FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・桃岩荘
礼文島に渡った私の予定は、そこに3日ほど滞在して、その後は北海道を南下し青森に渡り、東北ツーリングを少し楽しんでから帰ろう、と言う物だった。
盆明けに帰ると言った手前、それが一番理想な気がした。
予定は未定、理想は空想。
理想と思っていた物よりも、流れに身を任した方が良い事もあるもんだ。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

桃岩荘に泊まる。
前日からBとSがそう言っていた。
誘われた私は「帰らなければ」と言う断る理由もあったが、それ以上に押し掛け要員を失うのが怖かった。
すっかりバッテリーの弱っているTL1000Rを、3日も稚内のフェリーターミナルに置き去りにして居る。
ほぼ確実に押し掛けする羽目になるだろう。

と、こんな事を考えていても、一番の理由はこの仲間と一緒に居たかった。
と言う理由に他ならなかった。

夜明けを迎えたキャンプ場には雨が降っていた。
時間が経つごとに雨脚は弱りつつあったが、それでも雨中の撤収作業となる事は確実の様に思えた。

テントの中を整理し、いざテントを片付けようとした頃には、雨は止んでいた。
しかしテントを完全に乾かすことは流石に不可能な空模様だったので、水滴をウエスで拭う事がこの状況で出来る一番の対策だった。

撤収を終え、この荷物をNに預かってもらえないか、Bが交渉してくれた。
快く預かってくれると言ったかどうかは謎だが、半ば強引な感じで皆の荷物を庭先の雨がしのげる場所に置かさせてくれると了解してくれた。

Nの家に向かい、荷物を預けると、Tから連絡が入った。
「今お見送りをして居る。友達も一緒だから迎えに来てほしい」
迎えに行くのはBで、私達はNの家でゆっくりとコーヒーを頂く事にする。

コーヒーの準備は著しく遅れた。
Tの友達を迎えに行ったBとT、そしてその友達のPはそのコーヒーが淹れ終わる前に戻ってきた。

しばらくコーヒーを飲んでゆっくりとしていたが、釣りに出かけようと言う話になった。
そうか、だからBは礼文に渡る前に仕掛けを買っていたんだな…
そのポイントはPが知っていると言う。

BがPを後ろに、SがTを後ろに乗せ、私はTが乗ってきたジャイロに乗る。
「ナイロ」と言う所がそのポイントだとか。
前走車が見えなくなったが「ナイロ」と言う場所を注意深く探し、やがて内路地区と言う所にやって来た。
そもそも礼文島に川なんてあるんだろうか?

内路にやって来て、小さな小川を見つける。
この小川の上流がポイントなんだろうか?
その川沿いを上流に向かっていくも、バイクの姿は無い。
行き止まりになった所で引き返し、もう少し北上してみる事にした。

北上して行くと内路地区から外れ、これは何処かで間違ったんだと引き返す。
すると、先ほどの小川の上流へと向かう道の脇の駐車場に皆が固まっていた。
一部始終、そこでした私の行動を見ているにもかかわらず、呼び止められなかった。
「なんで呼び止めてくれへんかったんや?」
「気が付くと思って…」

何はともあれ、無事に合流して、そのポイントへと向かう。
やはりその小川のどこかがポイントらしく、藪になっている所へと分け入って行く。
久しぶりの獲物が来たと、蚊がうるさい。

2013083101.jpg
こんな底の見えているような小川で果たしてオショロコマが釣れるんだろうか?

竿はその辺に落ちている木の枝。
道糸に針を付けると言う簡素な仕掛けに、餌は魚肉ソーセージ。
半信半疑どころか、魚影すら見えない感じだったので、釣りをしていると言う体をとって、時間を潰すだけなんだろう?
こんな仕掛けを作る意味なんてあるのだろうか?

取り敢えず仕掛けは完成した。
釣れる気なんて全くしなかったので、餌の付け方も適当。
適当に餌を流してみた。

すると、地面を釣ったような感覚ではない、明確なあたりがあった。
ええっ?魚居るの?

餌がとられたので、もう一度餌をつけて同じ所に投げ込む。
またすぐさま明確なあたりがあった。
これは地面じゃない、魚が居る。
そう確信すると、餌の付け方に頭を使い、見えない魚影に対する事にした。

最初にオショロコマを釣り上げたのはP。
どうやらこの小川の一番のポイントを見つけたようだ。
それに続いて私も先ほどからあたって来たオショロコマを釣り上げた。

「こんな所に居るんやね」

驚きが隠せなかった。
魚影が見えなかった…と言うより、オショロコマの背の色が底の石の色と同化していて、気が付かなかっただけだ。

いつ降り出してもおかしくない天候だったにも関わらず、雨に遭う事はなかった。
皆が天ぷらサイズのオショロコマを数匹ずつ釣り上げると、引き上げる事にした。
桃岩荘で食べる夕食の一品となる。
桃岩荘へと向かう道中にあるいつものコンビニで、天ぷら粉とサラダ油を購入し、フェリーターミナルへと向かう。
まだ昼食を食べて居なかったからだ。

少し遅い昼食は、フェリーターミナルの2階にあるお寿司屋さん。
そこで皆はTが食べたがっていた「ホッケの蒲焼丼」を注文する事になった。

2013083102.jpg
見た目以上にボリュームのあるホッケの蒲焼丼。
礼文の特産品でもある昆布も、そのアクセントとして使われている。
これだけの内容で650円だったかな?

かなり遅い昼食を食べ終えると、桃岩荘にチェックインする為にそこへと向かう。
既に前日から泊まっているTが予約をしていてくれたから、すんなりと行くものだと思っていたが、このお盆の時期は大変込み合うので、寝床が決まらずに、荷物は指示された場所に置くだけのものとなった。
「おい、どう言う事なんだよ!T!」

兎に角、チェックインを済ませると、他の4人は目の前の海で泳ぐと言う。
私はそんな用意をして居るはずも無く、その様子を見ているだけにしておくと言う。
パンツで泳げばええやん…とは言われたが、絶対脱げる。
そんな様子を嫁入り前の女性に見せて良い物か?
いや、絶対あかんやろ…とは思わなかったが、自重しておこう。

2013083103.jpg
波打ち際にいたカニ。

2013083104.jpg
振り返ると今にも崩れそうな大岩。
崩れない様に防護ネットが敷設されている。
確か数年前にこいつが崩れて、桃岩荘は営業出来ない年があったらしい。

寒そうに泳いでいる連中は小1時間もしないうちに上がってきた。
すぐさまに風呂へと向かい、夕食の準備を始める。

2013083105.jpg
頭と内臓を取り除いて天ぷらに。

遅めの昼食のお陰か、お腹はそんに減っていなかったが、釣り上げた命は明日への活力へとして、供養も兼ねて皆で美味しくすべて戴く。

そして桃岩荘名物のミーティング。
このお盆の時期は特別なプログラムとなっていて、今日も例外ではない。
唄いまくりだとかなんとか。
唄にあわせた振り付けも、ミーティングに参加した全ての人で踊るのだが、私は全く分からない。
踊りは分からないけれど、唄は知っている物がいくつかある。
なんとなく雰囲気に合わせて唄い踊る。
初心者はそんなんで良い。

実は今日はJちゃんや礼文で働く漁師仲間の人が桃岩荘に泊まると言うことで、皆で泊まる予定だったのだが、明日はお祭りでお酒の飲める日。
そっちの日にするわ、と言う連絡が入った。

と、言う事は?
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>星好きおじさん
コメントありがとうございます。
魚には詳しくなくて知らなかったのですが、当初は北海道で岩魚の事をそう呼ぶもんだと思っていました。
実際には違うみたいですね。
釣りに連れて行ってくれた仲間がそう呼んでいたんで、そのまま表現して居ます。
分布図を見ると、礼文にはいない魚かもしれませんね。
写真はもう少し大きいのですが、特徴となる赤い斑点も見えませんので、違うのかも?

御指摘ありがとうございました。
勉強になりました。
【2013/09/01 16:17】 URL | ドギー #- [ 編集]

イワナ?
楽しそうでいいですね。10年ほど前に訪れたことを思い出しました。画像が小さいので、確実ではありませんが、魚はイワナのようです。オショロコマは広範囲に生息するサケ科ですが、北海道では案外分布が限られているようです。
【2013/08/31 21:59】 URL | 星好きおじさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2456-5b4b2220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking