩所と駐車場があり、その駐車場へと車を止める。
BとSはその隣にバイクをとめる。

2013083002.jpg
シャトルバスのバス停だろうか?
でも雰囲気的にはセットのバス停のように感じる。

2013083003.jpg
晴れた日には利尻が真正面に見える絶好の場所。
今日は残念ながら雲に隠れてしまっている。

セットはわざと古く作られているが、立て付けが妙にしっかりとしていて、セットを作る人の腕前が伺える。
どの扉、どの窓もスムーズに開閉出来る。
見学は無料で、セットの中に小さな売店があるのみ。
休憩所にも自動販売機があったかな?
一通り見学させてもらうと、港へと戻り、Nは仕事があるからと自宅へ戻って行った。

残された面子で猫台桃台へと向かう。
TはBの後ろに乗り、Sは単独で、私はジャイロで後を追う。
猫台桃台というのは、礼文島の南西岸にある、猫岩と桃岩を良く展望できる展望台。
厳密に言うとその近くにある施設に用事があったのだが。

2013083004.jpg
猫台桃台の駐車場。
桃岩と言われる雰囲気はここからなら良く感じ取れる。

2013083005.jpg
展望台から元地方面を眺める。

2013083006.jpg
同じく桃岩を。

2013083007.jpg
同じく猫岩を。
入り江のすぐ傍にある建物が桃岩荘。

関係者以外立ち入り禁止と、よく目を凝らさないと分からない看板を越えて、桃岩荘方面へと降りる。
右手にログハウス風の建物があり、そちらへと向かう。
ここにも知り合いがいると言う。

初対面のはずなのに、お互いが初対面と言う気がしない。
何故か名前も知られていたが、私もその女性の名前を知っていた。
世の中、実に不思議な事があるもんだ。
まあ、不思議でもなんでもない訳だけど。

2013083008.jpg
カルチチ?ピーチ味とチーズケーキを頂く。

そこでしばらく時間を潰し、スコトン岬へと向かう事になった。
猫台桃台からスコトン岬は、島のほぼ南から一番北へと向かう事になる。
当然ながらジャイロだと後を付いて行く事が出来ない。
数kmなら僅かな遅れで済むが、30km近く走るとなるとかなり待たせる事になる。

既に姿が見えなくなって10数分。
そのままスコトン岬へと向かったのかな?
いや、ここはきっとトド島展望台へと繋がる江戸屋林道?に入っているはずだ。
と言う事で、そちらにジャイロを向ける。

この道は礼文の道の中でも、その展望が素晴らしい道だ。
細い舗装路を駆け上がり、ピーク付近に辿り着くと急に展望が広がり、目の前に海が見える。
振り返っても海が見える。
尾根伝いに道は延びて行き、右手と左手に海が見える。
その海の青さも印象的だ。
目の前にはスコトン岬、振り返ると島最高峰の礼文岳。
兎に角めまぐるしく風景は変わり、そのどれもが印象的なのだ。

やはりと言うか、彼等もこの道を上がって来ていた。
「待ちわびたぞ」
「そうか、そんなに遅れてないと思ったんやけどな」
可能な限り急いだ事を強調してみる。

2013083009.jpg
トド島展望台からスコトン岬とトド島を眺める。

トド島展望台からスコトン岬へと向かう。
そこまでは遅れずに付いていける。

2013083010.jpg
スコトン岬からトド島を眺める。

何だか売店やレストランが真新しく見える。
そこからスコトン岬へと向かう所もウッドデッキになっていて、寛げる様になっていた。
これは明らかに施設が新しくなったな。
こんな最果て感漂う場所なのに、それなりに儲かっていると言う事か。

トド島を眺めながらBとSは言う。
昔は仲間を集めて、漁船をチャーターしてあの島に渡ったんだとか。
でも、クリアしなければならない問題があって、簡単には渡れないとも。
そしてあの海域で泳いだんだとか。
アザラシがいて人間に興味があるらしく、微妙な距離を保ちながら泳いでくる人間を眺めていたとか。
追いかけて行くと潮に流されそうになったとか。

「そう言えばアザラシは見えんな」
トド島を眺めながらつぶやいた。

スコトン岬から今度は澄海岬へと向かう事になった。
今度もさほど遅れずについて行く。
この澄海岬へと向かう道も素晴らしい。
こんな小さい島にこれほど走り甲斐のある道がどれほど多い事か。
GoProのアクセサリーを忘れた事を悔やむ。

2013083011.jpg
澄海岬の展望台へと続く道の途中で見られる入り江。
とても印象的な入江で、誰もがここでシャッターボタンを押す。

2013083012.jpg
澄海岬からスコトン岬方面を眺める。

良い時期なら、こう言った風景に花が咲き乱れているそうだ。
そう言う時期にここにやって来るのは困難を極めるな。

澄海岬を後にすると、キャンプ場へと戻る事にする。
その前にコンビニに立ち寄り、今晩の食材を買い込む。
今晩も焼肉。

Tは二日間、Nの家にお世話になったが、今晩からは桃岩荘に泊まる。
なんでも今日は「スペシャルミーティング」の日だからと言う。
そこでの食事は取らないつもりだったから、キャンプ場で一緒に食べる事になった。

2013083013.jpg
苦労して背負って来たんだから、1度くらいは使わないとな。

夕飯の後、Tはジャイロを借りて桃岩荘に向かう。
その前に、ジャイロを運転する…と言うか、駐輪に関しての注意事項を伝える。
Tが勢い良くジャイロで去って行ったのを見送ると、キャンプ場でしばらくゆっくいとしていた。

ふと気が付くと、利尻の山頂が見える。
あんまり良くない天気が続くと言う事だったので期待していなかったが、その姿が見えた事で、もう少しよく見える場所まで移動する。

2013083014.jpg
Bのバイクと利尻富士。

2013083015.jpg
もう少しすると、よりはっきりと見えだした。

そうしていると、Nが仕事終えてキャンプ場へとやって来た。
仕事と言うか、旦那さんの漁の手伝いなんだが。
今日は緊急に漁が出来たので、そのお裾分けを持って来てくれたのだった。

2013083016.jpg
こっちはジャイロのお礼、こっちはついで。

お礼をしてもらう必要なんて無かった。
礼文に渡った時に活用させてもらっているんだから、むしろお礼したいのはこっち。
お礼と言われて渡されたのはバフンウニ。
量の少ない、赤味がかった方。
で、ついではムラサキウニで、大量に入っている。

そう言う訳で、Bに再び米を炊いてもらう事になった。
役目だからな。

今まで完璧な炊飯をこなしてきてくれたBだったが、この肝心な時に失敗してくれた。
芯が残っていると言うか、こわいご飯になった。

2013083017.jpg
先ずはバフンウニから。
当然、独り占めなんてしませんよ。
仲良く三等分。

2013083018.jpg
一度、ご飯よりウニの多いウニ丼を食べたかった。

こわいご飯でありながらも、取り立て、捌き立てのウニは別格の味だった。
よくぞ漁師の嫁になってくれたと感謝したい。
Tがこのウニ丼にありつけなかったのは残念な事だった。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2455-a7f5d3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking