FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・最果ての島
「最果て」とイメージすると、それは日本人なら誰もが北をイメージすると言う。
南に行くと陽気な気がし、北に行くと陰気な気がすると言う。
最果てとは陰気なんだろうか?
確かに忘れ去られたような感じのする言葉。
良いにつけ悪いにつけ、旅人は最果てを目指さなければならない。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

桃岩荘には一泊だけする予定だった。
それが今晩はお酒を飲んでも咎められない、数少ない日とあって、Jちゃん達漁師仲間は今晩泊まると言う。
「入れ違いやね」
と、のど元までその言葉が出かかったが、Sさん(Sと区別をつける為にさん付け)も稚内港に居るという情報が入ったものだから、Tを始め、BもSも盛り上がってしまい、連泊しようと言う事になった。

この日をリミットに稚内港へと渡らないと、北海道を南下して、東北を周ると言う計画自体を見直さなくてはならない。
しかし、押し掛け要員を必要として居る私は、一人でそちらに戻る事はいささか冒険が過ぎる。
もう東北は諦めよう。
結論は簡単に出て、私も連泊する事にした。

連泊の手続きを済ませ、取り敢えずお見送りに向かおうかと言う事になった。
礼文から稚内へと向かうフェリーを見送り、しばらくして稚内から礼文へと辿り着く便があった。
「もしかしたら、この船にSさんが乗っているかもな」
皆の期待はそこに集中した。
フェリーが岸壁に付けられ、車両甲板のゲートが下ろされるのを見守る。
もし乗っていれば、そこから現れて来る筈だから。

すぐに分かった。
あの過載積なV-MAXは、間違いなくSさん!
Sさんが船から下りて我々の姿を確認すると、そちらへと歩み寄っていく。
そして、半ば強引にSさんの予定を決めてしまった。

取り敢えず荷物はNの家に預かってもらう事にして、そちらへと向かう事にする。
ただ、Pが「北のカナリアパーク」を見学したいと言ったので、Bの後ろに乗ってそっちへと向かって行った。
Nの家に辿り着くと、事情を説明して、我々と同じ様に庭の一部の雨のしのげる場所に荷物を置く。
そして、B達が戻ってくるまでNの家でゆっくりさせてもらう事にする。

小1時間ばかりしてB達が戻ってくると、少し昼食には早いけれど、礼文島内一と言われる「双葉食堂」まで行こうと言う事になった。
双葉食堂は船泊と言う、礼文の北側に位置する町にあるので、Nの家からはそれなりの距離がある。
Jちゃんも久しぶりにバイクを動かしたいと言う。
Nも行きたいと言うので、私はその車に同乗する事にする。
ジャイロではまた待たせる事になってしまうから。

TはJちゃんのハーレーの後ろに乗りたいとリクエストしたが、タンデムステップこそ付いてはいるが、タンデムシートと呼べるものはなく、フェンダーにほぼ直に座らなければならないと言うことで、諦めてしまった。
そんな訳で、Nの車には私とT、それにNの小さな娘が乗り、BはPを乗せ、SとSさん、それにJちゃんは自分のバイクで向かう事になった。

開店直後に辿り着いたと言うのに、双葉食堂の店内は私達が座るとほぼ満員になってしまった。
そこには観光客と言った姿はなく、地元の人に愛された店である事がうかがえる。

2013090101.jpg
味噌ラーメンを注文。
噂どおり?汗をかきながら頂く。

双葉食堂を後にする時、Nがバイクに乗ってみたいと言うので、Pに代わってBの後ろへと乗り、車は私が運転する事になった。
すっかり帰り道気分だったので、話を良く聞いていなかった。
何台かのバイクの連中より先に出発したはずなのに、誰も追いついてこない。
前にも誰も走っていない。
「あれから皆何処かへ行くって言う話になってたっけ?」
「スコトン岬に行くって話してた」
そんな話は初耳だったので、引き返してスコトン岬へと向かう事にする。
車に同乗していたTもPも、私が何処に向かっているのか、まるで分かっていなかった。

トド島展望台へ続く道から、バイクの連中が降りてきたのが見えた。
そっちに寄り道してくれていたので、追いつく事が出来た。
スコトン岬に辿り着くと、何人かはコンブソフトを買い求めた。

しばらくそこでのんびりしていると、Jちゃんの知り合いの漁師さんが散歩に来ていた。
何やら話し込んでいるなと思っていると、Jちゃんはこちらに向き直って…

「これからトド島に渡ってみない?連れてってくれるって」

女性陣は間髪いれず「行ってみたい」。
男性陣は無反応のまま。
海況を見ると、諸手を挙げて賛成出来ないでいる。
風も強く吹いているし、波も立っている。
誰彼ともなく「大丈夫なんですか?」と漁師さんに尋ねると「大丈夫」と言う返事が返ってきた。

素人があれこれ詮索するよりも、プロがそう言うんだから大丈夫なんだろう。
何よりトド島に渡れるなんて、後先考えても今回ぐらいだろう。
それほど貴重な体験が出来るとなると、GoProのアクセサリーを忘れてきた事が、これほど痛恨な事になるとは想像できなかった。

船に乗り込む前にBが水を購入している。
「そんなもの必要なの?」と尋ねると「ゲロッた時に、どうやって口をゆすぐんだ?」
ごもっとも。
Tは酔い止めを飲んでいる。
波をかぶる事になるだろうと、合羽を持って来た者は合羽を着始める。

2013090102.jpg
スコトン岬から数分の所にある魚港から出発。

小さな漁船は、想像以上の速さで波を乗り越えて行く。
しかし、心配された船酔いにはならないで済みそうだ。
ゆっくりとした揺れではなく、細かく突き上げられるような感じだからだ。
それよりも、そのスピードのお陰で潮風が心地よい。
トド島の北側に回り込むと、波も穏やかになった。

2013090103.jpg
柱状節理の様な岩肌の岩が目立つ。

2013090104.jpg
北側から見るトド島は、スコトン岬から見るトド島とは違って見えた。

2013090105.jpg
こんな所でウミネコ?は営巣しているんだな。

2013090106.jpg
スコトン岬からは確認できなかったアザラシもこちら側では確認できる。

2013090107.jpg
無事にトド島に上陸。

2013090108.jpg
昔は無人島ではなかった面影。
かつての番屋も今は朽ち果ててしまっている。

2013090109.jpg
ハマ何とか(またか!)と言う植物が、浜辺に沢山咲いていた。

トド島に上陸すると、トド島灯台へと向かう事になった。
そこへと向かう道は、当然のように整備されている訳ではないので、獣道の様な、先人が歩いた跡を辿っていく。

2013090110.jpg
先人の歩いた道すがら振り返ってみる。

登り道を登りきると、はっきりと先人の歩いた跡が現れ、かなり歩きやすくなる。

2013090111.jpg
想像以上に大きな島。

2013090112.jpg
灯台は想像以上に小さかった。

船の辿り着いた浜から灯台までの往復は1時間少々と言った所か。
トド島を後にして、無事に港へと辿り着くと、連れて行ってくれた漁師さんにお礼を言う。
こんな貴重な体験は二度と味わえないだろうから。

Nの家まで戻り、Jちゃんにはまた後でと告げると、Sさんを含めて6人で桃岩荘に向かう事にする
途中、いつものコンビニで買出しを済ませ、桃岩荘に辿り着くと祭りの準備が整っていた。
そう、今日は出店も出る祭りの日。
今日だけはお酒を公認で飲める日。

風呂と食事を済ませると、祭りの会場へと歩いて行く。
Jちゃんとその漁師仲間も既にチェックインを済ませ、会場にやって来ている。
その中にはトド島へと連れて行ってくれた漁師さんの姿も。
改めて今日のお礼を言うと、祭りが始まるのを待った。

初めて桃岩荘に泊まる、Sさんやその漁師さんが、じゃんけん大会で商品を獲得すると言う、稀な出来事もあった。
なんだか今日は色々な事があり過ぎたな。

Jちゃんの連れてきた漁師仲間の4人の内、2人は桃岩荘の雰囲気を気にいった様だった。
色々と言われる事のある桃岩荘だが、参加して初めて評価できる。
とは、TやBの言い分だが、私もそう思う。
それをどう感じるのかは別として。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2457-05811b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking