FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2013夏のロングツーリング・西興部森林公園
居心地の良いキャンプ場には長期連泊者が居る事がある。
時としてそう言う人を「ヌシ」と呼んで敬遠する人も居るが、これはイメージだけの事がほとんどだ。
多くの場合、長期連泊者は他人に無関心で、仕切ろうともしない。
こちらから歩み寄れば、付近の情報が沢山仕入れられる。
本当に「ヌシ」的な行動をする人も居る事は確かだけれど、悪気はなく、そのキャンプ場を維持して行こうと言う気持ちの表れだ…と思えば嫌な気分をせずに済む。
北海道にあった無料のキャンプ場が次々に閉鎖、もしくは有料化の動きが進んでいる。
今後の旅人達の事を考えての事だ。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

雄武を越え、道道883号から西興部を目指す。
R239に入り、のんびりとしていた車の集団を追い越す。
誰もついてこない。
仕方が無いのでスピードを落とし、その車の集団を引っ張るかのような形になった。

西興部に入ると、キャンプ場の正確な位置を知っているSに先頭を譲る。
何故か、BとTはそれを追い越して行った。
Sは真っ直ぐにキャンプ場へ向かい、私はその後ろを追いかける。
BとTは何処を回ってきたのか、目の前に現れたり、消えたりした。
「あんたら、何やってんの…」

無事にキャンプ場に辿り着くと、砂利の駐輪場に慎重にバイクを止める。
ステージの裏側に受付と書かれたBOXがあり、そこにSが歩み寄り、受付をしている。
「何だか聞いた話と違うな。管理人が居るんじゃなかったのか?」

2013090203.jpg
西興部森林公園キャンプ場。
ステージ裏の扉の足元にあるのが受付BOX。
サイトが広く見えるが、公園も兼ねてあるので、テントを張る場所は限られている。

管理人が居るならそこに受付BOXがあるのが当たり前だと思っていたが、夜間の受付もしなければならないとなると、この方法が良いのかも知れないけれど。
所で、このキャンプ場の管理人をしているのがWさんだ。
Wさんが管理人をする前のキャンプ場は、ライダーのお客さんがほとんど居なかったが、Wさんが任される様になってからは、かなり増えたのだとか。
かなり中途半端な場所にあることは否めない。
しかし、Wさんの人柄で集まってきている事は確か。

テントを設営し、温泉へと向かう。
その帰りに買出しを済ませ、キャンプ場に戻る。
これらは全て歩いていける範囲にある。

温泉施設も立派な物で、この日はたまたま6の付く日だったので半額の200円で入れた。
400円でも十分な内容の施設だ。
「森夢」と書いて「リム」と呼ぶその施設は宿泊施設にもなっており、コインランドリーやレストランもある。
買出しにも困らない。
少々早く「Aコープ」は閉まってしまうが、セイコーマートもある。
この日は温泉に立ち寄った事もあり、Aコープは閉まってしまったので、セイコーマートへと向かった。

このキャンプ場の唯一の欠点は、トイレと水場がテントサイトから離れていると言う事。
また、その反対側に3棟ほどの東屋と言うかバーベキューハウスがある。
これらの利用は無料で良いのだが、レイアウト的にとても不可解な感じがする。

この日はSの知り合いのKさんと連泊者のIちゃん、名前を失念したが薀蓄を随所にぶっこんで来る古いBMWの人、そして初北海道と言う隼乗りの人とで、バーベキューハウスの一画を借りて飲み明かす。
初めての北海道で、何故こんな中途半端な場所に来たのか質問した気がするのだが、その答えは忘れてしまった。

翌日の天気はまた微妙な物となった。
隼乗りの人は小雨の中撤収していたが、撤収が終わる頃には雨は上がっていた。
予定のある人の行動力は違う。

出発するというので挨拶を済ませ、それを見送る。
入れ違うようにWさんがやって来た。
「御無沙汰していました」と挨拶を済ませ、しばらくの立ち話の後「朝連に行きますか?」とWさんはバットを振る仕草をする。

ここ、西興部森林公園にバッティングセンターがある。
朝一には試運転をしなければならないのか、試運転ついでに打席に立たせてくれる。
「雨が降っていると変化球は要注意」
誰もが変化球を遠慮しているようなので、私が立たせてもらう事にした。
バッティングマシーンの前に立つなんて、どれくらい振りだろう?

そしてゴーカートの試運転もするという。
その試運転にはTが立候補して、戻って来たときには「子どもの乗り物じゃない」と連呼していた。
すぐさま雨が降り出して、片付ける事になってしまった。

Wさんは「今晩ならお肉が用意できるんだけれど」とバーベキューに誘ってくれる。
天気も良くないし、ここに連泊して御馳走になりますかと、意見が一致した。

暇を持て余すのもなんだし、「森夢」の隣にある「木夢(コム)」へと向かってみる事になった。
ここは全天候型の木製の遊園地的な遊び場所。
結構有名な様で、周辺の地域…と言うか道北、道東からの広範囲にわたって遊びに来るらしい。
大人はあくまでも付き添い的な場所だが、どんな施設か見学に行ってみる。

中に入るのは有料だったが、お土産物コーナーまでは無料だった。
そして、木工コーナーも。
小さな木片も無料で、誰も木工コーナーを利用いていなかったので、何か加工してみようと言う事になった。

2013090204.jpg
テンプレートも用意されていたが、オリジナルのデザインで行く事にした。
手前のスナメリ的?な作品が私の。
テンプレートにあったのは馬だけ。

昼も近くなり、森夢内のレストランにあった蝦夷鹿丼を食べに行こうとなった。
レストラン入口のサンプルを見て、ビーフシチューの方が美味しそうに見えた私とBはそっちにした。

昼食の後、郷土博物館を見つけると、如何にも暇そうに見えた受付のお姉さんに挨拶をして、見学をさせてもらった。
ここも無料で見学が出来た。

買出しを済ませ、キャンプ場に戻ると、洗濯のついでに温泉に無向かう事にした。
皆の洗濯物を預かると、一人、森夢に向かった。
コインランドリーに洗濯物を放り込み、完了時間を確認するとそれまで温泉につかっている事にする。
温泉から上がり、洗濯が完了しているのを確認すると、それを乾燥機へと放り込む。
かなりの量があるけれど、200円分(1時間)で大丈夫だろうと、乾燥機を回す。

1時間経った所で乾燥機を見に行くと、大物は微妙に湿気ている。
あと100円分だけ回し、それでも駄目ならそのまま帰ろうと延長する。
乾いているような小物を取り出して、乾いてくれる事を祈る。

すっかりと遅くなった。
なんとか乾くには乾いたけれど、まだ湿っているような感じがしないでもない。
でも、これ以上時間を使う事は出来ないので、キャンプ場へと戻る事にした。
辺りはすっかりと暗くなっている。
テントサイトに戻ると、当然の様に人影はなかった。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2459-89017360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking