FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



出雲大社ツーリング・その4
朝早い時間帯に参拝する事には、人出の少ない事もメリットだが、残りの時間を有効に使えるの大きなメリット。
ここからは暗くなるまでツーリングを楽しもうではないか。

-----○-----○-----○-----○-----○-----

出雲大社を後にすると、その目の前を横切って少し西に走る。
私の古いマップルでは県道なのだが、最新の情報では県道扱いになっていない猪目峠へと向かう道へ入る。
確かに地図通り進んだのだが、初見の感じでは間違っているとしか思えない道を通る。
どんな道かと言うと、出雲大社の境内に入って行く様な道。

間違っていない事を祈りながら先へと進むと、勾配がきつくなってきて、路面には落ち葉や落石が目立つようになる。
所々にある水溜りには、タイヤの跡が残っていて、こんな道でも往来があることに驚く。
しかも頻繁に。

細い路地を登りきると、今度はきつい下り勾配。
路面の状況は相変わらずで、少しも気を抜けない。
やがて道は海沿いに出て、小さな集落を越える様になる。
酷い道を走ってきた所為なのか、こんな風景が素晴らしく感じる。
何処か最果て感のある、なんとも言えない風景。

道は相変わらず細いままだったが、その雰囲気は一変し、海と断崖に囲まれるようになり、そして遠く突き出た半島の上には風車郡。
辺鄙な場所を否定する事は出来ない所だったが、それがまた旅情を感じさせる。

2013101601.jpg
十六島湾と半島の風車群。

次に宍道湖北部広域農道に入り松江を目指す。
ツーリングマップルでは特にオススメになっていない道だが、信号が少なく快適に走れる。
ただ、オススメになっていない理由は走っていてひしひしと感じる。
展望があまり開けない事もあるのだが、道が兎に角継ぎ接ぎだらけ。

松江に近付くにつれ、路面には雨の降った跡が色濃く残る。
それは今まさに止んだばかりと言わんものだった。
今回のツーリングの目的のひとつにしていた大根島と大山。
その方面を眺めるとぶ厚い雲が佇んでいる。

「あの雲が晴れるまで小休止」

コンビニに立ち寄ってそうBK24さんに伝えると、その雲が晴れるまでゆっくりとする事にした。
時間にはまだまだ余裕があるけれど、のんびりし過ぎるのも後の予定に支障が出る。

雲が晴れたかと言うと、いささか疑問だが、さっきの状況よりマシになったので出発する事にした。
松江市内からR431に入り、県道260号に向かえば良いだけの感じだが、そうは問屋が卸してくれない。
マップルで見るより道はややこしかった。
それでも海沿いを走る道を見つけると、間違っていない事を確信する。

2013101602.jpg
大根島へと渡る堰提の袂で。

マップルで見ると大根島まで橋で渡れるのかと思っていたが、実際は堰提の上を走る。
橋ほど気持ちが盛り上がらないけれど、海が近くて遮る物がないので、これはこれでアリの様な気がする。

大根島では溶岩トンネルと呼ばれる名所があるみたいだが、地元の人に道を尋ねても、辿り着けないと言う失態をしてしまう。
BK24さんに聞いても、間違った行動ではなかったので、案内の看板が不親切だという事にした。

大根島から江島に渡り、何処に向かおうか考えた。
江島から境港に繋がる橋は、一見の価値ありだが、そこは通らずに美保関町に向かう事にする。

2013101606.jpg
一見の価値のある江島大橋を目の前にして。

大根島に渡るような堰提の上を走って美保関町に入り、そこから境水道大橋を渡る事にする。
本当は美保関まで行ってみたかったが、時間的な事もあり、今回はパスする事にした。

境水道大橋は工事中で片側通行となっており、その工事の痕跡が所々見られたのは残念だったが、かなり高い所を通るその橋は境港の街を一望でき、遠く大山まで望める感じだった。
残念ながら大山は雲の中に隠れたまんまだったが。

弓ヶ浜の松林を眺めながら大山に向かう。
朝食はかなり早い時間に食べていたので、お腹が減ってきていた。
しかし、これといって食べる所を探せず、結局は米子自動車道の麓まで走り、そこにあったコンビニで茶を濁す。

そこで小休止しながら先の道のりを考える。
大山に向かう事は決定事項だったが、その先は未だ不透明。
いや、不透明と言うか、方向ははっきりしていたのだが、どうやってその道に入るかが問題の焦点だった。

「大山の山頂には雲が掛かっているし、麓を回る道を走りますね?」
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2481-b88905c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking