FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・西興部へ
北海道にはアイヌ語が語源になり、それに当て字をした地名が多い。
今回のツーリングの記事にもした倶知安(くっちゃん)も、知らなければまず読めない。
地図を見て、ここに行きたいと、道を尋ねる時なんかは躊躇する事だろう。
西興部(にしおこっぺ)も知らなければ、まず読めない地名の一つだと思う。

Nishiokoppe
tte doko?

ちょっと嵌ってしまった言葉だ。
最後のクエスチョンマークは要らないかもな。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

桃岩荘の朝は早い。
宿泊者の中には「8時間コース」を歩く為、早朝に出発しなければならない人が居るからだ。
それに加えて、礼文から稚内へと向かう最初の便も、早めに準備しておかないと間に合わないような時間。
何より重要なのは、桃岩時間と呼ばれる、日本時間より30分進んだ時間を使われることだ。
今は形骸化して「桃岩時間で」と注釈が付く。
だからそれより30分余裕があると考えておけば良い。

8時間コースを歩く人達に遅れず、身支度を整える。
身支度を終え、バイクの置いてある所へと向かったのは、私とS、それにSさんだけだった。
「Bは?」
「夕べは利尻に渡りたいとか言っていたし、分からない」
そうか、ここであいつともお別れする事になるんか…
お別れの挨拶をする、と言うより何処で寝ているのか知らなかった。

Nの家に辿り着くと、預けてあった荷物をバイクに積み込んで行く。
「起きられたら送って行くよ」
と言うNだったが、起きている様子がなかったので、前日から相談していた様に、ジャイロを港に置いて、その後取りに来て貰う様にした。
最後まで御面倒をお掛けします。

荷物を積み終わったと同時にBが現れた。
「寝坊した」
そう言うと、バイクに荷物を積み込み始めた。
「利尻には渡らんの?」
何だか面倒臭くなった様だ。

準備が終わると港まで移動する。
Sさんも見送ってくれるのか、一緒に着いて来てくれた。

チケットを購入し、乗船開始までテレビでも眺めていた。
乗船開始の時刻になると、BとSは車両乗り込み位置まで移動し、徒歩の私は荷物を背負って、長く伸びた乗船客の列の最後尾に並んだ。
桃岩荘からのお見送り隊も到着していて、定位置に陣取っている。
Jちゃん達もお見送りに間に合い、私が列に並んでいるのを発見すると、挨拶に来てくれた。

ドンドンと乗客はフェリーへと入って行く。
そう言えばTの姿を見ていないな?どうするんだろ?
桃岩荘の女性ヘルパーが話しかけてくる。
「今度は普通の日に来て下さい。そうすればもっとお話が出来るのに」
「はは、でもこんなお盆の時期じゃないと簡単には来れないな」
この子はTの知り合いで例のログハウスで当番だった子。
初めて会うのに初めて会う感じじゃなかったのは、Bの所で散々写真を見せてもらっていたからだった。
この旅の最中でも、BとTが良く話題にしていたし。

Pが会話に交じってくる。
「9月の連休に来るから、泊まりにおいでよ」
「いや、その頃は仕事が忙しくなっているだろうし、無理やわ」
Pも昔ヘルパーをやっていたそうで、その話を聞いた時は驚いた。
でも、これで話は繋がる。
私が初めて桃岩荘に泊まった時、Tがヘルパーをやっていた。
所謂ヘルパー仲間と言う奴だ。

「そう言えばTを見かけていないんだけど、この船に乗るのかな?」
2人とも分からないと言う。
まあ、昼間の船に乗っても、夜まで走れば自宅に辿り着くと言ってたし、ギリギリまで礼文に居たいんだろうな。

タラップに足を掛けようかと言う時に、Jちゃんがカラフルな紙テープを持って現れた。
「これを皆に渡して、上から放り投げて」
よく船が出港して行く時に見る、乗船客と見送る人を繋ぐあのテープだ。

船内に入り、BとSを探し当てると、その隣にTも居た。
「何時の間に?」
いや、それよりもこの渡されたテープを…

桃岩荘のお見送りが一際目立つその隣で、ゆっくりとテープが伸びて行き、そして岸壁の手元から離れた。
名残惜しむその前に、船員さんと一緒にテープを回収すると言う、何とも滑稽な風景が寂しさを紛らわせてくれた。

フェリーの中では皆ゆっくりとくつろぐのみ。
稚内港に到着すると、私とTは慌ててパッキングを開始する。
BもSもフェリーに乗る前には済ませてあった事だ。

パッキングが終わり、いよいよ心配の種となっていたTL1000Rの始動。
ほとんど諦めていたが、弱々しくもありながらエンジンに火が入った。
取り敢えず、仲間の手を煩わせなかった事に安堵する。

まだ時間も早かったので、皆で喫茶店へと立ち寄る。
そこでこれからの動向を決めようと言うわけだ。

Sは西興部へ向かうと最初から決めていた。
Bはこれから知床へ方面へと向かう言う。
Tは北見の自宅へと帰る。
私は東北方面を周る事を諦めていたから、出来るだけこの仲間と一緒に居たい。

一応、皆が向かう方向としては同じ。
そんな訳で西興部へと行く事を決めた。
Bも知床の前に、西興部に立ち寄っても良いと言う。
実は西興部には、Sは勿論だが、Bや私の共通の知り合いが居る。
向かう先は決まった。

降水確率が50%と、相変わらずBの雨男っぷりが弄られている。
しかし薄い雲は掛かっていたが、雨は大丈夫そうだ。
礼文島では先導の役目は免除されていたが、本土に戻ってくるとその役目がまた回ってくる。
先ずは宗谷丘陵を目指して走る。

宗谷岬に近付く度に、青空が占める割合が増えてきた。

2013090201.jpg
宗谷丘陵にて。
こんな青空に恵まれたのは、北海道に上がってきて初めてかも?

このまま道道を経由して、オホーツク海側に抜けようと思っていたが、Bがこんな天気だから宗谷岬に行ってみたいと言う。
メンバー全員が行き飽きていたとは言え、Bが久しぶりだからと言うので向かってみた。
宗谷岬では皆で記念撮影を…と、まるで初めてここに訪れる観光客の様な振る舞いをした。

オホーツク海側を南下して行き、Bが猿払の道の駅を過ぎてから海沿いの道が…
はいはい、分かっていますよ。

しかし例年だと、オホーツク海側に出ると冷たい空気にさらされ、防寒着を着込もうかと思うくらいなのだが、今年はそんな素振りすら見せず、とても暖かい…というか暑い。

Bのリクエスト通り、富士見橋を越えると左へと曲がる。
小さな住宅街を抜け、農道の雰囲気が色濃く残る道へと入る。
しばらくは道沿いに咲く背の高い雑草?に視界を遮られる感じだったが、クランク状になったヶ所を2つほど過ぎると、視界を遮る物がなくなった。

2013090202.jpg
エサヌカ線。
道産子のTはバイクの上でぐったりとして、単調な道はつまらないとこぼす。
なんて贅沢な奴だ…と言うか北海道では見慣れ過ぎていると言う訳か?

エサヌカ線だけではない、R238も単調な道だ。
道の駅マリーンアイランド岡島に辿り着くと、Tは眠たいと言ってごろんと横になった。
ここから北見までの距離は半分以上残されている。
しかし時間はそれ以上に過ぎていた。

「時間的、体調的な事も考えて、俺等と同じ西興部にしたら?」

そうするのが最善の方法だろう?
急ぐ事もないだろうし。

ここでSが西興部の知り合いWさんに連絡を取ってくれた。
しかしWさんは、札幌に居るという。
今日戻る予定だけれど遅くなるから。
でも明日の朝には顔を出せる。
少し残念な感じもたけれど、明日の朝には会えるんだから。

そう言う訳で、全員が西興部へと向かう事になった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2458-01c038e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking